JAL 名古屋-バンコク線 ダブルFLY ON ポイントキャンペーンで行くタイ旅行

今年はJALのダイヤモンドステータスを獲得するとネットで公言してしまった為、JALのFOPキャンペーの収集に必死なポンズです。

JALの公式サイトに拠ると様々なキャンペーンが行われているようだが、その中で小生が利用できそうなのは標記にある「名古屋(中部)-バンコク線 おかげさまで就航1周年記念 ビジネスクラス ダブルFLY ON ポイントキャンペーン(JAL公式ページに飛びます)」か。ついこないだタイから戻ったばかりなのにw


キャンペーンのタイトルがそのまんま過ぎるし特に補足する内容もないが、備忘録も兼ねてキャンペーンの中身を纏めてみる。

対象期間:2016年1月1日~2016年3月31日(搭乗日ベース)
対象者:JALマイレージバンク会員でキャンペーンに参加登録済みの方
対象路線:JL737 / JL738 ※コードシェア便は対象外
対象予約クラス:J / C / D / X / I
対象路線機材:787で、シートはJAL SHELL FLAT NEO

それぞれのクラスの加算率はIのみ75%で、他は125%。当キャンペーンを利用した場合の各予約クラごとの獲得FOPは以下の通りとなる。

予約クラス獲得FOP(往復)
J・C・D・X20876
I12446

片道の区間マイルは僅か2,677なのに、一発の往復で20,000FOP越えまで化けるとは…今年もアジア路線の1.5倍ブーストや400ポイントのFOPポイントキャンペーン(JALの公式ページに飛びます)が継続されたのも強力な追い風になっている。

一撃必殺の20,000ポイント越え。こいつ4回でワンワールドエメラルド相当のJGPに、5回やったら一気に最上位のエメラルドに上り詰められる強力なキャンペーン内容になっている。名古屋発というのがネックだけど、新年早々の開幕ダッシュとして旧正月はこいつを利用してバンコクから鉄道でラオスに向かう旅でも計画してみようかな。

気になる運賃は通常だとこちら。

加算率125%で最安値のJALビジネスセイバー7週末ステイだと運賃190,000+諸税等11,760で合計201,760円。


小生の旅程ではこの201,760円が最安値となるが、キャンペーン対象となるJL737/JL738で御誂え向けに「ビジネススペシャル」としてXクラスのキャンペーンが開催されている。


Xクラスの費用は運賃150,000+諸税11,760で合計161,760円。FOP単価は実に7.7円だ。

運賃規約は以下の通り。

対象便JL737 NGO発 10:25 -NGO着 14:50       JL738 BKK発 00:25 -NGO着 07:45
最小滞在要1泊
予約期限出発の14日前まで
予約期間2015年8月7日~2016年3月17日
旅程期間2015年8月21日~2016年3月31日

予約変更・払い戻し不可が引っかかるが、既に旅程が確定している場合は非常にお得。土曜日10:25にNGOを発ち、翌深夜便で帰国、日曜午前07:45にはNGOに戻れるというサラリーマン用弾丸修行も可能なんかな。自分はどこかに飛行機に乗ってポイントを稼ぐだけの○○タッチ的な修行は余り好きではないというか体力的にもきついので、やっぱりタイ近辺の旅行を兼ねて当キャンペーンを利用してみたい。

Related posts(関連記事):

シンガポール航空 A330ビジネスクラス クアラルンプール―シンガポール
今回は香港⇔シンガポールの往復をマレーシア航空のクアラルンプール経由で手配したのだが、MHのB738を四連発というのも味気ないことこの上ないので、KUL⇒SINだけはコードシェアのSQ便で移動することに。SQの短距離路線の多くは子会社のシルクエアに移管されてしまい乗りずらくなってしまったが、KUL⇔SIN間は今でもSQ便がデイリーで5便も飛んでいる。 ホテルから空港への移動はタクシーで。...
火宮殿と長沙黄花国際空港 南方航空で長沙⇒広州
特に何をするという訳でもなく長沙での一泊旅行を終わり、空港へ。長沙黄花国際空港へは市内の長沙南高鉄駅から2016年に営業開始となった中国初の国産リニアモーター長沙空港リニア(長沙磁浮快線で20分。ただ、あまりに暑すぎて南駅まで移動するのも億劫だったので、今回はホテルからタクシーにて移動した。 空港リニアの営業時間は07:00~21:00で、運転間隔は15分30秒。運賃は片道20元と78元かか...
KA296 HAN→HKGと散々なノイバイ空港
私が頻繁に利用する便の一つがKA296。ドラゴン航空ハノイ発香港行の午前便、マイル数片道522マイルの超短距離路線である。 ハノイは曲がりなりにも一国の首都。ベトナム共産党の威信を賭けた立派な空港が建てられているのかと思いきや、ハノイ・ノイバイ空港は残念の極み。特に、ビジネスラウンジは小生が知る世界の数あるラウンジの中でも最悪かと思われる。それもダントツで。 ああ、空港に着く前から...
募る、猛者 JALそらとも倶楽部 東アジアキャンペーン2019
初めてワイのもとにもやってきやした、JALそらとも倶楽部のオファー。この手のターゲットプロモなんて今まで全くもって縁がなかったのに、今回はどういう風の吹き回しか。 “JALそらとも倶楽部 国際線 東アジアキャンペーン2019”。 …って、東アジア縛りかい!中国・韓国・香港・台湾限定でのキャンペーンでしたわ。これは単独でのクリアは難しい。バンコクやクアラルンプールなら毎月行かれてる好事家...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。