シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウンプラザ センチュリーパーク上海 宿泊記


インタコ4箇所、ホリデイイン11箇所、ホリデイインエクスプレス11箇所、クラウンプラザ7箇所、インディゴ1箇所が集まり地味にIHG天国の上海。宿泊先の選択肢が多くて悩んだが、5000ポイントのポイント付き宿泊プランがあったクラウンプラザ センチュリーパーク上海(世紀皇冠假日酒店)に泊まってみることに。


土曜日の昼下がり、腕白な家族連れのアスレチックパークと化した地下鉄にてホテル最寄り駅の楊高中路駅へ。


楊高中路駅3番出口を出て民生路を南に400メートルほど進むと如何にもクラウンプラザっぽい建物が見えてくる。この如何にもクラウンプラザっぽい建物がクラウンプラザ センチュリー御アーク上海である。直ぐ近くに世紀公園があり、そこまで交通量も多くない閑静な環境にある落ち着けるホテルといった第一印象だ。

ひだり みぎ
なんかの花弁を意識したかのような車寄せも印象的。

ひだり みぎ
ロビーに入ると左右にバーとレストランが、少し奥に行った左手にレセプションがある。場所柄だろう、宿泊者以外の待ち合わせ客のような輩はいないので、館内は至って静か。レセプションを対応してくれた若い男性も育ちの良さが滲み出ているような上品な方で、トラブル無しに部屋へと通される。


癖の無い部屋。ベージュベースの色を基調に落ち着きある雰囲気に纏まっている。


良く言えば癖が無い、悪く言えば個性が無い。宿泊日から何カ月も経ってしまったからというのもあるが、ハッキリ言って全く印象に残らなかった没個性なホテルという評価になってしまう。

ひだり みぎ
不都合な点もなく、高水準なホテルだとは思いますが。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ
水回りも新しくはないけど清潔で管理が行き届いてる。


バスアメニティはいつものクラウンプラザオリジナルとは微妙に異なり、点字のような突起があるパッケージ。


窓の外の景色は平凡で、夜には暗闇に包まれる。近くには展覧会の会場や科学技術館もあったりと、閑静なニュータウンといった雰囲気。街並みも高度に区画整理されていてゴミゴミしたようなとこもないし、市街地ど真ん中のホテルと比べれば確かに落ち着ける。

ひだり みぎ
完全オフの土曜日だったので、久しぶりにジムって汗を流し…

ひだり みぎ
エレベーター内のしょうもない広告に釣られて“顎が外れる系バーガー”をがっついて、消費したカロリーを即摂取。


本当は日本食の気分だったけど、ホテル内の日本食レストラン“四季亭”はホテル外経営でIHGポイントが付かないという理由で敬遠した。最近、自分でもポイントに拘り過ぎてしまってる感は自覚しているのだが、自分の正直な食欲を抑え込んででもポイントが付く方に走ってしまう。どうやら私もポイント病を患ってしまったようだ。

ひだり みぎ
食後はウェルカムドリンクのクーポンを使うことも忘れずに。

ひだり みぎ
翌朝の朝食は残念系で失望した。利用客数の胃袋キャパに対して供給が追い付いていないのだ。上海のソールフードなんかのサービスなんかもあるのだけれど、麺料理もワンタンも不愛想な料理人が「もう無い」とアホなオウムのように繰り返してた。あんた何のために厨房に突っ立ってんだ。

ひだり みぎ
旧正月前という忙しいシーズン的なこともあるんだろうけど、こりゃあ朝食付きパッケージにするんじゃなかったな。トレイに食材が運ばれてこようものなら押し合いへし合いの奪い合いが始まるので、全然付いていけない。ホント、ピラニアかよってくらい凄い勢いで食べ物に集る人達ばかりで、さっきすら感じる。


ただ、こちとら朝食代金を先払いしてるんだから食べずには帰れぬと貧乏性魂が発揮され、貴重な土曜日の朝に30分程粘って人民様の残飯を掻き集める。これに155元(当時約3000円)の価値は無いよな~。ルームサービスにしときゃ良かった。

クラウンプラザ センチュリーパークに関していえば部屋に特別な印象を抱かなかったので、残念ながらこの醜い朝食会場の思いでしか残っていない。やはりインターコンチネンタルとクラウンプラザの間には越えられぬ壁があるということを再認識させられた一泊だったし、この翌週末にインタコ浦東に泊り、この認識が更に強化された。
インタコ>越えられない壁>>>>>>>>クラウンプラザ

クラウンプラザ センチュリーパーク上海


Booking.com


公式ウェブサイト:こちら

クラウンプラザ センチュリーパーク上海
住所 中国 Shanghai, Pudong, 民生路1433号
最寄り駅 9号線の楊高中路(徒歩4分程)
電話 86 21 5190 8888



Booking.com

Related posts (関連記事):

中国のネットカフェデビュー
今日は出張中にどうしてもメールの送受信をしないといけない事態となってしまった為、 隙間時間に車の運転手とネットカフェに行くことになった。思わぬネットカフェ休憩にはしゃぐ運転手。『妻とチャットしよう』と...
SPG修行での使い勝手も良いシェラトン広州
今回の宿泊先は広州の新市街地とも言うべき天河エリアにあり、空港からの移動も地下鉄で一本と何かと便利な立地のシェラトン広州。広州にはWホテル1箇所・ウェスティン2箇所・フォーポインツ1箇所・アロフト1箇...
マリオットの地域限定プロモ3連発(米・英・プエルトリコ)
えー、去年末ですね、とある御大に「あなたはアジアに特化し過ぎぃぃぃ。何とかしないのか!」とご指摘を頂いてしまいまして…。アジア縛りの部署にいるんだから仕方ねーだろと思いつつもその場では「善処します。」...
アコーホテルズ プロモ×4(2017年6月~)
アコーホテルズで開催中のプロモに関しての纏め。セール系オファーはガン無視で、ポイント系オファーに絞って「アジア3倍ポイントプロモ」「ヨーロッパ・中東・アフリカ3倍~4倍ポイントプロモ」「タイ・ベトナム...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. グリーン より:

    管理人さんは、色んなホテルチェーンでお泊りできるのが羨ましいというか。。。
    ワタシは旅行先にSPGがあれば、絶対に他のホテルでは泊まれない頑固ものです。困るほどです(笑)
    一度他のホテル購入ボタンを押そうとするのですけどできまへん。
    SPGの呪縛なのかしら❔❔

    • ポンズ より:

      グリーン様
      コメントありがとうございます。
      いやいや、そこまでに一途なロイヤリティを示されるのは凄い!SPGロイヤリティプログラムと言う名の呪縛に雁字搦めにされちゃってますね^^
      私もSPGが最愛の妻ではあるのですが、渡航先にSPGホテルが無いという寂しい場合のことを考え、他のホテルにも浮気心を持ってしまいました。
      他のチェーンに泊まるからこそ見えてくるSPGの特徴も把握できますし、たまにはSPG以外のホテルに手を出すのも良いものですよ~。