シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップランドホテル(Topland Hotel)@ピッサヌローク


スコータイへの中継地点にあるピサヌロークではトップランドホテルという宿泊施設に泊まることに。宿泊費はアゴダでの予約で朝食込みで一泊あたり4,000円弱だったかな。

ひだり みぎ
ホテルに着くと予想以上の大きさにびっくり。国道12号線沿いに建つデパートと一体になった16階建ての大型ホテルとのことだ。鉄道駅もスコータイへ向かうバスの停留場も徒歩圏内だし、立地的にも言う事なし。


夜中なのにピシっとした制服を身に纏ったドアマンが待機しているし、意外にしっかりしてるじゃないですか。一昔前に建った地方都市の名門ホテルといった風情だな。

ひだり みぎ
ロビーやホテル内の飲食施設も重厚な造りで、屋根が低いぶん多少の圧迫感はあるものの、3,000円台のホテルにしては不釣合いな程に立派。

ひだり みぎ
ロビーラウンジ/バーではベルギーやドイツの輸入ビールまで扱ってるし、幾ら田舎町価格とは言え3,000円台のホテルにしては中々どうして悪くないじゃないですか。

フロントは夜中にも関わらず無駄に人手をかけていて謎の5人体制で、私1人 vs スタッフ5人での手厚いおもてなしを受ける。アゴダでの予約客の扱いにも慣れているようで、対応は友好的かつスムーズで非常に良好。英語は不慣れだったけど、やっぱりタイ人のホスピタリティ精神や対人能力は地方に来ても素晴らしいと感心しきりだ。
ひだり みぎ
通された部屋は15階のデラックスルーム。流石に一世代前感が滲み出てしまってはいるが、最低限のメンテナンスはされているので不快さは感じない。気になるのは照明が少し薄暗いかなーというくらいか。


ベッドの上には一人分の予約なのに二人分の浴衣がプリセットされている。下にはディスコがあるみたいだし意味深だ。


ミニバーはアルコール類も良心的な値段設定となっているが、ホテル直結のデパート地下にあるスーパーだと一本10バーツ~20バーツほど安く買い求められる。

ひだり みぎ


クローゼットには大きめの金庫も完備されている。まぁ金庫が有っても盗まれる時は盗まれるような国なんですけどね。


折角の高層階なので窓際に座ってビール片手に夜景でも…なんて気にもなるが、残念ながら夜のピサヌロークは真っ暗で見応え無し。

ひだり みぎ
昼は見晴らし抜群で、視力がアフリカの人くらいあればチェンマイまで見渡せそうな勢いなんですけどね。ピサヌローク随一の観光名所であるワット・プラ・シー・ラタナー・マハータートも足下に見えるし。


水回りも清潔で十分に及第点レベル。


タオルは少し使い古された感があるけれど、いくら物価が安いピサヌロークとはいえ一泊4,000円もしないんだから余り文句は言えまい。ジャカルタの空港ラウンジのボロ雑巾みたいなタオルみたいなこともないんだし。

ひだり みぎ
こちらは朝食会場。一応バッフェ形式になっていて、料理の質は高くないものの種類はそれなりに揃っている。

ひだり みぎ
スープ料理あるじゃん!と思ってスープコーナーのシェフに頼んで一杯頂いてみたは良いものの、何かの臓物と血の塊と薬草のスープで癖が強すぎて完食できず。申し訳ない。タイではガオラオといって至って一般的な料理らしいんだが、朝から臓物と血の塊はなぁ…。

ひだり みぎ
気を取り直してプールで一泳ぎと思ったけど、水が異臭を漂わせていたので断念。

ひだり みぎ
プールと同じフロアにあるディスコやカラオケも夜になると爆音轟かせ営業してるけど、平日だからか利用客は殆どいないようだった。どっかのサイトに若者にとって市内屈指の遊び場とか紹介されてたのに拍子抜けだ。

ひだり みぎ
続いてホテルロビー直結のデパートへ。衣類や化粧品をメインに扱った一般的なタイのデパートで、地下一階にはスーパーマーケットが、4階には簡単なフードコートも入っている。雨が降ってても外がくっそ暑くても冷房の効いたロビーからデパートに移動できるのは非常にありがたい。

ひだり みぎ
ホテルのミニバーはビールが50バーツ、スミノフが70バーツだったので、デパートのスーパーで買った方が若干程度お安く飲める。


食べ物も困ったらデパート地上階にKFCが入ってるし、飲み食いに関してはタイ料理が苦手な方でも困りはしないだろう。120バーツ(400円弱)でこれだけ食べられる優しい世界だ。

ピサヌロークの鉄道駅とスコータイへ向かうバスの停留所が共に徒歩圏内という好立地条件にあるので、スコータイへの中継でピサヌロークへ泊まる際には重宝する移動に便利なホテルと言えるだろう。

Topland Hotel


Booking.com


住所:68/33 Akathodsarod Road,Phitsanulok 65000
TEL:66-55-247800
FAX:66-55-247815



Booking.com

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】






Related posts (関連記事):

タイ国有鉄道~アユタヤ駅~
ワット・ヤイ・チャイモンコンからアユタヤ市内へ戻る途中、遥か彼方まで真っすぐと伸びる鉄道のレールを発見。南の国際都市バンコクと北部最大の都市チェンマイの751.42kmを最短11時間で結ぶタイ国有鉄道...
ホリデイイン エクスプレス 羅湖深セン 価格重視のIHG修行用ホテル
今回の深セン出張の宿泊先はホリデイイン エクスプレス羅湖深センホテル(Holiday Inn Express Shenzhen Luohu Hotel)。最寄り駅は老街駅・紅嶺駅・大劇院駅になるが、い...
シェラトン都ホテル東京 フロアセブン スーペリアルーム宿泊記
今年の夏に異常高騰していた東京のホテルの宿泊費が一段落したタイミングでシェラトン都ホテルに宿泊することに。夏の繁忙期は最安値の部屋でも普通に一泊3万円台中盤~という強気な価格設定となっていて、都ホテル...
チャーターハウス コーズウェイベイ香港(銅鑼灣利景酒店) 宿泊記
この日は珍しく非グローバルチェーンのバジェットホテルに泊まることに。というのも、何故かこの日はSPG・IHG・マリオット・アコー・シャングリラとほぼ全滅で、辛うじて空室があったSOHOとコーズウェイベ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. グリーン より:

    コスパの優れた
    素晴らしいですね。。。サンミゲルライトビールも売ってますね

    • ポンズ より:

      グリーンさん
      ここまで田舎に行くと、ホテルの選択肢が少なくて苦労しました(苦笑)
      ホテルの宿泊費もそうですが、アルコールが安くて助かりましたよw