元ヒンドゥー寺院のワット・シー・サワーイ

ワット・マハタートの次は南に350mほど下った先にあるワット・シー・サワーイ。ここは元々スコータイ王朝以前に当地を支配していたクメール族がヒンドゥー教の神殿として建てたそうで、そのクメールの遺産をスコータイ王朝が仏教寺院としてリニューアルオープンしたので、ヒンドゥーと仏教の要素が絡み合った不思議な遺跡らしい。


典型的なスコータイ様式が殆どの史跡公園で、ドングリのような形をしたクメール式の仏塔・プラーンは遠目で見てもタダならぬ異彩を放っている。


ラテライトとレンガの二重囲いの中にクメール様式の塔堂が3つ横並びに建てられた特異な空間。ドングリ型というかタケノコ型というか、どう見ても仏教的な宗教建築物でないことは一目見ただけで判る。


プラーンの前には礼拝堂の列柱とプラーンを囲む回廊が残る。スコータイ王朝成立前に建てられた物だとするとスコータイ王朝が成立した1238年以前に造られたことになる。やはりアンコールワットに代表されるヒンドゥー寺院を立てまくったスーリヤヴァルマン2世により建てられたのだろうか。同じくタイにあるピマーイ遺跡も彼が手掛けた物らしいし。


どっしりとした重量感を感じさせるクメールらしい造りだ。恐らく煉瓦が剥き出しになった部分がスコータイ朝によって造り足された部分だろう。

ひだり みぎ低い基壇の上に建つプラーンは表面に漆喰でヒンドゥー的な装飾が浮き彫で施されていて、ガルーダ、ナーガや様々な神像が非常に躍動的に彫られているのが見える。

ひだり みぎ
3つのドングリ塔堂はそれぞれ小さな内室を持っていて、中央の塔堂だけは聖堂と直結してる。これらヒンドゥーの塔はスコータイ公園内のどの遺跡よりも古いものということになるが、石で造られているから他のどの遺跡よりも保存状態が良い。


典型的なクメール人の工法である迫り出し構造。アーチ部分の石を水平に少しずらしながら内部空間を作っている。

ひだり みぎ
境内には古代の井戸やリンガとヨニも。ドラクエとかだと小さなメダルを求めて井戸の中に入るところなんですがね。



Booking.com

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】















Related posts(関連記事):

スコータイの双子の町 シー・サッチャナーライへ
スコータイ二日目はバイクでシー・サッチャナーライ遺跡へと向かう。 スコータイから北に50Km程の地点にあるシーサッチャナーライ歴史公園は、スコータイ・カムペーンペットと並び世界遺産「スコータイの歴史上の町と関連の歴史上の町」を構成する町の一つ。恐らく川を天然の堀としていたのだろう、ヨム川が大きく湾曲して向きを変える広範囲な地域に140もの遺跡が残っている。 シーサッチャナーライの町...
イサーンとラオスへの小旅行
先日、成田の書店で何気なく手に取って機内の移動中に呼んだフランス人小説家マルローの「王道」。流されやすい自分ではあるが、今回も思いっきり感化されちゃいましたわ。「かつてインドシナの地にアンコールワットやアンコールトムを造営し繁栄を誇ったクメールの王国―とはそこに存在した道路である。巨万の富を求めて密林の奥深く古寺院を探して分け入るクロードとベルケン。悪疫、瘴気、そして原住民の襲撃。マルロー自身の若...
宿泊記 アテネホテル ラグジュアリーコレクションホテル バンコク Athenee Hotel, a Luxury Collection Hotel, Bangkok
本日の宿は、アテネホテルことザ アテネホテル ラグジュアリーコレクションホテル バンコク(The Athenee Hotel, a Luxury Collection Hotel, Bangkok。 こちらのホテル、元々は2001年にニューヨークのプラザアテネの姉妹ホテルとしてタイ王国の王宮跡地に開業した、バンコクでも指折りの超名門ホテル。2004年からはSPGと手を組みプラザアテネロイヤル...
呪いの寺院跡 ワット・ラーチャブーラナ
ワット・ラーチャブラナ(Wat Ratchabrana)は、アユタヤ王朝末期の1424年、クメール王朝を倒したアユタヤ王朝8代目の王ボロムラーチャー2世によって創建された比較的地味な寺院です。『アユタヤ王朝年代記』に拠ると、ボロムラーチャー2世の実父であるナコーンイン親王の死後、二人の実兄(Chao Ai PhrayaとChao Yi Phraya)が王位継承を巡って互いに殺し合いを演じて共倒れし...