頑張れ中山市精神文明建設委員会

ようやく朝晩は涼しくなってきましたここ中山。最近は夕食後の習慣として20~30分程度の散歩に繰り出しています。散歩自体が目的なのでルートや行先も決めず、周囲を観察しながらブラブラと近所を歩き回っていると、何やら面白い掲示物を発見。


その名も『中山市市民公共場所行為守則』。中山市精神文明建設委員会という行政機関により発布されている。読んで字の如くだが、中山市民の公共スペースでの行動既定を纏めたメッセージである。わざわざこんな公的文章が張り出されているとは…
早速中身を吟味していきましょう。大事そうなのをピックしていきます。個人的には『痰を吐かない』は絶対に既定に入れておいてほしい。

公共場所では…卑俗な態度や狂った言論はNG、整った服装で、礼儀正しく!
交通…秩序順守!歩行者優先!決まった道を走る!むやみにクラクションならさない!
衛星…規律を持つ!むやみに痰を吐かない!むやみに小便しない!ポイ捨てしない!
公共施設では…公共物品を大切に扱う!勝手に張り物を張らない!
環境…一人一人が環境を大切に!芝生に踏み入れない!花畑を壊さない!
住居…家畜飼育禁止!物を高い所から投げない!ご近所と仲良く!

来た~!『不乱吐痰!!』そして『不乱便溺』。ありがとう中山市精神文明建設委員会。でもこの既定は全くもって市民の皆様に順守されてませんよ!痰は履かれてるし、立ちションは街中で横行しているし、道を歩いていて上から物が投げ落とされる危険な目にも遭う。性病治療のチラシも至る所に張られているし、ポイ捨てなんて言わずもがな。

行動規約を張り出しただけで満足するのは早すぎます。きちんと規定内容が市民一人一人の意識に反映される所までがお務めですので、頑張ってください。100年かかるか200年かかるか分かりませんが、中国人の文明化に向けて頑張ってください。心から応援しています。

Related posts(関連記事):

宿泊記 アロフト東莞ダイナミックタウン Aloft Dongguan Dynamic Town【東莞じゃない】
昨日はホテル名に「深セン」とあるのに東莞との市境にあって不便極まりないコートヤード深セン宝安をご紹介しましたが、今度はその逆パターン。ホテル名に東莞とあるのに深センにほど近い辺鄙なところにあるホテルをご紹介します。 その名もアロフト東莞ダイナミックタウン(東莞活力城雅楽軒酒店/Aloft Dongguan Dynamic Town)。マリオットリワードカテゴリーは最低ランクの1で、一泊7,5...
アヘン戦争博物館・海戦博物館
今日は中国の広東省東莞市の虎門鎮に関して。ここは清国と大英帝国によるアヘン戦争の舞台となった場所で、中国人旅行者の間でもアヘン戦争に因んだ観光スポット(=愛国主義教育基地)が多数あることで有名です。 時は18世紀後半、清朝は半ば鎖国状態とも言える程の貿易制限策を取っており、欧米諸国との交易は広東省の広州一港に限定、更に清朝政府の許可を得た特権商人としか取引できない体制を敷いておりました。当時...
宿泊記 聖峰内のマウンテンリゾート フォーポイント バイ シェラトン広東鶴山
マリオットウィークエンド1日目の順徳龍江のコートヤードでの滞在を終え、次なる目的地となるフォーポイント広東鶴山(广东鹤山方圆福朋喜来登酒店)へと移動します。特に鶴山に用事があるわけでないどころか、鶴山がどこにあるのかすら知らないんですけどねw 行政区分的には、佛山の更に南に位置する江門市の中の県級市みたい。マリオットアプリで広東省内のホテル一覧マップを見て、「おっ、順徳のコートヤードと鶴...
インターコンチネンタル上海EXPO 宿泊記
待ちに待った土曜日、仕事での疲れを癒すべく地下鉄を乗り継いでインターコンチネンタル上海EXPOを目指す。最近は週末に時間が空く度にホテルに癒しを求めるような生活が続いていて、ホテルへの“試泊”やホテルのオンライン検索が唯一の趣味みたくなってしまってる。本当タチ悪くてね、行けっこないモロッコはカサブランカあたりのホテルまでプライスウォッチして値段が下がる度にニヤニヤするという気色の悪いハマりようなん...