SPGプラチナチャレンジ

さて、今日はSPGのプロモーションのご紹介。今回はポイントばら撒き用の期間限定プロモではなく、自主応募制のチャレンジプロモーションだ。

その名も………

SPGプラチナチャレンジ!!って、そのまんまか。タイトルにも書いてるしw。最速・最小予算でプラチナを目指すにはもってこいのキャンペーンだ。

通常25滞在or50泊/年で得られるSPGプラチナステータスだが、任意の3か月の間に18泊するだけでプラチナ解脱が完了するという微妙にハードルの高いキャンペーン内容になっている。ある程度事前準備をして勝算の有りそうな月にぶっこむことができるのは有利だが、色々と急な出張や拘束が入るサラリーマンとしては3か月縛りはちょい厳しいか…それでも宿泊数チャレンジなので、バンコクでシェラトン・グランデ⇔ウェスティン・グランデ、アロフト⇔フォーポイントの往復など、滞在日数を稼ぐという修行目的だけの無駄なホッピング苦行からは解放される点では敷居がかなり下がったかな。今なら2連泊以上でダブルポイント、5泊につき1000ポイント付与のキャンペーン中だし(4月15日まで)。

早速4月-6月で挑戦状を叩きつけ、無事に受理された。ホテル修行につきもののホッピング呪縛から解放され、極端な話、中国内陸地の格安アロフト18連泊でもプラチナになることができる。例えば、中国山東省には一泊税込RMB145(3000円)で泊まれるという修行僧のお財布にやさしいアロフト海陽も存在するので、6万円以下の宿泊費でプラチナ解脱を果たせることもできる。まぁ現実問題サラリーマンとして山東省僻地の監獄に18連泊もできる余裕はないし、山東省に18泊など、それこそホンマモンの“修行”になってしまう。最悪、チェックイン日とチェックアウトの日だけホテルに出向くという荒業を繰り出すこともできなくもなさそうだが、それはそれでプラチナステータスの為だけにお金をドブに捨てるような愚行である。できればやっぱり色々と楽しみながらチャレンジしたい。

【3-5月のSPG滞在目標】
マカオシェラトン2泊
香港シェラトン2泊
クアラルンプールウェスティン2泊
バンコクウェスティングランデ2泊
広州ウェスティン2泊
セントレジス深セン1泊
セントレジス天津1泊
利順徳ラグジュアリーコレクションホテル天津1泊

う…実際に計画に落とし込んでいくと、やっぱり3か月縛りの18日って結構難しいんじゃって弱気になる。
後は時間を作って4月1日オープン予定の珠海シェラトンを攻めてみるもよし、東京のシェラトン都でもよし、アロフト広州大学城やアロフト ナンハイ佛山で安く済ませても良しと、残りは臨機応変に。まぁKLやBKKに滞在できる時間が取れるかはまだ分からないし、結局最後は辻褄合わせのアロフト連発に終わるか無念にもチャレンジ失敗に終わりそうな予感。仮に失敗したとしてもゴールド更新の修行をしたと思うくらいの気軽さで臨むのが吉か。
*シェラトン珠海は予約しようと思ったらオープンが延期になってました。

てなわけで、こういったチャレンジもありますので、興味のある方は是非。
【申請方法】
1. platinum.liaison@starwoodhotels.comにSPG番号と希望の挑戦期間を書いて連絡する。小生は気合入れて2月に挑戦を表明したところ、4-6月の申請をするには早すぎ!3月に再応募してくれと言われたので、挑戦開始の前月に応募するのが宜しいかと。

2. 返答が来て完了。

【その他特筆事項】
1. 無料宿泊やキャッシュ&ポイントによる宿泊はノーカウント。
2. 1泊で3部屋まで記録可能。3人で宿泊して3部屋を自分のアカウントでとった場合、3宿泊が記録される。
3. 過去5年間にプラチナになったことがある人の応募は受け付けられない。
4. 失敗した場合、再チャレンジは可能。
5. プラチナステータスは18泊目の滞在日から8日以内に付与される。

【プラチナメンバーベネフィット】
ゴールドベネフィット+
•大事に扱われる。
•チェックイン時にスタンダードスイートを含む、空きのある客室の中で最も良い客室へのアップグレード。
•無制限で航空会社へスターポイントを移行可能。
•ウェルカムギフトの提供(コンチネンタル式の朝食サービス、ボーナススターポイント、ローカルアメニティのいずれか一点)。
•客室内無料インターネット接続。
•アスレチックジムの利用。
•クラブおよびエグゼクティブレベル特典へのアクセス(設備がある施設のみ)。
•プラチナ コンシェルジュ サービス。
•クロスオーバーリワードにより、デルタ航空搭乗時に、対象となるフライと運賃1米ドルにつき1スターポイントの獲得と、預け入れ手荷物1個分無料、優先チェックイン、優先搭乗。

こんなとこでしょうか。ゴールドではアップグレードは殆ど無いしクラブラウンジ権も与えられないので、やっぱり真の旨みはプラチナになってこそ発揮されるのだろう。
不明点などあればお気軽にご連絡下さい。ではでは。

Related posts(関連記事):

ハイアットゴールドパスポートの最新プロモ【Sweet Dreams... Sweet Rewards】
おっ、HYATT ゴールドパスポートの新プロモーションの案内が届いてるではないか。 ここ最近のハイアットゴールド・パスポートのプロモーションは手が込んでいるというか、完全にターゲットオファー化していて、会員のハイアット利用状況に応じてプロモの種類を変えたりしてるんで、案内を読むのがささやかな楽しみになっている。貧乏性なもんで、結構こういった馬にニンジン的なプロモに直ぐ引っかかっちゃうもので。 ...
2017年一発目 マリオット メガボーナス&SPGプロモ
えー、遅ればせながら明けましておめでとうございます。カシュガル・クチャ・ハミ・ウルムチ・敦煌・西安とシルクロードを西から東に巡った一週間半の短期旅行を終え、無事に社会復帰を果たしました。 昨年度は隙あらば短期旅行にホテルステイ!の姿勢を貫き通し、SPGプラチナ75ナイト、アコープラチナ・IHGスパイア・JALダイヤモンドと、年初に掲げた目標は概ねクリアすることができました。(今日は「ですます...
シェラトン ムスティカ ジョグジャカルタ宿泊記
ジョグジャ初日はプランバナン遺跡群を見て回り、16:00過ぎにホテルへと帰還。思えば昨晩の深夜便で香港を経ってから殆ど休んでいないので、慢性的睡眠不足や暴飲暴食など日頃の不摂生で弱体化した老体は既に疲労困憊で悲鳴を上げてしまっている。ということで夜はシェラトンでゆっくり休んで体力回復を図ることに。 プランバナンとジョグジャ市内を結ぶ幹線道路からジャワの大宮殿かのようなエントランスの姿が...
シェラトン中山(中山喜来登酒店)クラブフロア宿泊記
この日は孫文所縁の町・中山の市街地ど真ん中に建つシェラトン中山へ。中山って中国の都市にしては妙な名前だけど、香山(現中山)出身の孫文の号が中山だったことに肖り中山に改名されたんだと。今でも中山は中国に於いて偉人の名前を取った唯一の都市らしく、そんな訳で中山に足を運ぶ度に稀代の革命家・孫文の顔が頭に浮かんできてしまうのである。 学生時代、阿片戦争⇒孫文出現あたりの世界史授業は胸アツで聞いてた覚...