シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JWマリオットジャカルタ 宿泊記


去年、SPGに次ぐ第二のホテル修行先を絞り込んでいた頃、候補の一つだったマリオットを試す為にジャカルタと香港のJWマリオットに泊まってた。結果、どうもハードは没個性でソフトはアメリカンアメリカンし過ぎててマリオットは自分には肌が合わないと感じたので、結局IHGに流れることになったんだった。今さらながら去年の画像フォルダを見直してて思い出した。

先ずはジャカルタのJWマリオット。ここは大使館なども並ぶ官庁街メガ・クニンガンにあり比較的安全だと思われていたところ、2009年にお隣のリッツカールトンメガクニンガンと共に大々的にテロられた。それにより客離れが進んで未だに盛り返せてないのか、この日の宿泊レートはIDR160,000(≒13,000円)++~と、幾らジャカルタとはいえマリオットの高級ブランド・JWマリオットにしてはお得感のある宿泊レートになっていた。

そんな歴史があるもんでセキュリティは厳しく、車で乗り込もうもんならわざわざドアを開けてセキュリティチェックが行われる。


更に、車を降りた後にも荷物チェックにボディチェックが待っている。なんかもうテロ以来ジャカルタの高級ホテルではホテルの敷地に入る時と建物に入る時の二重セキュリティーチェックがデフォになりつつあるが、安全の為なら仕方あるまい。

こちらもセキュリティ上の問題だろう、ロビーでの写真撮影に対しても厳しく写真を撮るのが許可制となっている。これも面倒臭いし対テロ対策でどれ程の効果があるのかさっぱり判らんが、安全の為の規則なんで従うしかない。

そんなロビーは天井が低く、どうも陰気臭く圧迫感がある。流石に小銃を携帯した警備員が巡回しているようなことはないが、どこか重々しい雰囲気に支配されているというか…。雨で薄暗いからかな?

チェックインはビジネスライクにサクサクと。予約をしていた通り最安値のデラックスルームに通される。IDR200,000(≒1,600円)アップでラウンジアクセス付きのエグゼクティブルームを予約できたが、ラウンジの営業時間中はずっと外にいる予定だったので最安値で取らせて頂いた。
ひだり みぎ
部屋はよく言えば癖の無いオーソドックスなクラシックタイプ、悪く言えば古臭い退屈なデザインというか…。フォーポインツの上位互換みたいな雰囲気だな。

ひだり みぎ
壁紙とカーペットの色に合わせたシンプルなウッドデスク。常にメッカの方向を意識しながら仕事できますよw

ひだり みぎ
低層階で大通りに面しているからか、夜遅くや朝早くでも外の音が気になったのは残念。メリディアンでも外の雑音に悩まされたけど、ジャカルタの建物は防音対策が弱いのだろうか。


水回りも部屋と同じベージュベースの柔らかなトーン。


流石に五つ星なので湯船があるが、湯を張ったら水が茶色くて幻滅。そっと栓を抜いて見なかったことにする。

ひだり みぎ


チェックイン後に外出し、深夜ホテルに戻ってからBlu Martini Bar & Loungeを攻める。

ひだり みぎ
バーの中は出会い系的なディスコにも見えなくないケバケバシイ系で、ロビーや客室の地味な造りとのギャップに萌えるw。

メニューは店名が「Blu Martini bar & lounge」というだけあって、使用するリキュールや果物を変えて派生した12種ものマルティーニが揃う。値段は一律109Kルピアだったかな。

ひだり みぎ
ビールをグビグビ行きたいところだったけど、こんな名前の店でマルティーニ全力推しされたらマルティーニ以外頼めないじゃないですかw。お勧めマルティーニを二種類頂いたが、どうも甘ったるくて直ぐに飽きてしまった。

そんな2015年のマリオット一発目。ロビーやレセプションのスタッフは香港のマリオットよりはフレンドリーで良かったけど、どうもパンチに欠けるというか、高級ホテルの多いジャカルタで敢えてここを選択する理由は見いだせなかったな。まぁ今回はホテル滞在時間も短かったんで参考にならんと思いますが…。

JWマリオット ジャカルタ(JW Marriott Jakarta)


Booking.com


住所:Jalan DR Ide Anak Agung Gde Agung Kav E.1.2 No 1&2, Kawasan Mega Kuningan
電話:+62-21-57988888



Booking.com

Related posts (関連記事):

ホイアンヒストリックホテル宿泊記(Hoian Historic Hotel)
ダナン空港に到着し、駆け足でメータータクシー乗り場へ一直線で向かう。ターミナルを出て、道路を1本渡ると3~4のタクシーや客引きが待機しているのが見える。あーだこーだ言って進行方向に立って邪魔をしてくる...
シェラトンサイゴンのレベル23で食欲全開
カラベルホテルのハイティーと牛角ランチは不完全燃焼に終わるからの流れで、夜はシェラトンサイゴンのシグネチャーレストラン「レベル23」に向かう。 ドンコイ通りに面するシェラトン・サイゴンホテ...
Eldora Hotel Hue (エルドラホテル フエ)宿泊記
世界遺産グエン朝王宮を有すベトナムきっての観光名所フエ。さぞかしホテルオプションは豊富なのだろうと思ったが…残念ながらフエには所謂グローバルチェーン系のホテルが進出しておらず、泣く泣くベトナム内資系で...
JALシティ羽田東京ウエストウィング 宿泊記
この日は翌日早朝羽田発のフライトに備えての前泊で、2016年9月にホテルJALシティ羽田東京の近所にオープンしたJAL CityのWest Wingに泊まってみることに。なんかagodaのマイル付きポ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. グリーン より:

    いつもありがとうございます。
    ジャカルタにはSPGがしょぼいから(笑) ダブルツリーでも泊まろうかと思っていますが
    空港~やブロックM~への移動はどうでしようか?

    • ポンズ より:

      グリーン様
      お返事遅れ申し訳ございません!
      ジャカルタはウェスティンが8月1日オープンとなっておりますが、果たしてどうなることやら…。他にもアロフト×3・フォーポインツ・セントレジスなんかも開業予定らしいので楽しみにはしているのですが、どうせ先延ばし先延ばしで実際にオープンするのは遠い未来のことになりそうです。
      ジャカルタは外国人が気軽に頼れる交通機関が無いので、空港-ブロックM間はやはりタクシーになってしまいます。メータータクシーの運転手は100%英語が通じないので、インドネシア初心者の場合は空港で先払いのチャータータクシーが良いかもです。最初はふっかけてくるかもですが、200,000ルピア(1,600円)程度には下がるかと思います。