古代の漆喰芸術が残るワット・ナーン・パヤー

シーサッチャナーライ遺跡公園での〆は城壁内の南端にあるワット・ナーン・パヤー。ガイドブックには「全体に傷みが激しく、ラテライトのブロックを積み重ねた7つあったといわれる礼拝堂も今は1つしか残っていない。」と説明されている。


腰~胸の高さほどの城壁に囲われた敷地の中に仏塔やらなんやらが見える。ガイドブックの説明に反して遺跡の状態は良さげだし、緑が共存した遺跡の景観と落ち着いた佇まいが何だか癒し効果を持っているかのような心和む遺跡である。


復元図を見ると造りは至ってシンプル。メインの仏塔前に本堂があり、少し離れた場所に仏塔に囲まれた御堂があったようだ。仏塔だらけの他の遺跡と比べるとチョイ寂しい内容だな。


メインの仏塔は15~16世紀に建てられたスリランカ様式のもので、見事な釣鐘型。先端のトンガリコーンもきちんと天を突き刺すように残されていて(修復されていて?)、保存状態は非常に良い。


礼拝堂の柱しか残されていない他の遺跡と異なり、ここでは壁の一部も辛うじて残されている。


礼拝堂の西側の壁の格子窓の枠部分には初期アユタヤ様式と言われる繊細な浮き彫りが残っていて、風化対策として屋根で保護されている。レンガを積みあげ復元しただけの他の遺跡とは違い当時の美しい装飾を見ることができる貴重な遺構である。


初期アユタヤ朝時代に施されたという漆喰による浮き彫りの唐草模様がはっきりと確認できる。かなり複雑で細かい模様がパターン化されているようなので、掘ったりして作ったのではなく今日で言うところの左官的な職人が型に石膏を流し込んで模様付けしたのだろうか。工法に関してまで説明されていなかったが、屋根が取り付けられるまで野晒しで放置されて来たのに何百年後にも原型を留めてるって凄いことだ。

結局、シーサッチャナーライの旧市街には6時間くらいほど滞在した。規模はスコータイ遺跡と比べれば遥かに小さいけど、観光客が少なくゆっくりじっくり見て回れるので、個人的には非常に楽しめた。

帰りはバイクでスコータイに向けて南下。


バスで移動する場合はスコータイへ戻るバスは最終便が午後16:00らしいので注意が必要だろう。交通の便は良くないが、スコータイまで来られた際にはシーサッチャナーライも見ておいて損は無いかと思う。腐っても世界遺産ですしね。

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】







Related posts(関連記事):

抜群のリゾート感に癒される ケンピンスキーサイアム クラブルーム宿泊記
ずーっと前から気になってたケンピンスキー・サイアムのクラブルームに泊まってみた。取引先のお偉いさん曰く、誰もが認めるバンコク一、否、アジア一のラグジュアリーシティーリゾートホテルとのことだ。中毒性があり、一度でも泊まってしまうと、大枚はたいてでも再訪したくなるので、気を許し過ぎるなと御忠告頂いた。 そんなに良いのかケンピンスキー。ケンピンスキーは1897年に創設され、1世紀以上の伝統を誇るド...
ウボンラーチャターニー⇒チョンメック経由パークセー
本日はタイのウボンラーチャターニーから陸路ラオスに抜け、そのままラオス南部の都市パークセーへと移動する。ラオスと聞くだけでちょっと未知で未開な感じがするのは否めないが、ウボンからはパークセーへの直行国際バスが出ているので、国境越え難易度としては決して高くない。ただ、ラオスと言っても「東南アジアで唯一海を持たず、山に囲まれた内陸の森林地帯に位置する仏教国でアジアの桃源郷」「ラオス愛国戦線が前身で、今...
クメール遺跡巡りの拠点・シーサケート
20:30にバンコクを出た列車はコラート高原の乾燥した大地を走り抜け、ほぼ定刻通りの06:20にシーサケート駅へと滑り込んだ。約10時間もの長旅でエアコン付き2等下段寝台席での移動だったが、予想以上に快適な乗り心地にぐっすりと寝ることができたので、気づけば到着したと言うのが率直な感想だ。 今日はホテルに荷物を置いた後、ローカルバスにてサ・カムペーン・ノーイ遺跡、サ・カムペーン・ヤ...
ラオスの大地に建つ中国資本のカジノリゾート
切っ掛けは取引先の方の一言。先月、マカオのポルトガル料理屋で食事中、急にラオスのカジノの話を振られた。「国慶節のラオスはどうでしたか、ラオスにもカジノあるんですよね。」と。へー、そうなんですかー、ラオスのカジノと聞いても全然そそられませんわー。なんて言ってたが、後日ググってみたところ、ちょっと興味が湧いてきた。ゴールデントライアングルのラオス側に中国資本の金木綿集団が金三角経済特区なるリゾート地を...