アフリカ商品展覧会

広州モーターショー展示会場内にて興味をそそられる看板を発見!


第4回アフリカ商品展覧会!!まさかアフリカ系企業がオートパーツなんか出展してないだろうが…せっかくなので仕事終わりに寄ってみることに。

ひだり みぎ
おお!!下の近代的なモーターショーとは打って変わってエスニックな雰囲気!アフリカの14ヶ国からの出展者が集まり、各々の国の特産物をPR販売するそうです。


外務省的なお役所まで参画しての大々的催し事ですが、ザンビアはまさかの遅刻www


ケニアは中国人が代理販売していますが、客の目も憚らず爆睡中。


こちらガーナもグッスリいっちゃってます。 皆さんヤル気無さすぎ!!それもそのはず、下の階では世界最大規模のモーターショーが開催されているとは到底思えない程の閑散ぶり。エスカレーターでフロア一つ降りるだけで数万人がごった返しているというのに、ここには恐らく20人程度の見物客しか見受けられず、何だか疎外感を感じます。

ひだり みぎ
ケニアの民芸品。木彫り人形は面白いけど家に置いていたら福が逃げて行きそう。

ひだり みぎ
こちらはシャーマンの呪術用ツールだろうか。


理想的な歯並びな生き物の陶器は本日の目玉。


ニーハオ!!本当にアフリカから来たのか?むちゃくちゃ流暢な中国語で呼び止められる。鞄一杯に商品を詰め混んで遠路はるばる飛行機でハンドキャリーしてきたと言っていたが、広州出身としか思えない中国語能力…
*広州は第三世界の首都とも呼ばれ、多くのアフリカ系の人々が住んでいます。


マダガスカルからはマダガスカル航空が出展。『公共の場での複製放映は厳禁』と表示されたお笑い番組を流していました。ナマコプログラムという怪しい名前のマイレージクラブに勧誘されてしまうも、やんわりと謝絶。

暫くすると、遅ればせながらザンビア代表が手編みバッグの販売を開始し始めた。

プレゼント用に良いかと眺めていると超規格外巨漢マダム商人に捕まり、購入するよう巨体を揺らして凄まれる。

ひだり みぎ
ポールスミス風?からポップなものまで揃っている。売り文句は『良い製品ですよ』とか『安いですよ』等の常套句ではなく『Please support us(我々に御支援下さい)』
重すぎる…そう訴えかけられたら断りづらいので鞄を二個ほど購入することに。葦製の手編みバッグは1個50元と、意外に安い。

隣では中国人が木製の食卓をボロッカスに交渉している。
『高すぎる!これ以上安くならない?じゃあ買わねーよ。安かったら買う。安くしないなら買わない。単純だろ。分かんないの?売る気あんの?』
『これ、ここ傷ついてるから安くしてよ!400元も払えないから50元なら買うわ!』
『さっき100元って言っただろ!この詐欺師!あんた中国人みたいだわね!』

普段は中国人から買物しているので余り気づかなかったが、購買人としての彼らの交渉力も恐ろしいものがある。それにしても詐欺をしてくるアフリカ人に向かって『You are very Chinese(あんた中国人みたい)』とか言っちゃって、中国人は詐欺師って自覚してるんですね。

購入したバッグ
ひだり みぎ
中はポケット付きで、葦の香りが漂います。


開閉可能で実用性も◎。ザンビア製バッグというプレミア感もあり、50元ならお得であったのではないだろうか。


もう一つ、ガーナチョコレートを買ってみる。その名もTQ Bar。TQとはTetteh Quarshieというガーナに初めてココアの種子をもたらした加治屋の名前の略語らしい。さすがカカオの産地ガーナだけあってシッカリした味のダークチョコレートであったが、珍しい物と思ったら量産品だったたらしく、少しがっかり。

まさかモーターショーでアフリカ文化に触れることができるとは夢にも思わなかったが、車だけ見ててもつまらないので良い息抜きになった。

Related posts(関連記事):

中国南方航空 CZ367 広州ーホーチミン B738ビジネスクラス
本日は広州市内での打合せ後、20:05発ホーチミンシティ行きのCZ367で移動する。 打合せが長引いてしまった為に時間ギリギリのチェックイン。チェックインカウンターに着いた時はフライト1時間前。こっちは冷や汗もんに焦っていたが、受付は全然慌てる様子も動じる様子も無く、普通に「ゲートは○○番なんで。では行ってらっしゃい。」的な事務処理で終了。そうだよな、この国ではフライト1時間前のギリギリ...
広州でのダルマさん
欧州風建築群の立ち並ぶ沙面で爽やかな散歩を楽しんだ後、次なる目的地である陳氏書院を目指して康王南路を北上。途中、上下九広場を過ぎたところで神秘的な線香の香りがどこからともなく漂ってきた。匂いにつられて進んでいくと、華林禅寺という名の寺に辿り着いた。 随分と古めかしいなぁと思ったらそれもそのはず、なんと西暦525年前後にインドから達磨が広州に辿り着いた際に興されたという歴史ある寺だそうだ。 ...
ウェスティン西安 コーナースイート宿泊記
西安での二泊目はSPG系列のウェスティン西安。ここには一泊だけの滞在として、翌日からはアコーのソフィテル人民スクエア⇒シェラトン西安賽瑞城北と観光中にもかかわらずホテルホッピングをする計画である。 ウェスティンを一発目に持ってきたのは立地的な理由。西安のシンボルである大雁塔まで徒歩数分と自分の観光計画にピッタリだったからである。 大雁塔の南広場に面して建つ茶系の縦格子と真っ赤な赤...
広州1日目 太古匯でパウラナー
広州の知り合いは皆こぞって正月休暇で日本に帰省してしまったので、取り残され組みの小生は一人で寂しく広州をうろつくことに。午前中~昼はホテル近くをブラブラ、夜は太古匯を徘徊してみることに。夕食のレストランは決めてないが、太古匯はでっかいショッピングモールとオフィス・コンプレックスの複合施設なんで、行けばなにかしら美食にありつけるだろう。因みにこの太古というのは名前はダサイが、泣く子も黙る超巨大コング...