シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

象に護られたワット・チャーン・ローム


続いてワット・チェディ・チェット・テーオの正面にあるワット・チャーン・ロームへ。こちらはラームカムヘン大王の命令で13世紀に作られた寺院の遺跡で、寺院名はタイ語で「象に囲まれた寺」くらいの意味らしい。「チャーン」というのは象のロゴでお馴染みチャーンビールの「チャーン」かな。


柱だけが無残に残る礼拝堂の奥に釣鐘の形をしたスリランカ様式の仏塔が見える。漆喰も残りマズマズの保存状態のようだ。


方形の基壇は3段構成。2段目には寺院名にもある象の彫刻がぐるりと基壇を取り囲み、3段目の周壁には仏像を安置した龕が設けられている。


寺院跡なんだけど、なんかドラクエに出てきそうな神殿みたいだな。夜に来たらドラキーが沢山飛んでて、仏塔の中のステージに闇の力を司る中ボスくらいがいそう。


仏塔を取り巻くこの寺院のウリでありご自慢の象の像。近くで見たら意外とデカく、足を揃えていてお行儀良さそう。

ひだり みぎ
鼻とか全部取れちゃってて、牛だか犬みたいな獣にしか見えないんだけど、これらの象39頭が24時間265日体制で仏塔を厳重に警備してる。うん、象が基壇を支えてるとガイドブックに書いてあるが、どちらかと言えば仏塔を護っている構図のように見受けられる。

ひだり みぎ
基壇の3段目の龕に鎮座する仏像は象より更に悲惨な状況にあり、見ていて痛ましく思えてくるほどだ。

ひだり みぎ
鼻が捥げるとかの次元じゃなく、顔面全体が失われてたり膝から上が根こそぎ無かったり…。

ひだり みぎ
足の皮膚(漆喰)が剥がれて中の砂岩が剥き出しになっていたり、臓器が持ってかれてたりと致命傷をお負いになった仏像ばかりで、完全体の五体満足像は極々一部のみ。


基壇の上から境内を除くと、より一層ドラクエのダンジョンの様に見えてくる。規模・保存状態共にシーサッチャナーライ遺跡公園では一番かな。

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】







Related posts (関連記事):

由緒ある寺とみせかけたスーツ詐欺の拠点 ワット・イン
バンコク国立博物館前で自称ブッディスト英語教師に声をかけられ、トゥクトゥクにて近隣の仏陀を見て回ることになったのは先のスーツ詐欺(!?)に関する記事の通りだが、グーグルで検索し、位置関係や寺院情報から...
バンコクで感じるアラブ…
バンコクには日本人だけでなく様々な国籍の人々が集結している。ファランと呼ばれる白人や、物を仕入れに来るアフリカ系、政情が不安定なアフガンから商機を求めてお店を出しに来たハザラ人、遊びに来る韓国人に商売...
バスでチェンマイからチェンラーイへ
スーツケースをメリディアンに預けて身軽になり、バスでチェンラーイへと向かう。チェンラーイは13世紀にタイ北部で興ったランナー・タイ王国の首都として栄えた古都であり、今日ではタイ北部の観光の拠点として旅...
チェンラーイ発チェンセーン経由ゴールデントライアングル行き
標高400mのところにあるチェンラーイ、日中は汗ばむ程に暑くなるが、朝晩は長袖パーカー1枚では肌寒いくらいに冷え込んでくる。 朝7時を回ったところだが、街はまだ静寂に包まれている。これでド...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする