シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本航空 広州ー羽田 JL088 ビジネスクラス搭乗記


この日の帰国は広州から。「JAL、羽田発着中国路線のネットワークを拡大!!」ということで2015年10月25日に新規開設された羽田―広州便でキャンペーンをやってたのでね。マイル乞食の時分としてはついつい釣られてしまったという訳。

因みに、今回のネットワーク拡大で増便・新規開設となったのは以下3便。

路線 便名 運航機材 運航ダイヤ
羽田=浦東 JL085/JL086 767-300ER JL085便 羽田発14:40 浦東着17:10
JL086便 浦東発18:35 羽田着22:20
羽田=広州 JL087/JL088 767-300ER JL087便 羽田発08:50 広州着13:05 JL088便 広州発14:50 羽田着19:45
羽田=北京 JL025/JL020 767-300ER JL025便 羽田発17:20 北京着20:30 JL020便 北京発08:25 羽田着12:45

同時にデイリーで飛んでた広州―成田便のJL855/856が運休となったから、自分にしてみれば増便じゃなくて成田便が羽田便に入れ替わっただけなんだけど。

JL088便の広州発は14:50。朝は広州の観光地である北京路を当ても無くブラブラし、チェックインカウンターの受付開始時刻11:50に合わせて空港入り。

中国人スタッフは礼儀正しいし、女性客の荷物をカウンターに載せるのを手伝ったりと良く訓練されている。広州でこれだけ気遣いできるスタッフを揃えているのはJALくらいのものだろうと感心する。

チケットを入手した後はラウンジへと直行。ビジネスクラスだと保安検査は優先ラインを使えるけど出国検査は一般レーンに並ぶので、昼過ぎの込み合う時間だと結構並ぶ。年間旅客者数5千5百万人のメガ空港ですからね。その上、どいたどいたと悪びれる様子も無く強引に人波掻き分け割り込む無作法者もいたりするんで、余計に時間がかかってしまう。

JALの場合、ラウンジはプレミアムラウンジを利用することになる。プライオリティパスやクレカでも入れるのもあり時間帯によってはエライ混雑するけど、キャセイドラゴンで飛ぶ際に利用できる南方航空ラウンジと比べれば随分とマシなラウンジだ。野放図に振る舞うような出稼ぎ労働者のような方もラウンジの外に比べれば極端に少ないですしね。

ひだり みぎ
食事は中華食が濃いー感じの茶色い系メニューばかりだけど、南方航空ラウンジよりは総じてレベルが高い。

ひだり みぎ
人民様の餌を恵んでもらう訳ですから文句は言えません。この他にはサンドイッチ・サラダ・デザート系なんかも一応は揃えられているので、それなりの腹ごしらえは出来るだろう。


麺もオーダー可能。汁に殆ど味が付いてないので、パクチーやらザーサイやらお粥感覚で適当にぶっこんでから食べるものらしいが、余り美味しくはない。


広州空港は規模の割に見どころに欠けるので、最後の最後までラウンジで粘って搭乗ゲートへと向かう。機材は767-300でスカイリクライナーのヤツ。決してスカイスイートⅡを積んでる方じゃない。


優先搭乗の大名行列はCXの香港―羽田便並。その殆どがスーツを着た日本人サラリーマンで、観光客の姿は極々一部だけ。


ゲートは大混雑だったけど、C席は余り埋まっておらず。

ひだり みぎ
通常時とリクライニング全開時のシート。どっちがリクライニング状態か分からないくらい倒れない。


傾斜があってズリ落ちる。ホント、スキージャンプのラージヒルくらいの傾斜で、これだけ角度があったら全盛期の原田雅彦なら130m飛んでるレベル。


全力リクライニング時の目線。申し訳程度のブラインドはあるので、隣人の視線はギリギリ気にならない。

ひだり みぎ
モニターはアーム式で、ヘッドセットはやる気なし。ただ、エンタメはやっぱり日本人向けの内容はすこぶる充実。


ショーシャンクの空に・ラストサムライ・フォレストガンプ・トイストーリー・ダヴィンチコート・オペラ座の怪人…他にも踊る大捜査線・プリズンブレイク・バックトゥーザフューチャー1~3・ダイハード・ハリーポッター等ミーハー受けする分かり易いラインナップがズラリ。


離陸は今日も定刻通り。アナウンスでも「本日も定刻出発にご協力頂き誠にありがとうございました。」と御礼が入る。意地でも定時性世界第一位の座を譲りたくないんだろうな。搭乗時にもたもたしてたら後ろから蹴飛ばされそう。


離陸して間もなくすると、熟練のマダムパーサーにより機内サービスが開始される。機内食のメニューは以下の通り和食か洋食の二択。

お品書き
和食 前菜 鳥賊の芋寿司・鮭の砧巻き・海老の黄身酢添え・銀杏と黒豆の串打ち・牛肉葱巻き・鰻巻き玉子
向付 鴨肉のロースト レタスソテー添え・干し柿のおろし和え
小鉢 素麺
台の物 銀鱈の銀杏餡掛けと牛肉じゃが芋煮
ご飯
味噌汁
香の物
アイスクリーム
洋食 アペタイザー チキンムースサンド・ミートローフ・クリームチーズとキャビア チェリートマトキャップ・長芋のフライとトマト フェタチーズのせ・サーモンマリネ ドライトマトとエシェロットのペースト添え
メイン コックオヴァン
フレッシュサラダ
パン
アイスクリーム

洋食メインの「コックオヴァン」のイメージが湧かなかったというどうしようもない理由で和食を選択。

所狭しと並べられた前菜の数々はいずれも美味しかったが、肝心のメインの味付けがしつこ過ぎて舌に合わず。謎の西洋料理コックオヴァンの方が正解だったかも。


〆はいつものハーゲンダッツ。前の週に乗ったマレーシア航空の豪快な機内食で胃が拡張されていたからか、ちょっと物足りなかったな。腹八分目ならぬ腹五分目くらいで収まった。

ひだり みぎ
食後は久しぶりにプリズンブレイクを見ながらまったり。


ケラーマンの無情さに慄かされたところでタイムアップ。東京へと降下を開始する。

定刻より10分程早く羽田着。グッジョブ!

やっぱり羽田はコンパクトで良いね!

Related posts (関連記事):

エミレーツA380 ビジネスクラス搭乗記 EK385香港―バンコク
エミレーツ以遠便でのビジネスクラス・ファーストクラス乗り比べ旅行、香港でエミレーツラウンジを堪能し、いよいよEK385ビジネスクラスでバンコクへ。 もちろん機材はエミレーツの代名詞的存在であ...
中部国際空港セントレアーバンコク JL737ビジネスクラス搭乗記
セントレア到着後、2階国内線到着ロビーを出て3階国際線出発ロビーへ向かう。 香港⇒バンコク間の短距離移動をわざわざ香港⇒羽田⇒名古屋⇒バンコクと大きく遠回りした理由が今回乗る名古屋⇔バンコク便。...
JL752 ハノイー成田 B787-8(SS8) スカイスイート787(Sky Suite 787) 搭乗記
ハノイから帰りの便は社畜殺しの短距離レッドアイであるJL752。現地時間00:25(日本時間02:25)出発で成田到着が07:10と飛行時間04:45ですからね。ハノイで退勤して一次会接待までした後に...
アシアナ航空A321-200 ビジネスクラス搭乗記 ソウル(仁川)ー成田 OZ104
ソウル仁川から成田への2時間20分の空の旅はアシアナの残念機材・A321で。もう一本後のOZ106だとA330だったみたいなんだけど、OZ106だと成田着が17:50と遅いので、ここは渋々A321で妥...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする