チェンラーイの街をぶらぶら→寺院いろいろ

さて、お次はチェンラーイ市内きっての観光名所であるワット・プラケオに向かう。チェンラーイはランナー王国の首都だった古都もあり、ランナー建築の仏教寺院や庭園が町の至る所に点在している風情あり歴史薫る古都なのだ。お寺ごときが町の見どころなんてどうなのよ?とも思うが、きっとそれだけ旅行者を引き付ける魅力溢れる寺院に違いない。メンラーイ王の像からは1Km近くありそうだが、今日は街歩き以外の目的が無いのでぶらぶらと時間をかけて歩いて行くことに。


先ず、メンラーイ王像近くの個人経営の衣服店の大安セールに度肝を抜かれる。幾らで仕入れてるんだか、20Bって60円とかそこらですよ!セカンドハンドの古着専門のようだが、何故かオリックスのファン感謝祭の参加者に配布されたのであろう記念Tシャツや、どこどこ野球部のアンダーシャツなどが売られていて、ご丁寧に鈴木とか名前入りだったりする。「貧しい難民に衣服の援助を」的な流れで寄付された服なんじゃないかと思うのだが、元の所有者はまさかこんなところで20Bで売られているとは思いもしないだろう。

続いて、道の途中で発見したWat・Sriboonruangと書かれた寺院をチェック。

観光マップには載っていない無名寺院だが、威風堂々と建つ本堂の造りは中々のモノ。

ひだり みぎ
どうですかこの精巧な派風。芸術でしょう。ダイヤモンド社さん、来年度の○球の歩き方に是非!


入り口に立つすっきりとした顔立ちの像も特徴があり、最近の高校球児が如く凄く手入れされた眉毛に口髭、オシャレなパンツが目を引く。これがランナースタイルか。

ひだり みぎ

ひだり みぎ高ーい天井が開放感があって気持ち良い。地図に載るに値する立派な寺院だと思うんだがなぁ。


続いて更に西に進む。チェンラーイは市街地でもこんな大木が多く、散歩していて心が洗われる気分になる。寺院も数百年の歴史があるが、これらの木も街の歴史を感じさせてくれて古都・チェンラーイの雰囲気作りに大いに貢献している。


続いて見えてきたのは14世紀に建立されたとさせる格式高しワット・プラシン。どこかで聞いたことがある名前だと思っていたらチェンマイのワット・プラシンと姉妹の寺院だそうで、チェンマイの仏像のレプリカがこちらに安置されてるそうだ。流石ランナー朝の王都として栄えた歴史ある街だけあって、ラスボスのワットプラケオに辿り着く前に次々と歴史ある寺院たちが姿を現してくる。

ひだり みぎ
おっ、袈裟をまとった像がこっちにケツ向けて(寺院側を向いて)立っている。

ひだり みぎ
ワット・プラシンの「シン」はシンハービールの「シンハー」と同じで獅子を意味するのだろう。本堂の前には首輪を付けた二体の獅子の像が嬉しそうに吠えている。

ひだり みぎ
本堂内では漫画化(!?)された仏教神話を楽しむことができるので、タイ語の説明書きが分からずとも何となくの雰囲気で楽しむことができる。


存在感ある大菩樹。

ひだり みぎ
大菩樹をぐるりと囲むように各誕生日ごとの守護神が並んでいる。

ひだり みぎ

ひだり みぎ


もう寺院はお腹一杯だが、せっかくなのでやっぱり最後にワット・プラケオも見ることに。15世紀に建立されたワット・プラケオは、バンコクのワット・プラケオの本尊・エメラルド仏が安置されていた由緒ある寺院で、1990年に国王の御母堂90歳の誕生日の祝い品として造られた翡翠を彫ったレプリカが収められているそうだ。翡翠って水晶クラスでしょう、エメラルドは宝石よ。レプリカと聞いて期待値は下がるも、まぁせっかくここまで来たんでね。疲れた足を引きずって拝みに行きます。

ひだり みぎ
境内に入って先ず見えてきたのはこの御堂。こいつは翡翠じゃねえよなぁ。

ひだり みぎ
こいつらでもないだろうしなぁ。


これだな!多くの白人旅行者がカメラをパシャパシャいわせてる!間違いなくこれだ!


やっと見つけた。この翡翠はカナダ産のものを北京で加工したもので、高さは65.9cmとバンコクのオリジナルと同等の大きさとのこと。………ふーん、で、何?なんて思っちゃだめなのかなぁ。タイ人は凄く熱心に額を床に打ち付けんばかりに祈ってるし、きっと凄いものに違いない。ガイドブックでも一推しされてるくらいだし。良いもの拝めたと思って帰りましょう。

ひだり みぎ
何かこのライトアップの色が下品で徳を落としてる気がするんだよなー。

ひだり みぎ
他にもランナー・タイ様式のチェディがあったり亀がいたりと見どころはあるんですがね、今日はワット・ローン・クンを合わせると既に4か所目の寺院となったので、有難味が薄れてきているというか…。ここいらでホテルに戻り、シャワーを浴びてからナイトマーケットへと向かいます。

【ワット・プラシン】
開放時間:06:00-19:00

【ワット・プラケオ】
開放時間:06:00-18:00

Related posts(関連記事):

戦場に架ける橋とチョンカイの切り通し
映画「戦場にかける橋」 映画ファンならずとも一度はその名前を聞いたことがあるという不朽の名作クラシック映画である。 [youtube]https://www.youtube.com/watch?v=83bmsluWHZc[/youtube] 名前は聞いたことがなくても、本作の代名詞とも呼べる主題歌「クワイ河マーチ」は耳にしたことがあるだろう。あの、「サル、ゴリラ、チンパンジー♪」でお馴染...
熱気渦巻くチェンマイのナイトマーケット
宿泊先ホテルの足下を南北に伸びるチャンクラン通り。昼間は比較的静かで地味な通りだが、夕方6時くらいになると本性を現しだし、1本道の両側にびっしりと並んだ熱気渦巻く露店街の周りは夜な夜な観光客で溢れかえる。地元のアーティストの手工芸品や山岳民族による色鮮やかなテキスタイル、木彫品、銀製品、漆器、セラドン焼きや絹、衣料品など雑多な露店に、各国料理やBQグルメ屋台、屋台風簡易バーなどなど…タイ政府観光庁...
スワンナプーム国際空港のエバー航空ビジネスクラスラウンジが凄かった
この日はタイ国際航空でバンコクから香港へとひとっ飛び。二時間ちょいの空の旅を満喫して参ります。 空港に着いてチェックイン。TGのビジネスクラスだとチェックイン後にそのまま専用の保安検査場と出国検査場を使ってサクッと制限エリアに移動できるのがありがたい。 *タイ国際航空の公式ウェブサイトから画像を拝借。 このようにカウンターAでチェックインをした後、直ぐに専用レーンを使って出...
チェンラーイの街をぶらぶら→山岳民族博物館へ
ワット・ローン・クン横の幹線道路でピックアップしてくれてソンテオのおっちゃんに促され降ろされた先は旧バスステーションか。料金が分からなかったので20B札1枚を渡すと親指立ててグーッのポーズが返ってきた。一人っきりの貸し切り運行だったが、どうやら20Bで足りたようだ。 この街、ごっちゃごちゃしてんなーというのが第一印象。タイ北部の片田舎でもっと長閑で閑静な街かと思っていたが、結構ごみごみ...