2015年秋のプロモーション事情【マリオット・ヒルトン】

夏のQ2プロモ(Make it Count、8月31日迄)もギリギリまで引っ張って最後の最後までヤキモキさせてくれた焦らし屋のSPGだが、秋もこの調子で焦らしてプロモを待ちわびるSPG会員の心を悪戯に弄ぶ模様。焦らしプレイはもうコリゴリなんで、早くプロモ内容を公表してください!

さて、そんな焦らし好きのSPGに先駆けて、マリオットとヒルトンはそれぞれ秋のプロモキャンペーンを発表してきましたね。6月に発表されたハイアットのターゲットオファーも9月30日まで有効なので、9月はハイアット・マリオット・ヒルトンでの宿泊を第一に検討される方が多いのではないでしょうか。プロモって大事ですもんね。やっぱりプロモの魅力には抗えません。

【マリオット Fall 2015 MegaBonus Promotion】

ターゲットオファーかもしれないが、小生は以下の内容のオファーを頂いた。ただ、JW香港での嫌な体験から、もうマリオットに泊まることはないと思われる。ええ、ナナプラザに行く時ですらマリオットには泊まりませんよ。

内容:2泊目からダブルポイント。最大20,000ボーナスポイント。
登録期限:2015年11月15日
対象期限:2015年9月15日~2016年1月15日
公式サイト:こちら。サインイン後にキャンペーンに登録下さい。

*8月22日追記
やはりメンバーごとにプロモ内容が異なるターゲットプロモだったようです。小生がオファーされた2泊目からダブルポイントという内容以外に確認されているオファーは以下の通り。
•15泊で15,000P+16泊目から1泊ごとに2,000P。最大35,000P。
こちらは高頻度宿泊者向けだろう。25泊で35,000ポイントか。25泊して最低カテゴリーのリッツに1泊無料宿泊券と考えたら、高頻度宿泊者にとって魅力的なオファーとは言い難いだろうな。マリオット系列のカテ1なら4泊分の無料宿泊ができるけど…

【ヒルトン Fall 2015 MegaBonus Promotion】
ひだり みぎ
悩ましい表情のお姉さんの画像にも書かれている通り、平日ダブルポイント・週末トリプルポイントの良プロモ。ただ、残念なことに小生はヒルトンのポイントは貯めていない。別に嫌いな訳ではなく単に食わず嫌いなだけなんだけど、どうもSPGの下位互換的な先入観を持ってしまっていて…昔からヒルトンよりもシェラトン、ダブルツリーよりもアロフト・フォーポインツてな感じで、とにかくヒルトンとは縁が無いまま今日に至る。

内容:月~木の宿泊でダブルポイント、金~日の宿泊でトリプルポイント
対象期限:2015年9月1日~12月31日
公式サイト:こちら。サインイン後にキャンペーンに登録ください。
登録時、大半の方が初回週末宿泊時に追加で2000ポイントのボーナス支給なんて通知を貰っているようです。

うーん、後はSPGのプロモを待つばかり。もしSPGの秋のプロモが無いのであれば、今秋はハイアットとヒルトン攻めで行きたいと思う。

Related posts(関連記事):

Wホテルデビュー W Hotel Bangkok宿泊記
今年の清明節は3連休を利用してバンコクへと逃亡。SPGプラチナチャレンジの修行も兼ね、滞在先はWバンコクにすることに。Wホテルは自分にはヒップすぎるというか、イケイケ過ぎて落ち着かないデザインホテルというイメージで敬遠していたが、食わず嫌いは良くないよね、ってことでWデビューしてみることに。 タイの首都バンコクの中でも大使館やガラス張りの高層オフィスビル、金融機関などが集中するビジネスディス...
宿泊記 リッツカールトン アブダビ グランドカナル
アブダビでのお宿は、アブダビの象徴シェイク・ザイード・グランドモスクの対面に建つリッツカールトン アブダビ グランドカナル(Ritz Carlton Abu Dhabi Grand Canal)。 立地的にはアブダビの中心地からは離れていますが、ドバイ寄りにあるので逆に車でドバイに向かうには便利。次の日の早朝にドバイ国際空港へと向かうことを考えて、こちらのホテルに泊まることにしました。 ...
IHGリワーズクラブの変更点とプロモーションのお知らせ
今年の4月に一部内容に大幅修正が入ったIHGのリワーズクラブ。地味~にアジア・アフリカ・中東のホテルを対象としたミニプロモが開催されていたので、変更された会員条件と合わせて紹介します。 【変更点】 ●ポイント有効期限の改悪。 ・ポイント有効期限が無期限から、最終加算/減算から12ヶ月で消滅するSPGのような仕組みに改悪。使ってるうちは実質無期限のようなものですが。 ●無料宿...
宿泊記 アロフト東莞ダイナミックタウン Aloft Dongguan Dynamic Town【東莞じゃない】
昨日はホテル名に「深セン」とあるのに東莞との市境にあって不便極まりないコートヤード深セン宝安をご紹介しましたが、今度はその逆パターン。ホテル名に東莞とあるのに深センにほど近い辺鄙なところにあるホテルをご紹介します。 その名もアロフト東莞ダイナミックタウン(東莞活力城雅楽軒酒店/Aloft Dongguan Dynamic Town)。マリオットリワードカテゴリーは最低ランクの1で、一泊7,5...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。