帝政ロシアによる都市計画の名残り 大連・中山広場

大連の中山広場はかつて日本の統治時代には大広場と呼ばれた大連を象徴する場所であり、どのガイドブックにも載せられる大連の定番観光スポットだ。

ひだり みぎ
大連国際貿易中心ビルの展望室から撮られた写真を見るとよく分かるが、直径213メートルの円形広場を中心にラウンドアバウトになっていて、10本の道路が放射線状に伸びている。パリを模して大連の都市開発にあたった帝政ロシアによる設計であり、当時はロシア二世の名前を取ってニコライフスカヤ広場と呼ばれた。そういやパリの凱旋門の周りもラウンドアバウトになっている。壮大な都市計画を抱いて大連の都市開発に着手した帝政ロシアだったが、直ぐに日露戦争が勃発して大連開発が頓挫する事に。そして日露戦争に勝利しロシアから大連の譲渡を受けた日本は、ロシアが作成した都市計画を踏襲し、広場名を大広場へと変更し、ラウンドアバウトの周囲に当時の行政機関や銀行を集めて新都市・大連の中枢にふさわしい西欧風建築を配置した。中山広場に面して建っている現存の建物10のうち、なんと7つもが、日本人の手によって建てられた建物であり、それらは竣工から100年経った今でも現役で使われている。ニコライフスカヤ広場⇒大広場⇒中山広場という名称の遍歴だけ見ても大連近代史の複雑さが分かる。

さて、見事な円形をした中山広場であるが、住所は中山路北のスポットを1号地として、そこから反時計回りに10番地まで区分けされている。各番地に建つ建造物の旧称と現在の名称、建設者は下記の通りである。
Dalian

所在地
建築年旧名称現名称設計者
中山広場1号1920年朝鮮銀行大連支店中国工商銀行中山広場支行中村與資平建築事務所
中山広場2号1908年大連民政署(大連警察署)遼寧省対外貿易経済合作庁前田松韻(関東都督府民政部土木課)
中山広場3号1914年英国駐大連領事館H.Ashead
2000年大連金融大廈同左未発表
中山広場4号1914年大連ヤマトホテル大連賓館太田毅(満鉄工務課)
中山広場5号1919年大連市役所中国工商銀行大連市分行松室重光(関東都督府民政部土木課)
中山広場6号1936年東洋拓殖株式会社大連支店交通銀行大連市分行宗像主一建築事務所
中山広場7号1910年中国銀行大連支店中信銀行中山支行中国人
中山広場8号1950年大連人民文化クラブ同左ベラルーシ人を長とするソ連チーム
中山広場9号1909年横浜正金銀行大連支店中国銀行遼寧省分行妻木頼黄、太田毅
中山広場10号1918年関東逓信局大連市郵政局松室重光(関東都督府民政部土木課

DSC_2089
この中山広場の周りのラウンドアバウトは一方通行だが4車線もあり、交通量が多いもので道路を渡るのには苦労を強いられる。ただ、周りの建物を見ようとするとどうしても広場の中に入らないといけないものですから命懸けで渡ることになる。

DSC_2088
こちらは現中国銀行遼寧省分行、旧横浜正金銀行大連支店。どの建物もライトアップされていて異国情緒を醸し出している。

DSC_2093
現交通銀行大連市分行、旧東洋拓殖株式会社大連支店(左)。植民地事業のための国策会社である東洋拓殖株式会社の大連支店であったが、戦後の1951年から1957年まで中国共産党大連市委員会庁舎として、その後は市政府の分庁舎として使用された。奥に見える紫色にライトアップされた建物は現中国工商銀行大連市分行、旧大連市役所。

DSC_2104
現中国工商銀行中山広場支行、旧朝鮮銀行大連支店。朝鮮銀行は日本統治領での中央銀行としての機能を担っていて、大連支店の業務拡大に伴って建物を新築した。竣工は1920年、中村與資平による設計。

DSC_2097
中山広場から真っすぐに東に延びる人民路。

DSC_2121
旧大連ヤマトホテル、現大連賓館。

SONY DSC
旧中国銀行大連支店、現中信銀行中山支行。

DSC_2099

DSC_2101
一際目立つ赤レンガ建築は現シティバンク、旧大連民政署~遼寧省対外貿易経済合作庁。中国東北地方に渡った最初の日本人建築家であった設計者の前田松韻は、時計塔を持つドイツ・ハンブルク市役所をお手本にして大連民政署を設計したそうだ。関東都督府民政部の下で大連を管轄した行政機関、大連民政署の庁舎として建てられた、日本統治下の大連で最初に建てられた官庁建築でもある。

DSC_2095


Related posts(関連記事):

香港国際空港行きフェリーのファーストクラス…
さて、今回、訳ありで珠海から香港国際空港に直接乗り入れるフェリーに乗船することになった。今日はやけに霧っぽいので濃霧を理由に欠航の恐れがあったが、何とか運行してくれるようだ。 珠海の九州港。タイに向かう大陸人団体旅行客が多数、一階のフロアを占拠してて、BOSE無しには耐え切れないほどのノイズレベル。どうして当地の人間は近距離でもああも大声で喋りたがるのか。 ここ九州港から香港空港行...
グランドハイアット広州宿泊記(Grand Hyatt Guangzhou)
2月某日、グランドハイアット広州に宿泊した。天津での仕事が予定より大幅に長引いてしまった&CZの遅延の為に広州着が深夜00:00過ぎ。広州白雲空港からの移動は既に地下鉄も走っていないからかタクシーの運ちゃんがやたらと強気一辺倒で、メーターで走ればRMB130-140がいいところをRMB600とかふっかけてくる。白タクではなく、正規のメータータクシーの運転手が、である。こんだけ到着が遅れるならエアポ...
普陀寺
ホテルのチェックインを済ませ、26番バスの終点駅である『普陀寺』を拝観してくる事に。 別に私自身は仏教を信仰している訳ではないが、純粋に中国大陸の仏教寺院の雰囲気を一度味わってみたいとかねがね思っていたからである。 市街を抜け、途中からは道も舗装されていないような小道を土煙を上げながらガタガタと激しい振動と共に走り行くバス。市街からバスに揺られること約40分、何とも辺鄙な田舎風景の中に...
龍門石窟 洛陽・鄭州・開封旅行4
洛陽での宿泊先・ホリデイインエクスプレス洛陽シティセンターで荷物を下ろし、身軽になってから今回の旅行の目玉の一つである龍門石窟へと向かう。 龍門石窟は敦煌の莫高窟・大同の雲岡石窟と並ぶ言わずと知れた中国三大石窟の一つ。 [table id=127 /] 三大石窟の中で着工は一番遅く、北魏の孝文帝が大同から洛陽に遷都した494年に掘削が始められ、以来400年以上をかけ、一応の完成に至ったと...