シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CX719→ブロックM→CX718


ジャカルタで親しくさせて頂いていた方が急な人事異動で日本へ帰任されることになった。ショートノーティスだった為に十分な時間が確保できなかったが、せめて夜だけでもと無理やり時間をねじ込んでジャカルタへと向かう。CX719でジャカルタ入り、翌朝のCX718で香港へ折り返しという完全に飲み目的だけの出張だ。

CX719は16:05香港発20:00ジャカルタ着。打合せを終えエアポートエクスプレスにて空港入り。空港で帰任土産(=戦地インドネシアからの生還祝い)を調達した後はBridgeでシャワーを浴び、さっぱりしてからゲート64へと向かう。CX719はいつも空席がちだが今回は特に醜く、パッと見100人ちょいくらいしか搭乗口に集まっていない。


空席が目立つ機内のエコノミーの最前列。皆さん足を上げる高さでも競っているかのように見事な“壁への足あげ”を披露されていて、逆に足を壁に上げていない方が異常なのではと思い始める。こう思ってしまうところが右に倣え大好きなニッポン人。


壁に貼られたポストイット。イブラヒモビッチを女にしてムッチリ巨乳にさせて少しアラブテイストを加えた感じのCAが壁の至る所にペタペタと貼っていたが、書き殴りの汚い文字が暗号のようで解読できず。


飛行機は8時ちょい前にスカルノハッタ空港に到着。イミグレには今日も糞みたいな長蛇の列。20分かけて入国手続きを終え、追いすがる荷物持ちのポーターやタクシーの客引きを振り払って事前手配してもらっていた車に乗り込み、いざ約束の地ブロックMへと直行。今回帰任される方とはブロックMとコタの“俺の餃子”→“球場”コースを繰り返してきて、順当であれば今回はコタコースだったのだが、今回は最後で盛大にやりたいし球場がナイフ沙汰か何かでクローズになっているとのことで、ブロックMを指定される。


有名人でも出てくるのか警備員がいつもより多く配員されていて、ただでさえ気味の悪い夜のスカルノハッタ空港が物々しい雰囲気に包まれている。あぁヤダヤダ。


醜い渋滞にはまりブロックM到着は10時前。1993年創業の老舗日本食屋・キラキラ銀座にて客先と合流。後で知ったのだが、地味にJALと提携しているようで、ここでの会計は30000ルピア(≒300円)で1JALマイルが貯まるそうだ。 JAL公式サイトの案内

ひだり みぎ
続いて日本人向け中華料理が食べられる空海へと移動、氷点下ビールと“バクハイ”を浴びるように飲まされ死亡。その後は空海の前のカラオケ店ジャワジャワとチャンティックトーキョーをハシゴして2時にはお開きでホテルまで送ってもらったそうだが、3年ぶり2度目のメモリ不良で記憶が飛ぶ。相手方も途中でブラックアウトしたそうだ。

DSC_3669

ひだり みぎ
インドネシア人にしか見えない日本人経営のジャワジャワ内部。
ジャワジャワで係員に頼んで外からたこ焼きを買ってきてもらった際にチップを大盤振る舞いしたところまでは覚えているんだがなぁ…気付いたらホテルのモーニングコールで起こされた。帰任の別れの最後をお互いに覚えてないという…まぁまた日本でも会えるしな。5年間お疲れ様でした!

Related posts (関連記事):

快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街・ホーチミン市へ
週末休暇を利用した弾丸ダラット観光の旅程も全て消化し、ダラット空港へと向かわねばならぬ時間がやってきた。どんな旅にも終わりはあるとは分かっていても、これだけ快適な避暑地・ダラットから混沌とした雑踏の街...
ジャカルタ海洋博物館とコタのスラム街
客先との約束時間までの暇潰しとして、オランダ統治時代の面影が色濃く残るコタ一帯を探索してみようと思う。観光地化されたバタビア時代の建物が多く残るファタヒラ広場一帯を離れ、かつてバタビアの表玄関として栄...
着きごこち、さわやか! 深夜便CX524で日本へ帰還
日本から不測の緊急招集がかかったため、広州での仕事を切り上げてマルコに電話。ダイヤモンドの座席保証ベネフィットの威力も及ばない当日アタックとなってしまったが、余裕のよっちゃんでCX524の座席確保に成...
ディエン高原の不思議なカルデラ湖
神々の聖所・ディエン高原には火山活動により地盤がなべ状に陥没して形成されたカルデラ湖や池が多く点在し、中には湖面の色が七変化する不思議な湖もあるらしい。 その名もワルナ湖。ワルナとは『色』の意味で、...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする