中山市民衆鎮

今さらながらですが、中山市は6つの県轄区と18鎮から成る地級市です。基本的には私の行動範囲は県轄区の中の石岐区・東区・西区がメインですが、今日はマイナーな民衆鎮まで冒険してくることにしました。


中山市の北東部に位置する民衆鎮では河川が縦横に入り交じり、かつての珠江デルタ地帯でごく当たり前にみられた風景が未だに保存されています。


ここら一帯は「嶺南水郷」呼ばれ、広東地区有数の水郷地帯として観光地化されつつあります。


ボートに乗って水村を一周することで昔ながらの水郷地帯の人々の生活風景を観察することができます。


石造りの水上住宅。


こちらは木造建築。脚が細くて朽ち果てて崩落しそうでおっかない。


木と泥コン(?)の水上家屋。人ひとり入っただけで崩壊しかねないの脆弱な造りに見える。


透明のボールに入って水の上を這いつくばることもできます。


水村で収穫した季節の果物も販売中。本日の目玉は秋メロン(?)にカッビカビの柿!


野菜も路上販売されています。それにしてもこの簡易雨除けの構成部品ったら…

近くには何だか人だかりができています。

群衆の中心では…


衆人環視の中でサル使いとサル2匹が芸を披露していました。


中華風ベストを着飾ったお猿さんがおもむろに立ち上がって直立二足歩行で直進し…


サル使いとがっちり握手⇒観客大喝采!

何かほのぼのとした農村生活といった感じです。市街地から車で30分ちょいでこんな風景を見ることができるのも中山市の特徴でしょうか。

Related posts(関連記事):

広州の魅力は食だけじゃない!広州観光
先週末は二泊三日の広州観光旅行である。宿泊先は限られた時間内で最大限の観光ができるよう、利便性を重視して広州中心地を流れる珠江の畔、地下鉄・海珠広場駅から程近い東アジアホテルを選択。アゴダに載っていたミスリーディングな写真の百倍は古めかしい老舗ホテルだった。 老舗も老舗、何と創業は1914年に遡る。当時は広州市最大のホテルとして広州内外の注目を集めたらしく、ホテル一帯が“オールド広州”...
中国最大の客家囲屋跡 龍崗客家民族博物館
IHG修行で5,000ポイント付き宿泊パッケージをオファーしていたクラウンプラザ深セン龍崗ホテルへとやってきた。土日を使ってわざわざ羅湖からMTRで1時間の郊外まで来ているのだ。折角なのでホテル周辺の観光地も見て回らんと勿体ない。 とは言っても、こんな僻地に観光地があればの話だ。先ずはいつもの通りグーグル先生と睨めっこしてみる。すると、3Km程離れたところに龍崗客家民族博物館なる観光名所を発...
宿泊記 食べ歩きには便利なホリデイイン広州シーフー(広州十甫仮日酒店)
広州での一泊。今回は広州新市街地に建つ最新鋭ホテルでの快適ステイというよりも、体がワチャワチャしたオールドカントン風情を欲していたので、旧市街地側のホテルでオールドカントン成分の補充を図ることに。 ただ、残念ながら前に泊まったチャイナホテルがマリオットを脱退してしまったようで予約ができず、プランBとして上下九路歩行街にあるIHG系のホリデイイン広州シーフーに泊まってみることにしました。 先...
クチャの荒野に忽然と建つクズルガハ烽火台
続いて向かうはクズルガハ烽火台。 今から2000年以上前の前漢時代に敵の侵入を知らせる為に造られた烽火台で、烽火台としてはシルクロード最古と言われる遺構である。 スバシ故城から南西方面に20キロ程だろうか。 北は荒涼とした荒山の麓に広がる丘陵地帯が続き、南はタクラマカン砂漠に向けて渺々たるゴビが広がっている。 見渡す限りに広がる荒野に一筋の道路がずーっと地平線まで繋がってい...