広州モーターショー2012コンパニオン画像編

広州モーターショー2012のコンパニオン編。今年は先に開催された成都と武漢のモーターショーでコンパニオンの過激衣装が問題視されて『裸・露・透』厳禁令が発せられた為、広州モーターショーではそこまでの露出は目立ちませんでした。


無数のカメラ小僧の前でポーズ決めて笑顔作り。コンパニオンの方々も大変です。




モデルに近づきすぎ!!!って追い出されてしまった(涙)



















21

22

23

24

24

25

テッカテカなキャットウーマン

 

Related posts(関連記事):

シェラトン西安賽瑞城北(シェラトン西安ノースシティ)宿泊記
ウェスティン⇒ソフィテルとマットレスランのバトンを繋ぎ、西安での最後の宿・シェラトン西安賽瑞城北(シェラトン西安ノースシティ)へと御引越。 宿泊に際して持て余していたスイートナイトアワードを申請していたものの敢え無く撃沈。その上にチェックイン当日の朝にシェラトンから凄く微妙な日本語で電話がかかってきて、曰く、「大きな部屋は準備できない。申し訳ない。」と。 流石に今回はスイートア...
アロフト広州天河(広州天河雅楽軒酒店)宿泊記
今回の週末ブラリ広州旅行、宿泊先は今年度オープンと真新しいく、広州のSPGホテルで唯一未踏だったアロフト天河を選んでみた。Agoda的には「アロフト グアンゾウ ティアンヒー」ね。ティアンヒーってwww 場所はもちろん広州中心部の「ティアンヒー」。香港からの直通列車が止まる広州東駅の隣駅である林和西が最寄り駅で、駅から徒歩8分程。白雲空港からも地下鉄3号線で、天河バスターミナルからも89・5...
ウルムチ⇒敦煌 天津航空 ERJ190搭乗記
ウルムチから甘粛省・敦煌への1,000キロ区間は飛行機でひとっ飛び。これで新疆ウイグル自治区とはお別れとなる。 軽く寝坊したので空港へはタクシーで(所要時間=30分弱、運賃48元)。ウルムチ地窩堡国際空港は中国西北地方及び中央アジア一帯のハブ空港的な役割を果たしていて、ターミナルも3つとそれなりに巨大。今回利用する便のターミナルが分からずに軽くテンパるも、出発時刻1時間前に滑り込む。 ...
シャングリラで味わう茸料理とシャングリラビール 雲南省旅行6
シャングリラ古城の茶館でプーアル茶をしばき倒し、ナパ海で放牧中のヤクの乳とヨーグルトを堪能、藍月山谷で標高4,500メートルの異世界を体験し、雲南のポタラ宮でチベット仏教の高僧的な人物による説経を…非常に濃度の高い香格里拉での一日を終え、濃厚な一日を〆るべく夜の食事処を探しに行くことに。 香格里拉美食を求め、再び古城へ。 香巴拉老街なる横丁の中に佇む少数民族家屋風の米麦農茸餐...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。