元ヒンドゥー寺院のワット・シー・サワーイ

ワット・マハタートの次は南に350mほど下った先にあるワット・シー・サワーイ。ここは元々スコータイ王朝以前に当地を支配していたクメール族がヒンドゥー教の神殿として建てたそうで、そのクメールの遺産をスコータイ王朝が仏教寺院としてリニューアルオープンしたので、ヒンドゥーと仏教の要素が絡み合った不思議な遺跡らしい。


典型的なスコータイ様式が殆どの史跡公園で、ドングリのような形をしたクメール式の仏塔・プラーンは遠目で見てもタダならぬ異彩を放っている。


ラテライトとレンガの二重囲いの中にクメール様式の塔堂が3つ横並びに建てられた特異な空間。ドングリ型というかタケノコ型というか、どう見ても仏教的な宗教建築物でないことは一目見ただけで判る。


プラーンの前には礼拝堂の列柱とプラーンを囲む回廊が残る。スコータイ王朝成立前に建てられた物だとするとスコータイ王朝が成立した1238年以前に造られたことになる。やはりアンコールワットに代表されるヒンドゥー寺院を立てまくったスーリヤヴァルマン2世により建てられたのだろうか。同じくタイにあるピマーイ遺跡も彼が手掛けた物らしいし。


どっしりとした重量感を感じさせるクメールらしい造りだ。恐らく煉瓦が剥き出しになった部分がスコータイ朝によって造り足された部分だろう。

ひだり みぎ低い基壇の上に建つプラーンは表面に漆喰でヒンドゥー的な装飾が浮き彫で施されていて、ガルーダ、ナーガや様々な神像が非常に躍動的に彫られているのが見える。

ひだり みぎ
3つのドングリ塔堂はそれぞれ小さな内室を持っていて、中央の塔堂だけは聖堂と直結してる。これらヒンドゥーの塔はスコータイ公園内のどの遺跡よりも古いものということになるが、石で造られているから他のどの遺跡よりも保存状態が良い。


典型的なクメール人の工法である迫り出し構造。アーチ部分の石を水平に少しずらしながら内部空間を作っている。

ひだり みぎ
境内には古代の井戸やリンガとヨニも。ドラクエとかだと小さなメダルを求めて井戸の中に入るところなんですがね。



Booking.com

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】















Related posts(関連記事):

丘の上のワット・カオ・パノム・プレーン
続いてワット・チャーン・ロームの背後にある小高い丘の上に建つワット・カオ・パノム・プレーンを目指す。 ラテライトを積み上げて造られた心臓破りの階段が丘の頂上へと続く。結構な高さなので、頂きからはシーサッチャナーライの絶景が楽しめるに違いない。 遺跡公園を一望できるかと思ったが、残念ながら丘の上まで生い茂った木々が障壁となって見晴らしは悪し。 見晴らしに少々失望しながら...
ミャンマーとの国境の町メーサイで一泊することに
ミャンマーへのショートトリップを終え、無事にメーサイに帰還。メーサイでは特に行きたい場所もやりたいことも残っていないので、国境付近を散歩してから宿泊先のワントンホテルに戻って昼寝することに。気の赴くままに寝たり食べたりして堕落した生活習慣を楽しむのも今回の年末年始旅行の楽しみだ。 タイ側から見るサーイ川。何の変哲もない泥川に架かる何の変哲もない橋がタイとミャンマーを隔てる国境になっていて...
コンケンの町
特に目的もなく寄り道することにしたタイ東北部の町コンケンは、政府の肝いりでイーサンの都市開発モデルとして人工的に建設された政策都市。故に街並みは整然と整備されていて、町を歩いている限りとても地方の田舎都市という雰囲気は感じない。 そんなコンケン、立ち寄ってはみたが観光の目玉は正直これと言って全くないw。遠出すれば約1億3千年前の物と考えられる恐竜化石や足跡化石などが出土したプーウィアン国立公...
クメール遺跡巡りの拠点・シーサケート
20:30にバンコクを出た列車はコラート高原の乾燥した大地を走り抜け、ほぼ定刻通りの06:20にシーサケート駅へと滑り込んだ。約10時間もの長旅でエアコン付き2等下段寝台席での移動だったが、予想以上に快適な乗り心地にぐっすりと寝ることができたので、気づけば到着したと言うのが率直な感想だ。 今日はホテルに荷物を置いた後、ローカルバスにてサ・カムペーン・ノーイ遺跡、サ・カムペーン・ヤ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。