頑張れ中山市精神文明建設委員会

ようやく朝晩は涼しくなってきましたここ中山。最近は夕食後の習慣として20~30分程度の散歩に繰り出しています。散歩自体が目的なのでルートや行先も決めず、周囲を観察しながらブラブラと近所を歩き回っていると、何やら面白い掲示物を発見。


その名も『中山市市民公共場所行為守則』。中山市精神文明建設委員会という行政機関により発布されている。読んで字の如くだが、中山市民の公共スペースでの行動既定を纏めたメッセージである。わざわざこんな公的文章が張り出されているとは…
早速中身を吟味していきましょう。大事そうなのをピックしていきます。個人的には『痰を吐かない』は絶対に既定に入れておいてほしい。

公共場所では…卑俗な態度や狂った言論はNG、整った服装で、礼儀正しく!
交通…秩序順守!歩行者優先!決まった道を走る!むやみにクラクションならさない!
衛星…規律を持つ!むやみに痰を吐かない!むやみに小便しない!ポイ捨てしない!
公共施設では…公共物品を大切に扱う!勝手に張り物を張らない!
環境…一人一人が環境を大切に!芝生に踏み入れない!花畑を壊さない!
住居…家畜飼育禁止!物を高い所から投げない!ご近所と仲良く!

来た~!『不乱吐痰!!』そして『不乱便溺』。ありがとう中山市精神文明建設委員会。でもこの既定は全くもって市民の皆様に順守されてませんよ!痰は履かれてるし、立ちションは街中で横行しているし、道を歩いていて上から物が投げ落とされる危険な目にも遭う。性病治療のチラシも至る所に張られているし、ポイ捨てなんて言わずもがな。

行動規約を張り出しただけで満足するのは早すぎます。きちんと規定内容が市民一人一人の意識に反映される所までがお務めですので、頑張ってください。100年かかるか200年かかるか分かりませんが、中国人の文明化に向けて頑張ってください。心から応援しています。

Related posts(関連記事):

書門院と西安碑林博物館
次なる訪問場所は城壁南面の文昌門近くにある碑林博物館。碑林というのは聞き慣れない単語だが、文字や図像を刻んだいわゆる石碑の集合体のことらしい。字面からも想像できる通り、石碑・墓誌銘などの石像彫刻が林の如く大量に林立しているとのことで、碑林ということなのだろう。確かに宋代から収集してきたとされる碑林博物館の石碑コレクションは膨大で、書道や絵画・文化・歴史好きには一日あっても見足りないくらいの貴重なお...
アフリカ商品展覧会
広州モーターショー展示会場内にて興味をそそられる看板を発見! 第4回アフリカ商品展覧会!!まさかアフリカ系企業がオートパーツなんか出展してないだろうが…せっかくなので仕事終わりに寄ってみることに。 おお!!下の近代的なモーターショーとは打って変わってエスニックな雰囲気!アフリカの14ヶ国からの出展者が集まり、各々の国の特産物をPR販売するそうです。 外務省的なお役所...
バンコクのミラクルラウンジで安らいでからの中国南方航空
この日も中国南方航空のフライトで、バンコクから広州までの1,056マイルをサクッと飛んできます。 スカイプライオリティサービスを受けれる対象者についての案内があるが、一方は「ファーストクラス・ビジネスクラス・スカイパール金・スカイチームエリートプラス」との案内で、もう一方は「ファーストクラス・ビジネスクラス・スカイパール金・スカイパール銀・スカイチームエリートプラス」と内容が違う…。スカ...
租界時代の洋風建築が並ぶ沙面島
シェラトン広州でチェックインして一息ついた後は、清朝を支配した列強諸国による疎開地跡が残る沙面島を見て回ることに。沙面(Sha-mian)という響きは美味しそうなパスタを連想させるような語感だが、実際には食べ物ではなく珠江に浮かぶ人工島の名前である。 広州は宋代・元代から南洋貿易の拠点として栄えてきた古都で、清代半ばからは対外貿易が許される清国唯一の貿易港として大いに発展した。当時は外国の公...