シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山市民衆鎮


今さらながらですが、中山市は6つの県轄区と18鎮から成る地級市です。基本的には私の行動範囲は県轄区の中の石岐区・東区・西区がメインですが、今日はマイナーな民衆鎮まで冒険してくることにしました。


中山市の北東部に位置する民衆鎮では河川が縦横に入り交じり、かつての珠江デルタ地帯でごく当たり前にみられた風景が未だに保存されています。


ここら一帯は「嶺南水郷」呼ばれ、広東地区有数の水郷地帯として観光地化されつつあります。


ボートに乗って水村を一周することで昔ながらの水郷地帯の人々の生活風景を観察することができます。


石造りの水上住宅。


こちらは木造建築。脚が細くて朽ち果てて崩落しそうでおっかない。


木と泥コン(?)の水上家屋。人ひとり入っただけで崩壊しかねないの脆弱な造りに見える。


透明のボールに入って水の上を這いつくばることもできます。


水村で収穫した季節の果物も販売中。本日の目玉は秋メロン(?)にカッビカビの柿!


野菜も路上販売されています。それにしてもこの簡易雨除けの構成部品ったら…

近くには何だか人だかりができています。

群衆の中心では…


衆人環視の中でサル使いとサル2匹が芸を披露していました。


中華風ベストを着飾ったお猿さんがおもむろに立ち上がって直立二足歩行で直進し…


サル使いとがっちり握手⇒観客大喝采!

何かほのぼのとした農村生活といった感じです。市街地から車で30分ちょいでこんな風景を見ることができるのも中山市の特徴でしょうか。

Related posts (関連記事):

普陀寺
ホテルのチェックインを済ませ、26番バスの終点駅である『普陀寺』を拝観してくる事に。 別に私自身は仏教を信仰している訳ではないが、純粋に中国大陸の仏教寺院の雰囲気を一度味わってみたいとかねがね思...
広州旧市街地を歩く~十三行路・一徳路・万菱広場~
沙面島の見学があっさり終わり過ぎて時間を持て余してしまったので、広州旧市街をブラブラと歩いて回ることに。 十三行路を通り、一徳路を経て海珠広場へと抜けてみよう。 鎮安路に出ると、...
書門院と西安碑林博物館
次なる訪問場所は城壁南面の文昌門近くにある碑林博物館。碑林というのは聞き慣れない単語だが、文字や図像を刻んだいわゆる石碑の集合体のことらしい。字面からも想像できる通り、石碑・墓誌銘などの石像彫刻が林の...
巴拉格宗大渓谷でアメージング雲南省を満喫 雲南省旅行7
シャングリラ二日目は巴拉格宗大峡谷行きのツアーに参加することに。 巴拉格宗大峡谷はシャングリラから北に80キロ離れた四川省との省境近くに形成された大渓谷。その規模たるや凄まじく、全長154km・最大...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする