サガット氏の本拠地 ワット・ロカヤスタ

アユタヤ旅行記を続けてきているが、ここでちょっと一人の伝説的格闘家をご紹介したい。

誰もが子供の頃に一度は憧れた彼、そう…
sagat
サガット(สกัด)←ちゃんとタイ語名まであるwwwカプコン、グッジョブ!

タイ出身、身長213.5cmの巨漢でスキンヘッドと眼帯がトレードマークのこの男、長身を活かした長いリーチと得意技であるタイガーアッパーカットとタイガーショットを武器に世界で戦っていたこの彼が主戦場としていたのが、アユタヤのワット・ロカヤスタ前だったのだ。リングも無い中で行われる激しい格闘によって破壊されるリスクを負いながらも自国の世界遺産を各国にアピールしたサガット氏の功績は計り知れない。第一線を退かれた今はアユタヤの観光大使を務められているに違いない。

sf2
ほら!!!そもそもアユタヤに行こうと思ったのも世界遺産祭りというものの存在以上にサガットの存在が大きかったといっても過言ではない。幾つかの遺跡を周り、遂にかつてサガットが暴れ回ったワット・ロカヤスタに到達した。

ワット・ローカヤスターラーム 、通称ワット・ロカヤスタには後期アユタヤ王朝中期に建てられた全長28メートルの涅槃仏を復元した像が残されている。周囲に何もない広大な草原に悠々と 寝そべられるこの御姿は何ともシュールである。何となくリアルな感じもして、誰も見てない時などあくびしたり寝返り打ったりしてそう。
DSC_1373
ガイドブックの写真ではオレンジ色の袈裟を着られているが、本日はどうしたことか一糸まとわぬ御姿で横たわっていらっしゃる。

御尊顔。
DSC_1377
お体は煉瓦で形を作った後に漆喰で固めて造られているのだが、野ざらしにされている為か風化してしまい、ハワイ帰りのガングロかのようになってしまっている。ただ、何ともいえない優しげで穏やかな表情を眺めていると、現実をしばし忘れて心がやすらぐことを実感できる。涅槃像は釈迦が入滅する様子を表すそうだ。この像も右手を枕にし、頭を北に向けるいわゆる北枕で横たわっていて、まさに死の瞬間が表わされた厳粛な像なのである。悟りを開き、煩悩を断ち切れば、死に面してもこんなに澄み切った晴れやかな表情が出来るのだ。今の自分には到底できないだろう。

足の方へと移動。
DSC_1380
背筋ピンっ。非の打ちどころの無い圧巻の寝姿である。

DSC_1379
真っ青な南国の空に澄みきった空気のもと、真っ裸で長~い手足を悠々と伸ばして広大な草原の上に横たわる。あぁなんて気持ちが良さそうなんだろう。悲壮感の無い、“晴れやかな死”である。孔子の言葉に『十有五にして学に志す。 三十にして立つ。 四十にして惑わず。 五十にして天命を知る。 六十にして耳したがう。 七十にして心の欲する所に従って、 矩を踰えず。 』という示唆に富んだ一文があるが、きっと年を重ねれば死に対しても何に対しても動ずることのない不動の心を得ることができるのだろう。

DSC_1374
ここで、物売りの方々からの攻撃に合い、蓮の花と2cm四方ほどの金粉から成る参拝セットを買う事に。1セット20バーツ(約60円)だ。『20バーツだけ。お願い。買って下さい。』と涙ながらに訴えられるとどうも断れない。

DSC_1378
大きな釜に入った蝋をすくい…

DSC_1375
小さな涅槃像に垂らし、その上から金箔を張る。自分の体に悪いところがあれば、仏像の体の該当箇所に貼り付けると、患部が癒されるのだという。ミニ涅槃像は既に金箔でべったべただった。その後は参拝セットの売り手に手取り足取り教えてもらう。先ず、跪いて、花を持ちながら両手を胸の前で合わせ、願い事を唱える。唱え終えると花を仏像前の台座に置く。そしてもう一度跪き、合掌した手を額の位置まで上げ、そのままおじぎをする形で、降ろした両手を地面につくまで下げる。この動作を3回繰り返した。利益があるか分からないが、タイ人のお祈りを実践できて、何だか清々しい気持ちになれたのは確かである。因みに蓮の花は後で別の売り子が回収していきました。売っては回収し売っては回収しの使いまわしをしているのだろう。最高のビジネスモデルであるwww


Related posts(関連記事):

チェンラーイの街をぶらぶら→山岳民族博物館へ
ワット・ローン・クン横の幹線道路でピックアップしてくれてソンテオのおっちゃんに促され降ろされた先は旧バスステーションか。料金が分からなかったので20B札1枚を渡すと親指立ててグーッのポーズが返ってきた。一人っきりの貸し切り運行だったが、どうやら20Bで足りたようだ。 この街、ごっちゃごちゃしてんなーというのが第一印象。タイ北部の片田舎でもっと長閑で閑静な街かと思っていたが、結構ごみごみ...
地獄の火峠 死の鉄道のヘルファイア・パス
カンチャナブリーの観光の目玉といえば旧泰緬鉄道や映画「戦場にかける橋」で有名になったクウェー川鉄橋で、これらはどんなガイドブックにも大きく取り上げられている。第二次世界大戦中、過酷なジャングルの中の工事で多くの犠牲者を出してしまったことも、日本人ならたいていの人が知っているだろう。しかし泰緬鉄道に関してどこまで知っているだろう。タイのバンポンからビルマのタンビュザ間を結ぶ415Kmを、熱帯の密林を...
インターコンチネンタル バンコク クラブルーム宿泊記/Intercontinental Bangkok
10年も前になるだろうか。学生時代にバンコクを訪れた際に、友人と待ち合わせをしたのがこのインターコンチネンタルだった。懐かしいなー。当時はホテルなんて雨風凌げる屋根さえありゃどこだって変わらんじゃんくらいの感覚で、お宿として最低限の機能を果たせる程度の安ーい旅人宿を寵愛していたが、今やすっかりラグジュアリーホテルの魅力に憑りつかれてしまった。人間、価値観・考え方なんてものの数年ですっかり変わってし...
魅惑のミャンマー タチレイ(タチレク)後編
トゥクトゥクでのタチレイ観光を一通り終えた後は国境付近のローターリーで降ろしてもらい、イミグレ脇の猥雑な偽物市場に向かうことに。 先ずは手始めにマーケットの様子を階段の上から遠望。どんなもんかと遠目から探りを入れることに。 通路に広げられたパラソルの下は露店になっていて、雑多な商品が狭い通りに無秩序に並んでいる状態。その中を大勢の人たちやバイクが行き交い、もうなにがなんだかワケが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。