No more レッドアイCX710(SIN→HKG)とチャンギ国際空港

本日は個人的に相性が良いのかインボラ率が傑出して高い神便Airbus343のCX710でシンガポールから香港に移動、打合せ後にマルコポーロホテルに宿泊して明日はCX500で成田へと向かう。昔はCX714(無いよ)とかいうフライト時間4時間1弱の眼の隈便でSIN-HKGを移動して香港入りしたその足でレッドアイでスーツケース転がして打合せにいって。「○○さん、目が凹んでます」なんて言われたりしてたが、あれは本当に“無い”。肉体的精神的負荷が多すぎるので禁じ手として、最近はもっぱら午前便での移動としている。

朝のシンガポール・チャンギ国際空港。世界242都市とを繋ぐ言わずと知れた世界を代表するハブ空港で、1210万人の旅行客を対象に行ったアンケート調査の結果を元に決定された昨年2013年の
世界空港ランキングでは見事首位に輝いている。
DSC_6304
流石に世界一の空港だけあって各航空会社の自社ラウンジも多い。いつもはスカイビューラウンジを利用しているが、今回はちょっとひねってキャセイと同じくワンワールドのカンタス航空ラウンジへと向かってみるも、残念ながらクローズ。営業時間は14:30-23:00となっている。お次にブリティッシュエアウェイズのラウンジに特攻するも、こちらも同じく営業時間14:30-23:00となっていて敢え無く撃沈。


しゃーなくいつものスカイビューラウンジへ。

ひだり みぎ
さて、ここからは過去画像も引っ張りながらチャンギ空港やスカイビューラウンジの紹介を。こちらは深夜便が飛ぶ航空会社も利用していることから24時間営業なので、いかにもSINタッチ空港宿泊してそうな修行僧オーラをまとった高僧の姿も見かけることがある。雰囲気はいかにもCXがデザインしましたよ、といった感じ丸出し。

DSC_6294
地味な二階席へと続く。

DSC_6296
二階は夜中になると掃除でクローズとなり強制退去させられる。睡眠を妨げられぬよう、このラウンジで寝泊まりをする修行僧は一階で席を取っていた方がよいだろう。

DSC_6288
一推し席はラウンジ入って右側の滑走路に面した席。右側は余り人も入ってこないので静かで良し。

DSC_6299
二階にはシャワーもあるが、シャワーブースや清掃員の数が限りなく少なくので中々使うことができない。

食事はキャセイラウンジに慣れていると物足りなく感じてしまうが、まぁ最低限腹を満たすことができるレベルではある。
ひだり みぎ
晩食ホットミールはローストビーフにダイスポテト、ニンジン&グリーンピーサラダ。その他サンドイッチやフルーツ、サラダに菓子物類などの軽食も揃っている。

DSC_6292
そう、シンガポールらしくサテーもあり。

ひだり みぎ
こちらは朝飯。まぁこんなものでしょう。

続いてチャンギ空港の様子。年間5000万人超が利用するだけあって巨大で、普通の免税店や飲食店だけでなく、ターミナル3にはプールや映画館もあったりもする。
ひだり みぎ

ひだり みぎ
シンガポールを時期によってはホテル価格が高騰するからか、バックパックを枕にして爆睡する空港宿泊組みも多数。

DSC_6281
24時間営業のフードコート横にはこんな横になれちゃう無料の快眠コーナーも。

DSC_6306
相手の会社を知りたければトイレを見れば分かる!なんてどこかのメーカーの監査科の方が仰っていましたが、世界一の空港はトイレの隅々まで抜かりなく綺麗にしてあります。「グッドモーニング 我々のトイレを評してください。」とあったので、清掃員のViswanatanさんにExcellentの一票を投じる。

DSC_6275
こちらはトランジットのチェックインカウンター。24時間オープンなので、深夜便で到着→空港チェックイン後空港泊→早朝便という流れでも空港外に出る必要なし。

さて、本日は出発2時間前に余裕をもってチェックイン。航空券ではエコノミークラスの31Cとなっていたが、搭乗してびっくり、プレエコ席がアサインされていた。毎度ありがとうCX710。
DSC_63181
搭乗券では一般エコ席扱いだし31Cなんてエコ席の最前列っぽい番号だったので座席変更に気付かなかった。

DSC_6310
エアバス343。

DSC_6313
定刻通り出発。離陸して暫くすると巨人の長野のような爽やかCA兄がエビアン数本を両手に抱えて消えていった。後ほどトイレに行った際に確認したところ、エコノミー最前列39C(私が座る予定だった席の隣)でふんぞり返って爆睡する巨漢白人男のシートポケットにエビアンをこっそり忍ばせていた。ダイヤモンドの隣席ブロックではじき出された私がアップグレードされたのだろうか分からんが、マイルストーンアップグレードを貰えるような心当たりも無いので、巨漢ダイヤモンドと他数名のDMを差し置いて私がアップグレードされる理由が分からない。フルブッキングという訳でも無かったし…日頃の行いかな。

DSC_6311
機内食は朝食スタイルでオムレツかお粥の二択。朝のオムレツは意外と嫌いじゃない。前はソーセージがついていたと思ったが、今回はベーコンがオムレツの下に隠れている。

ひだり みぎ
チャンギ空港を出た飛行機は台北でも目指しているのかという方角に飛んでいき、香港直前でダルビッシュのスライダーばりの角度で西にえぐって香港着。無事に打合せも終わり、マルコポーロホテルにチェックイン。来年からは東南アジアのホテル宿泊記も残していこうかなぁ。

Related posts(関連記事):

搭乗記 TAPポルトガル航空 国内線E190エコノミー ポルト⇒リスボン
今日はポルトのインターコンチネンタルからリスボンのインターコンチネンタルへと都市を跨いだ引越しday。 ポルト⇔リスボン間は320kmと、東京⇔名古屋間程度の距離。バスや鉄道など陸路の移動手段も充実していますが、変態フライヤーのはしくれとして今回は飛行機で移動することに。 ポルト市内からバスで空港へ 08:00発のフライトへの搭乗に間に合わせるべく、陽の上がらぬうちから出発...
週末バンコクの前の試練~隣人は肥満体~
5月某週末、仕事付き合いのゴルフ目的でバンコクへ。 今回の週末バンコクは以前から気になっていたルネッサンスとタイ王室御用達の老舗デュシタニ・バンコクに泊まってみることにした。 金曜日:厦門発CX5619から17:05香港発のCX703に乗り継ぎバンコクへ⇒ルネッサンスへ移動 土曜日:一日リフレッシュ⇒夜デュシタニへ移動 日曜日:朝一からゴルフ⇒18:50発のCX702で香港へ と...
広州⇔バンコク 南方航空修行 エールフランス・KLMスカイラウンジ@バンコク
この週末も広州に滞在することになっていたので、どうせならさくっと近隣諸国への週末旅行に出かけてみよう…ということで中国南方航空のサイトで運賃検索をかけてみると、この週末はバンコクが安かった。ということで即決即断でポチッと発券。ちょっと行き当たりばったりすぎる感があるが、お値段重視でバンコクまで飛んでみることに。 CZ363 広州⇒バンコク この土曜日に広州からバンコクに飛ぶ飛行機は合計15本。...
キャセイパシフィックのバンコク新ラウンジ
バンコク出張を終え、いつものキャセイで香港へと戻る。残る楽しみは今年6月にスワンナプーム国際空港にオープンしたキャセイパシフィックのラウンジだ。 ラウンジを堪能する為に余裕を持ってフライト3時間前に空港に来たところ、チェックインカウンターがカオス混み。 バンコク以遠便であるシンガポール行きCX713のチェックイン時間と被ったからだろうか、カウンターの数も十分あるのに列を捌ききれていない...