チェンマイの激安日本食@ごはん亭

文化芸術センターで紹介されていたチャーンプアク門を目指して旧市街の北の端に向かう途中、「ごはん亭」と書かれた暖簾や赤提灯、そして何故か鯉幟が下がる何とも怪しい料理屋を発見。

とりあえず日本を連想させる飾り物をテキトーに並べてみました的な感じがしてしまうのだが、巷の日本食ブームにあやかって物は試しと始められた似非日本食屋だろうか。多分レストランの名前も自分で発案したのではなく、「ごはん亭」と書かれた暖簾が手に入ったから成り行きでごはん亭にしたのではないかと、余計な所まで勘ぐってしまう。門構えだけで経営者は日本人でないと断言出来てしまうが、メーサイの日本食堂では縁が無くて和食を食い逃して残念な思いもしたので、いっちょ入ってみることに。

ひだり みぎ
疑心暗鬼になりながらも入店し、ファンの風が良く当たる出入り口に一番近い机に着席。メニューが無かったので、壁に展示されている料理の写真の中からヒレカツっぽい揚げ物の定食を指差し注文する。ウェイターは寡黙なタイ人のオッサンで、厨房から出たり入ったりと忙しそう。ウェイター兼シェフなのだろうか。

すると、タイ人カップル2組が入店し、厨房から出てきたおっさんがカップルにメニューを渡す。あんのかよーメニューー。私は常連だと思われたのか知らんが、あるなら私にもはじめに出してくれよーー。

既に定食を注文してしまっているので後の祭りだが、参考までにメニューを拝見。中学生の提出用課題かのように、クリアファイルにガッサリと纏められている。

ひだり みぎ
なんだこれ!凄い安い!

ひだり みぎ
海外の日本食屋って似非も含めて基本は高級路線で攻めるのが定石となっているようだが、ここは真逆の超低価格路線を行っていて凄い。タイ人のタイ人によるタイ人の為の日本食堂なのだろうか、そういや入ってくる客は皆タイ人。もちろん厨房の奥で腕を振るうのも日本人の板前さんではなく、褐色の肌をしたタイ人だ。放映されているテレビも勿論タイのドラマ。何だか日本人が来ることは想定されていないような雰囲気で、日本食屋なのにアウェー感を感じてしまう。

ひだり みぎ
ちゃんと文字のメニューもありました。天婦羅蕎麦、トンカツ蕎麦など、蕎麦、うどん類は一律50バーツ。ラーメンもあるようだが、ラーメンは流石に地雷臭がする。他にも丼ものやカレー、寿司、手巻き、焼き鳥や枝豆などのツマミ系の単品もかなり豊富にメニューが取り揃えられている。でも安さには理由があるだろうからなぁ。


注文から10分程、家庭料理のような定食がやってきた。メインに日本の白米、味噌汁、もずくサラダとスイカ2切れというラインナップ、これで100バーツだ。多分ヒレカツだろうとこちらの揚げ物を頼んだのだが、揚げ物の正体はヒレカツではなく、イカだった。イカフライ。写真だけじゃ揚げ物の中身まで把握することはできなかった

それでもまぁ食べれるのは食べられる。タイ米じゃないし、衣もまぁサクサク。味噌汁も中国の似非和食料理屋よりは薄められておらず、普通にオイシイ。これで100バーツならB級グルメとして全然アリだと思う、100バーツなら。後は他のメニューだな。天丼・かつ丼・牛丼が50バーツ(150円)っていうレトルトより安いお値段が衝撃で、ネタとして是が非でも試してみたくなる。逆に価格バランス的には高くて牛丼などと同じ値段のおにぎりやお茶漬けなんかもどんなんだか気になってくる。また腹が減ったら来てみよう。

夜、再訪。提灯もちゃんと光ってます。

が、残念。外の机までびっしりで空席無しよ、と。やっぱりこれだけのコスパなんで、繁盛してるんですね。ただ、食欲ではなく好奇心につられて再訪しているので、待ってまで食べたいとは思わない。また別の機会に来てみるか。



Booking.com

【2014年チェンマイ旅行記】














Related posts(関連記事):

ワット・チャーンローム(カムペーンペット)
次はスコータイ朝後期~アユタヤ朝前期に建てられた“ワット・チャーンロム”へ。スコータイやシーサッチャナーライにも同じ名前の象に囲まれた寺院があったが、ここのワット・チャーンロームも同じような構造になっているようだ。 遺跡がある小高い丘に着くと、まずはその大きさに驚かされる。須弥壇の奥に一辺30メートルはあろうかという正方形の基壇があり、そこから半身を出す無数の象たちの姿が見える。当地の支...
アユタヤに残る日本人町跡
チャオプラヤー川によって海洋と結ばれたアユタヤは、16~17世紀、中国や近隣アジア諸国の他、東インド会社を展開したオランダやイギリス、フランス、ポルトガルなど世界中の40もの国々の商人が集まる国際都市として栄華を極めていた。アユタヤ王は外国人に住居を与え、自治権を認められた独自の街を造成することを許可。言ってみりゃ租界地だ。こうしてできた外国人町の一つが日本人町。1610~30年の最盛期には、御朱...
レンタバイクで世界遺産ワットポーへと日帰り旅行
さー、やってきた。初ラオス。バスターミナルでトゥクトゥクに拾われホテルに投宿。荷物だけおいて紹介されたLao Chaleun Hotelの悪徳レンタバイク屋で借りたカブでワットポーを目指す。 パクセーからチャンパーサック郡にある世界遺産ワットプー遺跡までの距離は約60km。かつてはメコン川を渡し船で越えねば辿り着けないアクセスの悪い陸の孤島だったが、2000年にメコン川に架かるラオ日本大...
巨大な黄金坐仏が鎮座する プラ・モンコン・ボピット
白と深紅に彩どられた三角屋根の面白い建物物を発見。観光マップを見ると、高さ12.45メートル(台座を含めると16.95m)、幅9.55メートルというタイ最大の青銅仏であるプラ・モンコン・ボピット仏を本尊とする現役の寺院となっている。変な名前がが、「モンコン」は「吉祥」、「ボピット」は「清浄」をそれぞれタイ語で意味し、吉祥で清浄なモンコン・ボピット仏が収められているので、プラ(寺)・モンコン・ボピッ...