中国のSMSサービスと振り込め詐欺

中国では携帯電話によるSMS(ショートメッセージサービス)の普及率が高く、歩きながらポチポチ、運転しながらポチポチ、小便しながらポチポチと、何処に行っても携帯でメッセージを打つ中国人の姿を見かけます。こうしたSMS人気に商機を見出した各企業によるショートメッセージサービス等も充実しており、私自身もSMSによる銀行口座の出入金記録の通知や、天気情報のお知らせ等でSMSを活用しています。また、民間だけでなく、他国への入国時に入国先の中国大使館からメッセージがあったり、日中関係が悪化した時には中山市政府から注意を喚起する連絡が入るなど、行政までもがSMSを有効活用しています。

まぁ確かに使い方によっては非常に便利なSMSサービスですが、如何せん迷惑メールの数が余りに多すぎて、最近では迷惑さが便益を大幅に上回ってしまっています。勤務中睡眠中、時を選ばず毎日3~4件は何らかの迷惑メッセージが入ってきます。本日の出勤中に聞いたラジオによると、年間のSMSの総受信件数は8000億通。中国の携帯登録数が7億台超らしいので、超丼勘定ながら、一台あたりの年間平均受信件数は1143通、一日当たり3.1通の計算。やっぱり私だけでなく、皆さんこれくらいの迷惑メッセージを受け取っているのでしょうか。とにかく幅広い内容のゴミメールが入ってきます。

今週の主な迷惑メッセージ
●励まし系
①「人生はジェットコースターのようなものです。調子の良い時もあれば谷底まで落ちる時もある。今は辛いだろうけど、きっと良くなる。頑張れ!」
⇒何様だよ!

②「人生で最重要なのは努力ではなく、人生の方向付けである。目標を持って、自分の選んだ選択を信じて目標実現の為に全力で頑張るだけです、順調にね!」
⇒最近は頻繁に他人からの叱咤激励を受けるようになりました。

●チェーンメール系
③「面白い話しがある。一人の男が夢の中で『一つ増やす?一つ減らす?』との天の声を聞き、迷わず『増やす!』と即答。目覚めた時には股間のチ●コが2個に増えていた。医者に相談したところ、『次に天の声を聞いた時に1つ減らすと回答したら大丈夫』と診断され、安心して床に就く。幸いにも同じ夢を見て天の声を聞くも…『二つ増やす?二つ減らす?』…………ハハハ」
⇒ハハハじゃねーよ!面白くも何ともない。一生懸命辞書使ってまで最後まで読んでしまった自分が馬鹿らしくなるわ!

●振り込め詐欺系
④「12月のくじ引き大当たり!7777元を獲得する権利を得ました。権利を確定するにはこちらまでお電話をして下さい。」
⇒運転手に聞いたところ、これは振り込め詐欺だそうで、電話をしたら法外な料金を請求されるそうです。大量の中国人がこの手の詐欺に騙されてそうだ。

⑤「愛車の保険が切れますので、保険更新費用のお振込みをお願いします。2908元プランをお申し込みの場合、100元の美容券(?)と50元の愛車検査費用クーポンをお渡しします【東本店】」
⇒これまた振り込め詐欺のよう。

⑥「こんにちは。家主です。今は地方出張中ですので、今回お支払頂く家賃は家内の商工銀行の口座に振り込んで下さい。振り込みが完了したら、ショートメッセージで折り返しご連絡下さい」
⇒誰だよ!家は会社契約なので自分は家主と直接コンタクト取ったことないぞ!

他にもオレオレ詐欺的なメッセージも受け取ったこともあります。

『私だけど、元気?長い間連絡してなくてゴメン。元気かな?こっちは今ビジネスを始めたいと思って、軍資金を募ってるの。古い間柄なんだから協力してね!』
⇒仮に本当に旧友だったとしても急にSMSで資金援助求めてくるとか、厚顔無恥すぎだろ!

せっかく便利で安いSMSですが、金儲けを企む輩たちによって忽ち迷惑サービスと化してしまった。2009年には中国全土に於いて振り込め詐欺2万8,000件を摘発、容疑者7,000人が拘束されたらしいが、まだまだ氷山の一角の一角であろう。中国にお越しの方は不明発信源からのメッセージはスパムの可能性大なので無視して下さい。

Related posts(関連記事):

宿泊記 マカオ遠征にも使える貴族の館 セントレジス珠海
この日は、2018年9月にさりげなくオープンしてた中国珠海のセントレジスに泊まってみることに。 珠海は同じく広東省の深センや広州なんかと比べる馴染みの薄い場所ですが、マカオの直ぐお隣に位置する中国広東省の都市です。地図で見たらセントレジスからマカオタワーまでも直線距離でほんの1km程しか離れてないくらい隣接しています。 …って!!?地図見たらセントレジス、マカオに近づぎて水没してる...
中国南方航空 CZ367 広州ーホーチミン B738ビジネスクラス
本日は広州市内での打合せ後、20:05発ホーチミンシティ行きのCZ367で移動する。 打合せが長引いてしまった為に時間ギリギリのチェックイン。チェックインカウンターに着いた時はフライト1時間前。こっちは冷や汗もんに焦っていたが、受付は全然慌てる様子も動じる様子も無く、普通に「ゲートは○○番なんで。では行ってらっしゃい。」的な事務処理で終了。そうだよな、この国ではフライト1時間前のギリギリ...
開発区から大連市内の屋台街へ
広州から飛行機で4時間かけて大連に到着。こんな長距離のフライトでも国内線というのが何とも超大国中国である。今回は土曜日夕方に大連入りし、夜は大連市内の街歩き。明日日曜日の朝には旅順へ行き、夜には大連市内で客先と会食というキツ目の計画だ。 宿泊先は大連市内から電車で約30分、日系企業が密集する大連開発区内にあるホテル。チェックイン後に速攻で開発区駅へと向かい、大連火車駅から金石灘間13駅49....
日露戦争の最激戦区となった二〇三高地
永遠と待っても路線バスが来なかったので、痺れを切らしてタクシーにて203高地の麓までやってきた。 一般車両で乗り入れできるのはどうやらここまでのようで、ここからは山の麓にある旅行会社の専用車、観光用の駕籠、もしくは徒歩で頂上を目指すことになる。籠屋に群がられるも、自らの足で自力で急坂を登って頂上を目指したかったので丁重にお断り。 映画『二百三高地』で見た通り当時は丸裸の山だったそう...