アフリカ商品展覧会

広州モーターショー展示会場内にて興味をそそられる看板を発見!


第4回アフリカ商品展覧会!!まさかアフリカ系企業がオートパーツなんか出展してないだろうが…せっかくなので仕事終わりに寄ってみることに。

ひだり みぎ
おお!!下の近代的なモーターショーとは打って変わってエスニックな雰囲気!アフリカの14ヶ国からの出展者が集まり、各々の国の特産物をPR販売するそうです。


外務省的なお役所まで参画しての大々的催し事ですが、ザンビアはまさかの遅刻www


ケニアは中国人が代理販売していますが、客の目も憚らず爆睡中。


こちらガーナもグッスリいっちゃってます。 皆さんヤル気無さすぎ!!それもそのはず、下の階では世界最大規模のモーターショーが開催されているとは到底思えない程の閑散ぶり。エスカレーターでフロア一つ降りるだけで数万人がごった返しているというのに、ここには恐らく20人程度の見物客しか見受けられず、何だか疎外感を感じます。

ひだり みぎ
ケニアの民芸品。木彫り人形は面白いけど家に置いていたら福が逃げて行きそう。

ひだり みぎ
こちらはシャーマンの呪術用ツールだろうか。


理想的な歯並びな生き物の陶器は本日の目玉。


ニーハオ!!本当にアフリカから来たのか?むちゃくちゃ流暢な中国語で呼び止められる。鞄一杯に商品を詰め混んで遠路はるばる飛行機でハンドキャリーしてきたと言っていたが、広州出身としか思えない中国語能力…
*広州は第三世界の首都とも呼ばれ、多くのアフリカ系の人々が住んでいます。


マダガスカルからはマダガスカル航空が出展。『公共の場での複製放映は厳禁』と表示されたお笑い番組を流していました。ナマコプログラムという怪しい名前のマイレージクラブに勧誘されてしまうも、やんわりと謝絶。

暫くすると、遅ればせながらザンビア代表が手編みバッグの販売を開始し始めた。

プレゼント用に良いかと眺めていると超規格外巨漢マダム商人に捕まり、購入するよう巨体を揺らして凄まれる。

ひだり みぎ
ポールスミス風?からポップなものまで揃っている。売り文句は『良い製品ですよ』とか『安いですよ』等の常套句ではなく『Please support us(我々に御支援下さい)』
重すぎる…そう訴えかけられたら断りづらいので鞄を二個ほど購入することに。葦製の手編みバッグは1個50元と、意外に安い。

隣では中国人が木製の食卓をボロッカスに交渉している。
『高すぎる!これ以上安くならない?じゃあ買わねーよ。安かったら買う。安くしないなら買わない。単純だろ。分かんないの?売る気あんの?』
『これ、ここ傷ついてるから安くしてよ!400元も払えないから50元なら買うわ!』
『さっき100元って言っただろ!この詐欺師!あんた中国人みたいだわね!』

普段は中国人から買物しているので余り気づかなかったが、購買人としての彼らの交渉力も恐ろしいものがある。それにしても詐欺をしてくるアフリカ人に向かって『You are very Chinese(あんた中国人みたい)』とか言っちゃって、中国人は詐欺師って自覚してるんですね。

購入したバッグ
ひだり みぎ
中はポケット付きで、葦の香りが漂います。


開閉可能で実用性も◎。ザンビア製バッグというプレミア感もあり、50元ならお得であったのではないだろうか。


もう一つ、ガーナチョコレートを買ってみる。その名もTQ Bar。TQとはTetteh Quarshieというガーナに初めてココアの種子をもたらした加治屋の名前の略語らしい。さすがカカオの産地ガーナだけあってシッカリした味のダークチョコレートであったが、珍しい物と思ったら量産品だったたらしく、少しがっかり。

まさかモーターショーでアフリカ文化に触れることができるとは夢にも思わなかったが、車だけ見ててもつまらないので良い息抜きになった。

Related posts(関連記事):

宿泊記 クラウンプラザ珠海シティセンター(旧ホリデイイン珠海)
この日は香港での仕事終わりにフェリーで珠海のクラウンプラザシティーセンターへ。こちらのホテル、以前はホリデイインだったけど、最近のリノベーションを経てクラウンプラザへと格上げになったらしい。ただ、宿泊レートは大きくは変わらず、最安値レートはRMB600元台⁺⁺~で、特典宿泊に必要なポイント数も15,000ポイントで据え置きとなっている。 珠海の九州港からはホテルの無料シャトルバスにて移動、1...
南方航空で行くシルクロード旅行 広州-ウルムチーカシュガル
昨年の年末年始はシルクロードで栄えた中国西北地方の古都巡りに出かけてみた。広州からウルムチ経由でカシュガルに飛び、カシュガル⇒クチャ⇒トルファン⇒ウルムチ⇒敦煌⇒西安と、中国最西端のカシュガルからシルクロードの東端・西安までの交易路を西から東へと移動。中東情勢がきな臭くなってる今、新疆もチベット同様に厳しい入域管理下に置かれるかもしれないし、行ける時に行っておかないとと思いましてね。 という...
やっぱり疲れる南方航空のエコノミー 天津⇒広州
天津からの戻りはCZ3136のエコノミーで、機材はA320の短胴型で収容人数を30人程削ったA319。これ、満席エコで中国人に囲まれるといくら3時間のフライトでもかなりキツイんだよなぁ。どうか満席となりませぬように。 こちらは南方航空のオフィシャルサイトから借用したA319のシートマップ。一応プレエコ搭載の3クラス便だが、プレエコとエコの差は殆ど無い。機体のちょっと前の方に座れるとか、離...
標高4,500mの世界 藍月山谷風景区と石卡雪山 雲南省旅行4
ナパ海から車を走らせる。向かうは香格里拉市内の外れに聳える石卡雪山の藍月山谷風景区だ。 道中、モクモクと煙が立ち込めていたので炊煙かと思ったら、なんと鳥葬による煙というではないか。鳥葬とか、外国人が日本にまだ忍者がいると考えているくらいのもんで過去の風習かと思ってたけど、未だにチベット文化圏では鳥葬が最も一般的な葬儀方法になっているらしい。断片化した死体を鳥葬台に安置し、香木に火を点してハゲ...