シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPG 年内いっぱいのプロモを追加で2連発


年内いっぱいの滞在を対象としたSPGのプロモ2発を追加でご紹介。前々からちょこちょことミニプロモを展開してくれてた良心的なスターウッドだが、ここにきてポイントのばら撒き傾向に一層拍車がかかった感があると思うのは気のせいだろうか。SPG消滅前の自暴自棄的行動じゃなければ良いんだけど。

1. 2,015年もありがとうキャンペーン
内容:有償1泊の宿泊で2,015ポイント付与
期間:12月31日迄の宿泊
登録サイトこちら(SPGの公式サイトに飛びます)
これは旨い!年内いっぱいの予定は既にぎっちぎちに埋まっちゃってるけど、是が非でもどこかの日程に新たな予約をねじ込んだる!SPGさん、こちらこそありがとうですわ。

2. SPGブランド制覇キャンペーン
内容:9ブランドに宿泊=9,000P、10ブランド=10,000P、11ブランド=11,000P
期間:2015年度内の宿泊トータルで
登録サイトこちら(SPGの公式ダッシュボードに飛びます)
ブランド別の累計宿泊数はダッシュボードで確認することができる。

んんん?あれ?待てよ?11のブランド??SPGって全部で10ブランドじゃなかったっけ。

ダッシュボードを見てみたら、Design Hotelsなる聞き覚えの無いブランドがさり気なく追加されていた。

Design Hotelsの運営状況は以下の通り。ホテル名、所在都市、SPG加盟日を記載した。
・グラマシーパークホテル、ニューヨーク 2015年11月16日
・テンボンパスホテル、ヨハネスブルグ 2015年11月16日
・ホテル&スパ、カッサーゴブリアンツァ2015年11月16日 
・ニーラモンターナ、ラ・トゥイーレ 2015年12月4日
・クルーシュレンホテル、マーストリヒト2015年11月16日
・ニラアルピナ、シルヴァプラーナ 2015年12月11日

そこ何処だよ!!ってとこばっかりじゃないか。アジア専には無理ゲーすぎる。
因みに、現時点で4以下のブランドにしか宿泊実績が無い方には、5ブランド制覇=500ポイントというビギナーズ向けプロモも用意されることもあるようなので、「9以上のブランド制覇は夢のまた夢のまた夢…」という方も、この機会にダッシュボードを確認されることをおススメする。

小生は今年は地味に8ブランドを制覇。残るはエレメント、トリビュートポートフォリオ、そして新設のデザインホテルというSPGの中でもアジアでは際立って存在感の薄い3ブランドとなる。新規オープンのキロロトリビュートポートフォリオ目当てに冬の北国を攻めたるか!……なんて衝動には流石に駆られんし、ブランド制覇のキャンペーンは残念ながら諦めよう。

最後、あくまで参考情報として…


今さらながら、SPG飴の入会キャンペーンも開催されているようです。これ、閉店セールみたいでアメックスの悲壮感が伝わってくるんだけど、やっぱり小生は未だにSPGがマリオットに買収されたという事実を素直に直視できん。会員ベネフィットの充実ぶりはもちろんのこと、ホテルブランドの幅からカスタマーサポートの質まで本当に優秀だったからな。未練たらたら。リッツみたく、買収後もSPGとマリオットの会員プログラムを併存させてくれないもんだろうか!

Related posts (関連記事):

マリオボロモール直結で立地条件最高のibisジョグジャカルタホテル
今回のジョグジャ・ソロ旅行は2連泊×3で27,000円分のポイント還元というアコーホテルズの大型キャンペーン修行を兼ねていることもあり、二件目の宿泊先はアコー系列のibis ジョグジャカルタ マリオボ...
2016年SPGカテゴリー変更が発表された
さぁ今年度もやってきたSPGカテゴリー改定の季節。今年は日本ベースの人には改悪と評すべき内容となってしまっているので、心して変更内容をご確認頂きたい。 【サマリー】 ・282ホテルでカテゴリー...
ノボテル バンコク フェニックス シーロム 宿泊記
マットレスランの為にホリデイイン シーロムをチェックアウトし、次なる宿泊先であるアコー系・ノボテル バンコク フェニックス シーロム(Novotel Bangkok Fenix Silom)へ移動する...
2017年度 IHG系列ホテルのカテゴリーチェンジ
今年もやってきました、カテゴリー変更の季節。世知辛い世の中ですからね、カテゴリーチェンジは基本的に改悪の方向へと向かっていくのは避けられないと悲観していたけど…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする