ホイアンで食べ歩き飲み歩き(モーニング・グローリー・シークレットガーデン)

一日ぶっ通しの観光でちょっと小腹が減ったので、休憩も兼ねて近くのレストランに入ることに。

ひだり みぎ
グエンタイホック通りには歴史ある古民家を利用したレトロで洒落たカフェやレストランが多く並んでいるが、ハッキリ言ってどこもかしこも似たような外装でどのレストランに入っても大差無いように映る。どうするか。一通り見て回ったが、やっぱりどこも決定打に欠け、「おぉ!ここだ!!」という思いには至らない。こうなりゃ直感だ。今回は己のカンを信じて進記家の前にあるモーニング・グローリーというレストランに入ってみることに。


歴史ある建物を改装した店内は高級チックで雰囲気◎。毎日クッキングクラスも開いているそうなので、味に間違いはないだろう。ただ、奥の方の席と二階席が満員になっていて忙しいようで、接客態度は非常に素っ気ない。いや、素っ気ないどころか、お前の相手なんかしてられんわ!くらいの勢いだ。一人客はウェルカムじゃないのかな。店側の気持ちも分かるが、それを接客態度に出すようじゃプロ失格だ。こっちも少しムッとするも、ここはベトナムだと思って諦める。


一階席には料理の味わいが伝わるオープンキッチンがもうけられていて、女性スタッフがキビキビと注文の料理を捌いていく様子が楽しめる。


お料理はストリートフードと銘打ったローカルな大衆料理を観光客向けに洗練させたスタイルが人気とのことだ。 ニャーハンゴンみたいなコンセプトか。代表的メニューはやっぱりカオラウ(VND55,000)、揚げワンタン(VND85,000)、ホワイトローズ(VND65,000)のホイアンが誇る三大名物料理のようだが、他にもバインセオ(VND75,000)など、ベトナムのローカルフードメニューやアジアのフュージョン料理が揃っている。


ここで頼んだのはホイアン・サンセットというオリジナルカクテルに、炒めた蟹肉・玉ねぎ・トマトがトッピングされた揚げワンタン。これをヌック・マムというベトナム名産の魚醬につけて食べるのだが、パリッパリ・サクッサク・アツッアツでウマッウマ。これでホイアン三大名物はコンプしたが、敢えて順位を付けるとしたら揚げワンタン>カオラウ>ホワイトローズかな。しかも、複数個所で揚げワンタンを食べた中で、ここのが一番口にあった。

勿論、これだけでは満腹にはならないどころか小腹も満たせないので、次なるレストランへと向かう。

その名もシークレットガーデン。ここはホテルの受付嬢に推薦されたのだが、彼女が「隠れ家的名店(little hideaway restaurant)」という表現をしていたので気になっていた。何でか最近は「隠れ家」とか「秘密基地」とか「秘境」とか、そんな言葉に妙に惹かれてしまうのである。

ひだり みぎ
その名の通り路地裏に店があるようで、ホイアンの日常生活を垣間見れる民家沿いのひっそりとした小路を入っていく。これ、私有地への不法侵入で捕まったりしない?と心配してしまう。


小路を奥に奥に入っていき、ようやく発見!確かに隠れ家だわ。ホイアンの伝統的な屋根の造りを残しながらデザインされた庭園レストランのようだ。

ひだり みぎ
広くて緑たっぷりの開放的な中庭。なーんかワクワクするんだよな、こういう隠れ家的な場所。

ひだり みぎ
オープンエアーで個室等はないが、裏路地のひっそりとした空間にあるので、喧騒だけでなく不思議と暑さも気にならない。


テーブルからの眺め。一人客を楽しませようとしてくれてるのか、アオザイ美女が積極的に話し相手を務めてくれる。まぁ、客が疎らなんで、彼女も暇を持て余してるのだろう。料理が運ばれてくるまでマンツーマンの付きっきり対応を受ける。

ひだり みぎ
ここでもホイアンの郷土料理をチョイス。コシの強い麺が特徴の汁無しうどん・カオライに、さっき食べたばかりの揚げワンタンwワンタンはミートソースが強すぎてちょっとシツコイ味かな。カオラウはしっかりとした味がついていて美味いのは美味いが、草、多すぎ!


最後はお土産まで貰っちゃった。音の出ない笛と、10%ディスカウントチケット。


わざわざ外まで見送りに出てもらって、最後まで親身な接客をありがとう。


“秘境”にてホイアン名物を楽しんだ後は路地裏から目抜き通りへと戻る。腹は満たされたが、飲み足りないので今度はバー巡りだ。


一発目はレロイ通りにあるBefore and Now。


店内は閑散としてるのに店員が7名もいる謎。しかも全員野郎というむさ苦しさ。硬派がウリのバーなのか。メニューは豊富で、カクテルだけでも25種類もある。それも美味いんだ。学生時代によく飲んだJager Mojitoがこんなところで飲めるとは思っていなかったので頼んだんだが、ミントとライムがガッサリ入ってもう最高。途中、絡んできたオーストラリア人に同席させてもらい、素晴らしい時間を過ごすことができた。


続いてレロイ通りを北上。明日のミーソン遺跡ツアーの申し込みをしにシンツアリストに行かねばならぬのだが、またも良い感じのバーを見つけてしまい、入店。The Little Menu

ひだり みぎ
柔らかい色使いで落ち着く内装で、壁ぎっしりにオイルペインティングが展示されていてアーティスティック。

ひだり みぎ
ここはオリジナルカクテルのメニューが豊富。Ancient Hoian(左)はバカルディに自家製のパイナップルシロップ、パッションフルーツジュースのカクテル。Pure nature(右)はウォッカベースでライムにキンカン、ジンジャーレモングラスのシロップ、ミントの葉など色々突っ込んでいる。Pure Natureの方がいろいろ手が込んでるし、自分の口には合ったかな。ついつい寄り道しすぎてしまったが、もう十分に飲んだので、これにてバー巡りを終えて、シンツアリストへと向かう。

ベトナム各地に出るオープンバスを待つ旅行者たちでごった返す夜のシンツアリスト。

ツアー代金VND99,000って、さっき飲んだカクテル1杯の値段より安いじゃないっすか…


一日ぶっ通しで観光し、食って飲んでツアー申し込んで、後はホテルに戻るだけだ…と思ったのだが、シンツアリスト傍のローカル食堂で〆のラオカイを食べることに。今日3杯目のラオカイ、食堂楽万歳。


中華系のおばちゃんが必死に店頭で客引きしてるのに誰も引っかっていないので地雷臭がしたが…やっぱり上手い!揚げワンタンと違って麺類のラオカイはどこで食っても外れが無い。僅か150円程度の晩餐に舌鼓を打っていると、シンガポール旅行を経てホイアンに着いたばかりという日本人がバックパックを担いで店に入ってきた。こんな場末のローカル食堂で日本人と遭遇するとは思ってもいなかった。凄く童顔だったので学生の方かと思いきや、まさかのほぼ同年代。自由な一人旅を謳歌されているそうで羨ましい。旅先での出会いって良いですね。そんな生き方もあるんだなー、と教えられました。



Booking.com

【2014年ホイアン・ダナン旅行記】




















Related posts(関連記事):

CX766 SGN⇒HKGにB777-300(77H)が降臨した
えっ、330-300が定番のホーチミン⇒香港にまさかのB777-300(77H)降臨。飛行時間2時間半程度のフライトにシラスは勿体ない気もしたが、飛行距離1200マイル以下の片道のビジネスへのアップグレードは12,500マイルと高くもないので、勢いでMクラスからポチっといてみる。 さて、出発前夜は日式カラオケでウィスキーを浴びるように飲み、意識が朦朧とする中をタンソンニャット国際空港へと向か...
陸路国境越え(ベトナム⇒カンボジア)
さて、急な思い付きによって決定した二泊三日のカンボジア旅行。出発地点はホーチミン市のバックパッカー街・デタム通りにある旅行代理店のシンカフェだ。同社は近隣都市各地へのツアーバスの手配、各国ビザの取得代理、両替などの業務を行うが、カフェは供されていない模様。出発は06:30で、遅くとも06:15にはシンカフェでバスのチェックインを済ませるよう厳命されていた為に、眠い目を擦りながら少し早めにデタム通り...
バオダイ宮殿で古き良きインドシナに思いを馳せる
タイトルにあるバオダイとは、ベトナム最後の皇帝としてベトナム史に名を馳せる歴史的有名人だ。バオダイを漢字で表記すると保大(やすひろ!?)となり、何だか一気に妙な親近感が湧いてくる。 ここで、保大さんの波乱万丈なキャリアを振り返ってみよう。時は1913年、当時のベトナムの王朝である阮朝の皇子のボンボン息子として生まれ、幼少期~青年期を宗主国のフランスで過ごすも、戦時の動乱期に反仏クーデターを発...
戦略家ホーおじさんの戦術が学べる(!?)作戦博物館
歴史博物館でベトナム近代史に入るまでの流れを学んだ後は、ホーチミン作戦博物館で現代史の学習です。場所はサイゴン動植物園の門から道を一本渡った先の右手、徒歩1分のところにあります。 館内には1975年3月から始まった軍事攻勢~サイゴン陥落に至る最終軍事作戦の図解や展示物が並べられているそうだ。軍事攻勢の流れとしては、75年3月からベトナム人民軍・南ベトナム解放民族戦線軍によって矢継ぎ早に下記4...

コメント

  1. […] 食堂で日本人と遭遇するとは思ってもいなかったのです。 [引用元] ホイアンで食べ歩き飲み歩き(モーニング・グローリー・シークレットガーデン) | World Travelog- 海外生活・旅行日記 […]