スコータイの民宿 Baan Georges Hotel

スコータイでの宿はBaan Georges。「バーン・ジョージ」とはタイ語で「ジョージの家」くらいの意味。てっきりご主人のお名前がジョージなのかと思い、チェックイン時に「ミスタージョージ、今日から5日間、宜しくお願いします!」と元気よく挨拶したところ、「Hi! I’m Luke(やぁ。私はルークです)」とハニカミ笑顔で返事された。ジョージはここの飼い猫の名前らしい。


そんなルークの館ことバーン・ジョージがこちら。スコータイ新市街を流れるヨム川の西岸の外れの閑静な住宅街にある4階建てのこじんまりとした洋館で、ホテルというよりはB&Bの感覚に近い。ベルギー出身の彼はここに夫人(愛人?)と愛猫と共に住み込みで民宿を営んでいるそうだ。

部屋数は合計8。DeluxeタイプとFamilyタイプの二種類に分かれていて、それぞれの宿泊費は以下の通り。

ローシーズンハイシーズン
デラックスTHB 1,000 (≒JPY 3,300)THB 1,500(≒JPY 5,000)
ファミリーTHB 1,300 (≒JPY 4,300)THB 1,800(≒JPY 6,000)
ローシーズンの定義:4月・5月・6月・10月

リタイヤ後の小遣い稼ぎには十分すぎるキャパだな。のんびりとした田舎で民宿を営みながら余生を送るという生き方もアリなのかな。

ひだり みぎ
今回泊まるのはデラックスタイプのツインルーム。清潔には保たれているのだが、エアコンをつけた瞬間に吹き出し口からヤモリの親子が落下してきたり、蟻が床を行進してたりと、いきなり田舎生活の洗礼を浴びてしまってビビる。エアコンからかび臭い空気が放たれてくるし…

DSC_6476
湯沸し器や冷蔵庫などの最低限の家具・設備は揃っているし、瓶ボトルの水やティーバックもお願いしたら補充してくれる。


冷蔵庫の大きさ・冷却力も十分。宿から徒歩7分のところにセブンイレブンがあるので、ビールやドリンクの調達には困らない。

DSC_6473
クローゼットは暫く掃除していないようで、ゴミが入ってる上に臭かった。また、金庫の類は無い。


水回り。シャンプーとボディーウォッシュのミニボトルは毎日補充される。お湯の熱さは時間帯によっては不十分。


部屋の中で一番のお気に入りはこちらのテラス。日当たりも見晴らしも抜群だ。

ひだり みぎ
夜になると向かいの家の犬の遠吠えが煩い点を除けば非常に過ごし易い環境にある。


朝食は建物の屋上で。


7種類からの選択制。

ひだり みぎ
食べ終わった後にちょっと物足りなそうにしてたらパパイヤを持ってきてくれたりと、安室奈美恵に体重を40Kgくらい足したようなポッチャリ美人なママさんは何かと気の利くお人である。


屋上テラスから眺めるこの景色が好きだった。

何だかんだでバーン・ジョージでの滞在は楽しめた。最後はルーク氏がバスターミナルまで送ってくれたけど、やっぱり名残惜しかったもんな。
ひだり みぎ
シャイなジョージもキャラが立ってて癒されたし。

Baan Georges


Booking.com



Booking.com

【2016年スコータイ・ピサヌローク旅行記】















Related posts(関連記事):

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ クラブフロア宿泊記
JL3084で成田着。ここから今宵の宿である横浜ベイシェラトンまでの移動はホテルが提供するワンストップアクセスバウチャーなるサービスを利用することに。こいつは成田空港からYCATへのリムジンバス料金とYCATからホテルまでのタクシー運賃をセットにしたパッケージ販売のサービスで、通常4,600円前後かかる移動費用が4,000円で抑えられるという内容になっている。 まぁ東京駅まで1,000円の高...
ウドンタニからラオスとの国境の町・ノンカイへ
ウドンタニでの短い滞在を終え、いよいよラオスとの国境に接するノンカイまで北上する時がやってきた。 お世話になったバイクを返却し、西洋風の淡いクリーム色が御洒落に光るウドンタニの鉄道駅舎へと向かう。 ここからノンカイへは僅か40キロ程の距離。やはり短距離なだけあってバスやミニバンでの移動が主流なのだろうか、鉄道の駅構内では閑古鳥が鳴いている。そりゃあそうだよな、便数も多く冷房完...
宿泊記 リッツカールトン深セン Ritz Carlton Shenzhen
この日の宿は銀河の彼方の深圳星河麗思卡爾頓(リッツカールトン深セン)。クラブラウンジのサービスが評判のホテルだが、今回はホテルご自慢のラウンジサービスを堪能できる程の滞在時間が確保できなそうだったため、ラウンジアクセス抜きでの予約。少しでも早くリッツスピリッツを味わいたいとホテルへと急ぐ。 丸の内もびっくりのオフィス街、ギンギラ銀に輝く雨中の深セン福田を歩く。深センと言えば少し前...
涅槃寺 ワット・プラ・ノーン
カムペーンペット遺跡公園のトリを飾るのはスコータイ朝後期に建てられた仏教寺院ワット・プラ・ノーン(タイ語で涅槃仏寺の意味)。こんなネーミンなんだから、きっと涅槃仏が祀られているのだろう。 立ってたり、座ってたり、寝てたり、歩いてたりと仏像には様々な姿態があるが、中でも涅槃仏は私のお気に入り。なんだろうな、優雅に横たわる涅槃仏の御姿を想像するだけで居てもたっても居られないような気持ちに駆り立て...