KA296 HAN→HKGと散々なノイバイ空港

私が頻繁に利用する便の一つがKA296。ドラゴン航空ハノイ発香港行の午前便、マイル数片道522マイルの超短距離路線である。

ハノイは曲がりなりにも一国の首都。ベトナム共産党の威信を賭けた立派な空港が建てられているのかと思いきや、ハノイ・ノイバイ空港は残念の極み。特に、ビジネスラウンジは小生が知る世界の数あるラウンジの中でも最悪かと思われる。それもダントツで。

DSC_4989
ああ、空港に着く前から嫌になる。

ひだり みぎ
非効率なチェックイン手続とお見送り大好きな国民性により空港はこの人だかり。


早めにチェックインして仕事でもしようと急ぎ足で出発ロビー二階にあるビジネスラウンジへと向かう。もちろんエスカレーターなんてものは動いておらず、スーツケースを担いで階段を登る羽目に。毎度毎度のことなのでもう慣れた。


キャセイ(ドラゴン空港)はこちらのベトナム航空のラウンジを利用可能。颯爽と駆け込んだはいいが、入った途端に猛烈な暑さ。エアコンが壊れているようだ。ちなみにラウンジの外はちゃんとエアコンが機能していて涼しい。どう考えても逆だろうが!でもベトナムでは常識は通用しないようで、大体夏の期間は3回に1回の確率でラウンジがサウナになっている。


とにかく暑い。暑すぎる。しかもよりによって窓には一面のグラスウォールが脹れれていて、ラウンジそのものがビニールハウス状態。まぁでも仕事をせんとなと汗をぬぐってパソコンを開く。と、今度はwifiも落ちてる。余りにも居心地が悪く何もできないもんだから他の客もご立腹、スタッフは他の利用客からのクレーム処理に追われている。何度も見た光景。いったい直す気があるのだろうかと疑ってしまう。

「私は分からないけど、きっとすぐ直ります(棒読み)」という無責任な言葉があちこちで聞かれ、たまーに直っては落ちまた直っては落ちが繰り返される。その度に一喜一憂、歓声を上げたり怒声を上げたりと感情の起伏が激しい白人ビジネスマンたち。

私もダメもとで係員に尋ねている。
私「毎回毎回クーラー壊れてるし、WIFIもいつも使えないんですが」
VN姉「シグナルはありますよ」
私「いやシグナルあってもネットに繋がらないんですよ。毎回。」
VN姉「それは私も分かりません」
・・・・
「私知りません」という素知らぬ顔をしながらスタッフは聞こえぬフリしてどっかに消えていってしまう。マネージャーにでも聞きにいくもんかと思って視線で追っているとそうでもなく、普通にシレーっと端っこに移動して壁際に突っ立っているだけ。あなた達のお仕事は何でしょうかね!他にも沢山「暑い暑い」と文句を言う人が続出している中でスタッフは皆聞かぬ振り。私には何もできませんよーという感じで反応もしようとしない。

ひだり みぎ
一応ラウンジだけあって軽食は容易されているが、うだる暑さで食べる気も起きない。外より不快なビジネスクラスラウンジなんて滅多にあるもんじゃないぞ!


結局ネットも駄目エアコンも駄目の状態が続いたので、向かい側のレストランへと向かう。その名もノイバイ国際レストラン…
私「そこのラウンジのネットが繋がらなくて。こちらはwifiありますか」
VN姉「ええ、ありますよ、まあまずは中へどうぞ」

まずは携帯でネットワークを探してみるも、カフェのWIFIらしきシグナルは見当たらない…なんだか悪い予感が…

私「どのwifiネットワークに繋げば良いのでしょうか」
VN姉「ああ、これです」(と携帯を操作してくれる)

っておい、これベトナム航空ラウンジのwifiじゃないですか…
あのな、そこのラウンジのWIFI壊れてたからここに来たって言わなかったか、私???

私「あのさ、ラウンジのwifiが壊れてるって言ったじゃない?」
VN姉「パスワード入れれば使えますよ。」(と言ってパスワードを入力してくれる)

って、他社ラウンジのパスワードを一般客に教えて商売してんのよ…

私「いや、パスワードも知ってるし、今そのラウンジから出てきた所だから。とにかくネットにつながらないんだよ」

VN姉「パスワード入れたら使えるようになりますよ」

私「あのなぁ、私さっきそこのラウンジから来たんだって言ったでしょ。皆さん繋がらなかったんだよ。」

VN姉「えぇ!?」

私「あなたそれでここのwifiがあるって言ったじゃない?」

VN姉「ベトナム航空のやつがありますよ」

私「いや、だからそれはそこのラウンジのやつでしょ。」

VN姉「えぇ!?」

…えぇ!?じゃねえよ…ホント毎度腹立つ、こういう堂々巡りの押し問答。早くラウンジののクーラーとwifiを直してくださいお願いしますから。

Related posts(関連記事):

JL720 ジャカルター成田 スカイスイート767 ビジネスクラス搭乗記
ジャカルタからの帰国はJL720のスカイスイート767で。朝04:30にホテル出発し、ジャカルタ名物・暴走狂ドライバーによる荒~い運転で夜闇に包まれたスカルノハッタ航空へと移動する。 空港到着後の荷物検査を経てC客専用のプレミアラウンジ直通プライオリティチェックインカウンターへ。 しかし、JALはプライオリティカウンターが使えないとのことで敢え無く撃退され、せっかく空港の端っこまで来た...
【遅延祭り】中国南方航空 上海虹橋ー広州 最新B787-9ビジネスクラス搭乗記
この日は中国の東の都・上海を離れて南の都は広州へ。 座席は事前指定済。機材が77Wだったので窓側席13Aで。 と、ここで遅延のお知らせが携帯へ入って出鼻をくじかれる。15:50発の便が18:15に変更になったと。しかし、ちょうど滞在先を出て空港に向かう車に乗り込んだところだった為、構わずに空港へ。これがこの日の悪夢の序章になるとは露知らず。 いつもの上海虹橋空港で...
バイタクで赤ザオ族の住まう村落へ!
ホテルでアーリーチェックインを済ませた後は、休む暇も惜しんで街探索へと繰り出すことにした。 サパの町はこじんまりとしていて、30-40分もあればゆうに一周できてしまうほどの規模で、サパ市場を中心とした半径数百メートルの範囲にホテルやレストラン、ツアー会社などが密集している。首都ハノイからは376km離れた中国国境近くの標高1,600メートルの山岳地帯にあるこの小都市への訪問客のお目当ては市内観光で...
JAL201 羽田ー中部(名古屋)クラスJ搭乗記
羽田空港内の簡易宿泊施設・ファーストキャビンで夜を明かし、08:05発のJAL201便で名古屋へと向かう。JALが拠点とする第一ターミナルの一階にありフライト出発のギリギリまで休めるファーストキャビンは本当に便利が良い。チェックアウトもルームキー等を返却するだけのあっさり手続きですし、国内線利用の場合は出発時間の1時間前までゆっくり寝てられますから。 目覚ましに一っ風呂浴びてからフライトの3...