サパで味わう少数民族料理

赤ザオ族の本拠地であるマーチャ村とタフィン村の訪問を終え、一旦市内へと戻って腹ごしらえタイムとする。

バーストリートに行けば洋食レストランも揃っているが、折角なのでサパ料理が食べたいもの。ここサパには特筆すべき名物料理は無いが、周辺の山々で収穫された新鮮な食材を使ったほっこり田舎料理は味わえそう。サパの市場では青々とした野菜山菜にもぎたて果物が並んでいるし、山々には田んぼのあぜ道を歩く牛を見かけること多々。とにかく素材が新鮮で、地産地消グルメの宝庫のようである。
ひだり みぎ
ホテル近くで見つけたLe Petit Geckoというレストラン。モン族をテーマにしたレストランだ。

ひだり みぎ
山小屋風インテリアが揃っていて、モン族の家庭で寛いでいる気分に浸ることができる。


可愛らしい御嬢さんが一人で店の切り盛りをしています。

ここでオーダーしたのはサパ特産のリンゴワイン=VND30,000、地場のラオカイビール=VND25,000、パイナップルジュース=VND25,000のドリンクに、サパ料理と紹介されていた山羊とレモングラス炒め=VND119,000。〆てVND199,000(≒800円)。他にもサパ特産アルコールとして米ワインやプラムワインなども供されている。

おっ、山羊はラム特有の臭みが余りないようで食べやすいではないか。中国雲南省との国境にも近いこの地域では、野菜と肉の炒め物や串焼きなどのシンプルな料理が主流だそう。クレソンだかセリのような山菜も炒め物として入っているが、これらの野菜を食べていると蚊に刺されなくなるとのことで、ベトナムでは伝統的に蚊よけ効果の為に食べられているそうだ。

ここの番頭姐さんと談笑していると、近くにザオ族が運営するレストランがあるとのことで、続いて足を運んでみる。Red Dao House(赤ザオ族のお家)という分かりやすい名前の民族料理レストランだ。
ひだり みぎ
おお、こちらはウェイターウェイトレスも正真正銘の赤ザオ族さんのようで、スタッフの制服がザオ族の民族衣装になっています。

ひだり みぎ
へ~。立派な内装だ。


先程ランチを済ませたばかりなので、ここではドリンクとおススメスナックだけとする。ラオカイビール=VND35,000、マンゴージュース=VND40,000、フライドスィートポテト=60,000で、〆てVND135,000(≒600円弱)。このスウィートポテト、ほくほくした芋の食感と自然な甘みが上品なお味なのだが、味が薄いのでソースにつけて食べるそう。だが、ここで出されたソースはチリソース。クリームだとか甘い系の方が合うと思うのだが、郷に入れば郷に従えだ。赤ザオ族がチリソースで食べるならそれに従う他に仕方がない。赤ザオ族だけに赤いチリがお好みなのかは知らないが、チリソースにつけるとせっかくの上品な素材の味が消えてしまう。ミスマッチ感、大

ひだり みぎ
因みに赤ザオ族のお家とは言うものの、メニューには明らかに赤ザオ料理とは思えないものまで含まれていて豊富。牛に鶏に鴨、豚、鹿肉などの炒め物やシチューの他、サパ周辺で養殖されたサパサーモンや小エビを使った海鮮料理(!?)に麺や豆腐料理、カレー、スパゲティにペンネパスタ、ピザ、鍋物などごっつい豊富なメニューが用意されていて、食後のデザートもチョコレートムースやフレンチアイスなどが楽しめる。クックの赤ザオさんは欧米への留学経験者かなにかなのだろうか。

■Red Dao House
住所:Thac Bac St, Sapa Town
電話:0203-872927
営業時間:7時00分~22時00分


【夜食編】
ひだり みぎ
夜のバーストリート。規模は大きくないですが、酒以外にも旅行用品から土産物まで一通り何でも揃いますし、ベトナム料理から西洋料理まで食事処も十分にあり、野外にも香ばしい匂いを放つ焼き物の露店が出ています。露店のリヤカーには野菜、ジャガイモ、豚肉からヤギの肉、水牛の肉など、新鮮な具材が並んでいて見ているだけで涎が出る。


適当に飲み場をハシゴして歩いていると、観光客から地元民で賑わうLittle Sapaという良さげなレストランを発見し、昼に続き夜もサパ料理を攻めることに。


定番どころのフォーと焼き春巻き+タイガービール。Little Sapaと名乗りながらも、どちらかといえばベトナム定番料理と西洋料理がメインのレストランだったようでガッカリ。サパを味わうのであれば、外の屋台でビール片手に串ものをがっつく方が良いかもしれません。

Related posts(関連記事):

450年前の日本人商人のお墓(谷弥次郎兵衛、蕃二郎)
時は15世紀末、世界の覇者ポルトガル・スペインによる新世界「発見」を皮切りに大航海時代の幕が開き、世界は急速にその距離を縮め、東西様々な文化の「出会い」の機会が創出された。このような時代背景の中、極東の島国・日本にも南蛮船が到来、鉄砲やキリスト教などの海外文化が伝えられた。こうした“外世界”との接触は日本の為政者の視線を広く世界へ向かわせ、日本と海外との本格的な文化・経済の交流が始まった。殊に17...
旧市街中心地にひっそりと佇む伝統家屋・マーマイの家
ハノイの旧市街にある87マーマイの家は、19世紀ベトナムの伝統的な中華風木造家屋を修復保存している貴重な家である。住所は名称通り、マーマイ通り87番地。別にマーマイさんのお住まいというわけではなく、マーマイ通りにあるのでマーマイの家と名付けられたそうだ。このマーマイの家は、幅数メートル奥行き数十メートルという非常に細長い造りが特徴だ。ハノイの家々は横幅3メートルで奥行き70メートルみたいな日本で言...
タンソンニャット国際空港
もう何度目になるのか…今日から仕事でホーチミンに向かうこととなりました。今回はホーチミンの空の玄関口であるタンソンニャット国際空港はベトナムの商都ホーチミンの国際空港かよ!と疑ってしまう小規模なタンソンニャット国際空港のご案内。 タンソンニャット国際空港:ホーチミンの国際空港で、ベトナムのフラッグキャリアーであるVietnam Airlineのハブ空港となっています。市街中心部から北方約8k...
戦略家ホーおじさんの戦術が学べる(!?)作戦博物館
歴史博物館でベトナム近代史に入るまでの流れを学んだ後は、ホーチミン作戦博物館で現代史の学習です。場所はサイゴン動植物園の門から道を一本渡った先の右手、徒歩1分のところにあります。 館内には1975年3月から始まった軍事攻勢~サイゴン陥落に至る最終軍事作戦の図解や展示物が並べられているそうだ。軍事攻勢の流れとしては、75年3月からベトナム人民軍・南ベトナム解放民族戦線軍によって矢継ぎ早に下記4...