リッツカールトン ジャカルタ宿泊記(Ritz-Carlton Jakarta Pacific Place)

今日の宿泊先はリッツカールトン ジャカルタ パシフィックプレイス。パシフィックプレイスから車で10分ちょいのところにはテロアタックを受けたリッツカールトン クニンガンや同じくテロの標的とされたJWマリオットがあるし、ジャカルタではマリオット系列が結構頑張っている。JWマリオットはJWのくせに大衆的な感じで心に響かなかったが、ここリッツ・パシフィックプレイスは全62室しかなく全てクラブルームという特別な構成なので、滞在客一人一人にきめの細かいホスピタリティが提供され、滞在していて気持ちが良い。

ホテル外観。
ひだり みぎ

ひだり みぎ
証券取引所や高級ブティック、有名企業のオフィスなどが密集するジャカルタのビジネス街・スディルマンエリアの中心地にそびえるガラス張りの近代的高層ビル。こちらがリッツ・カールトン ジャカルタ パシフィック・プレイスだ。昼も夜も抜群のイケメンっぷりで、いつも周囲の注目を集めている。格好良すぎでしょ、ほんと。


上品なシャンデリアを配した高い天井のロビーは豪奢で優雅な空間になっている。今日は昼前にホテルに着き、スーツケースを預けてホテルに隣接するショッピングモールで昼食を、と思っていた。すると、「いやいや、お部屋の準備も直ぐにできるので、是非当ホテル自慢のクラブラウンジで昼食をお取りください。」と、21階のクラブラウンジに通される。マルコポーロベネフィットでアーリーチェックインが受けられるのは知っていたが、まさかチェックイン日の昼飯まで頂けるとは。モール内の大戸屋か一風堂でのエコノミーランチを予定してたのに、5つ星ホテルでのラウンジランチに思わぬアップグレードにニヤけてしまう。チェックイン前だというのに恐縮過ぎる。

ひだり みぎ
21階のラウンジはインテリアもスタッフも非常に洗練されている。居心地が良くついつい長居をしてしまいそう。しかも朝食・昼食・夕食でメニューがガラリと変わるようなので、乞食活動にはもってこいの良ラウンジだ。


ラウンジからはジャカルタ一のオフィス街・スディルマンエリアのパノラマビューが楽しめる。


相変わらずの渋滞ぶりを高みの見物しながらランチを頂くことに。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
素晴らしい。ガッツリ系は少ないが、アフタヌーンティー系のスイーツが豊富に揃っていて、色々と目移りしてしまう。


何とも美的センスの無い盛り付け方で上手さが伝わらないと思うが、デザート類がどれも絶品。特にプリンはキャラメルの膜がカリッカリになっていて、2個でも3個でも平らげられる衝撃的な美味しさだ。

ちょうどこのプレートを食べ終えると、オリエンタルな魅力たっぷりのマレー系美女がやってきて、ラウンジにてチェックインを済ませてくれた。私もまだまだ若いようで、Welcome to your home in Jakartaなんてキラースマイルで言われた日にはドキッと来る。

ラウンジを離れる時にはラウンジスタッフ一同からシーユーアゲインミスター○○と名前で呼ばれたりして、パーソナルな対応が徹底されている印象を受ける。聞けば、ラウンジの利用客は139戸のレジデンスに住まう固定客に全62室のホテルにステイする流動客のみに限定されているので、一人一人に親身な対応が出来るのだという。マンダリンオリエンタルも良かったが、リッツのホスピタリティは更にその上を行く。

今回はラウンジを出て直ぐ目の前の部屋となった。ラウンジに入り浸る魂胆がバレてたのだろうか、ラウンジ乞食には最高のロケーションだw
ひだり みぎ
重厚なドアを開けると、左手にシックで落ち着いた大人の雰囲気にまとめられた寝室が現れる。3.5メートルという高い天井にジャカルタのビジネス街が一望できる壁一面の窓による視覚効果で、面積以上にゆったりとしたゆとりが感じられる。一通りの部屋の説明を受け、ここでマレー美女とはお別れだ。


入り口右手はウォークインクローゼット。


高級感ある大理石のバスルームはクローゼットと寝室の両方から出入り可能。

ひだり みぎ
ダブルシンクの洗面台に独立した大理石のシャワーブースがあり、水回りも広々。トイレにはウォシュレットまでついていて、言うことなし。

ひだり みぎ
埋め込み式の大理石のバスタブも長さ深さ共に非の打ちどころ無し。ロールブラインドも勿論全自動式で、ボタン一つで上がり下がりする。

ひだり みぎ
バスタブからの眺め。ビルに囲まれたスペースにプールと南国風ガーデン、テニスコートがあるのが確認できる。後でプールに行こうと思うが、雲行きが怪しいのが気がかりだ。

ひだり みぎ
バスアメニティはリッツクラブフロアお馴染みのAsprayパープルウォーター。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
こちらは寝室からの眺め。

ひだり みぎ
近代的で煌びやかやのぅ、ジャカルタの夜は。


ただでさえ高層ビルが立ち並んで近未来的なスディルマンだが、2020年までには高さ638メートル(111階建て)の超高層ビル・シグネチャータワーが完成する予定となっていて既にプロジェクトが少しずつ動き出している。ジャカルタ凄いわ。
*写真はシグネチャータワーの公式サイトから拝借しました。


ちょっと休息を取った後は8階にあるスイミングプールへ。緑もいっぱいで、近代化が進む活気に満ちた忙しいエリアのなかにある寛ぎの空間だ。

DSC_9753
よっしゃ!ひと泳ぎしようと思ったところでスコールに降られたので、ラウンジ乞食タイムへ。雨だし渋滞も酷いしとで、今日はもう引きこもりのラウンジ乞食コースだな。

ひだり みぎ

ひだり みぎ

ひだり みぎ


部屋に戻ると、ターンダウンが終わっていた。300スレッドカウントのすべすべリネンにフカフカ羽毛ベッド、そしてガチョウの羽毛使用の抗アレルギーのスポンジ枕など、快眠を誘う良質な寝具が揃っている。居心地良すぎて離れたくないわ。

翌朝、朝飯を頂きにラウンジへ。乞食精神全開の私にも優しく接してくれるラウンジスタッフ一同。

ひだり みぎ


ジュースは生絞りで搾りたてのフレッシュなものが供される。素晴らしい。

やっぱりホテルレベルが高くないジャカルタではリッツカールトンが一番洗練されてるかな。スタッフの質、部屋の広さにクオリティ、ラウンジサービスの内容、立地条件など全てに於いて高得点で文句無し。次はジャカルタ内にあるもう一個のリッツカールトンに泊まってみようと思います。

リッツカールトン ジャカルタ パシフィックプレイス





住所:Jl. Jendral Sudirman Kav. 52-53, Jakarta, 12190, Indonesia
電話:62-21-25501888



Booking.com

Related posts(関連記事):

ヒルトンのライフタイムステータス、ハードルが高すぎぃぃぃ
おー、昨年12月に先行発表されていたヒルトンのライフタイムステータスに関する続報が入ってる。どうやら正式に内容が決定したようだ。 コアなヘビーユーザーの囲い込みに必死なホテルチェーン各社は、あの手この手で固定優良客を確保しようと躍起になっている。一部の重要顧客に対して定期的なターゲットプロモを開催してみたり、VIP相手には特別なアンバサダースタッフを接客につけたりと…そして、今回のヒルトンが...
クラウンプラザ 香港カオルーンイースト(九龍東)宿泊記
この週は色々と鬱憤がたんまり溜まり発狂しそうだったので、週末はまったりとホテルステイを楽しんで日々のストレスを発散することに。目ぼしいステイ先を探していると、香港で一泊1万5~6千円で泊まれる良さ気なお値打ちホテルを発見。それが九龍東にあるクラウンプラザカオルーンイーストホテル。九龍東といっても九龍駅の直ぐ東にあるわけでなく、東の外れの新興住宅地として発展が目覚しいMTR将軍澳駅にあり、MTRの九...
シェラトン福田深セン クラブフロア宿泊記
この日は福田で用事があったので、シェラトン深セン福田に泊まってみることにした。 深セン地下鉄1号線・4号線「会展中心」駅の上、深セン福田区の新興商業エリア・大中華国際交易広場に位置する便利なホテル。外から見たらくっそデカくて重厚な造りに圧倒される。 黒のカラーガラスを用いたガラス張りの近代的な高層ビルは28階建てで、宿泊棟が東翼と西翼に分かれるツインタワー仕様。なんか空高く羽ばたいて...
カラベルホテルのハイティーと牛角ランチは不完全燃焼な結果に終わる
3月某日、久しぶりのホーチミンに降り立った。仕事での訪問だったけど日曜日がまるまるオフだったので適当に町をぶらつくことに。ここホーチミンは四季はないが、二つの季節区分がある。即ち、5~10月の雨季と11~4月の乾季。雨期は雨が降ってもどんより蒸し暑く、乾季は殺人的直射日光で焦げるように暑い。なんだよ結局いつ来ても暑いじゃん、ということで、今回も暑さからは逃れられません。 あるんですよガラ...