中山市民衆鎮

今さらながらですが、中山市は6つの県轄区と18鎮から成る地級市です。基本的には私の行動範囲は県轄区の中の石岐区・東区・西区がメインですが、今日はマイナーな民衆鎮まで冒険してくることにしました。


中山市の北東部に位置する民衆鎮では河川が縦横に入り交じり、かつての珠江デルタ地帯でごく当たり前にみられた風景が未だに保存されています。


ここら一帯は「嶺南水郷」呼ばれ、広東地区有数の水郷地帯として観光地化されつつあります。


ボートに乗って水村を一周することで昔ながらの水郷地帯の人々の生活風景を観察することができます。


石造りの水上住宅。


こちらは木造建築。脚が細くて朽ち果てて崩落しそうでおっかない。


木と泥コン(?)の水上家屋。人ひとり入っただけで崩壊しかねないの脆弱な造りに見える。


透明のボールに入って水の上を這いつくばることもできます。


水村で収穫した季節の果物も販売中。本日の目玉は秋メロン(?)にカッビカビの柿!


野菜も路上販売されています。それにしてもこの簡易雨除けの構成部品ったら…

近くには何だか人だかりができています。

群衆の中心では…


衆人環視の中でサル使いとサル2匹が芸を披露していました。


中華風ベストを着飾ったお猿さんがおもむろに立ち上がって直立二足歩行で直進し…


サル使いとがっちり握手⇒観客大喝采!

何かほのぼのとした農村生活といった感じです。市街地から車で30分ちょいでこんな風景を見ることができるのも中山市の特徴でしょうか。

Related posts(関連記事):

麗江 東巴文化博物館と東巴紙坊で学ぶトンパ文字 雲南省旅行9
シャングリラからトンパ文字使いのナシ族が築いた雲南省の町・麗江へとやってきた。 自分とトンパ文字との出会いは大学生の時分まで遡る。なんか宇宙人が背伸びをして昆虫と合体したような気持ち悪い絵柄のプリントTシャツを着てゼミに現れた男がいましてね。当然のように「何それ?」って訊いたら待ってましたとばかりに「タンパ文字で快楽って意味なんだよ」としたり顔で教えてもらったのがトンパ文字との初接触。そいつ...
銀河ホテル
今回の上海滞在時は中山西路の銀河宾馆(ギャラクシーホテル)に宿泊。『ドラゴン』 や『発財』、『やめて』と並んで『銀河』も中国人がやたらと好きな単語の一つです。 紅橋空港まで車で15分と、フライト前日の宿泊先としては最適な立地条件にあります。 さすがギャラクシー!ホテル内部は銀河で輝く星が如くピカピカ輝いています。 ホテル内レストランもピッカピカ。必要以上に煌びやかな電燈を用い...
中国人の愛国心と共産党プロパガンダ
さて、国慶節休暇も終わり、残念ながら東南アジアでの苦行生活を再開しております。休暇前は尖閣諸島の国有化問題などで日中関係が荒れに荒れていたのですが、どうやら国慶節が明けても、まだまだ中国の臨戦態勢は解けていないようで、街中でやたらと中国人の愛国心を駆り立てるような共産党プロパガンダ的宣伝が目立ちます。 『歴史上の屈辱を忘れない。現代的な国防戦力を築きあげよう!』 こんな刺激的メッセージ...
クチャの荒野に忽然と建つクズルガハ烽火台
続いて向かうはクズルガハ烽火台。 今から2000年以上前の前漢時代に敵の侵入を知らせる為に造られた烽火台で、烽火台としてはシルクロード最古と言われる遺構である。 スバシ故城から南西方面に20キロ程だろうか。 北は荒涼とした荒山の麓に広がる丘陵地帯が続き、南はタクラマカン砂漠に向けて渺々たるゴビが広がっている。 見渡す限りに広がる荒野に一筋の道路がずーっと地平線まで繋がってい...