シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とんだ濡れ衣


漸くベトナムから解放され、中国経由で晴れて日本に一時帰国することとなりました。問題が解決して清々とした気分で空港に向かい、キャセイのカウンターにてチェックイン。荷物検査も済ませてラウンジに向かおうとすると、キャセイの係員に呼び止められました。『申し訳ないがセキュリティーが話したいことがあるので戻ってきてくれ。』と。

は???

私、何かしたか?詳しく聞くと、機内に預け入れたスーツケースに危険物搬入の疑いありと。ますますもって意味不明。中には衣類とお土産類、書類程度しか入っていない筈で、液体類や可燃物は皆無。全く身に覚えのない話である。

係員に連れられ、荷物検査、イミグレを逆走。キャセイのチェックインカウンター横にある小部屋に通されると、男二人が室内で機内預入荷物のX線検査を行っている。

係員1:『○○さんだね?パスポートを確認する。』
係員2:年配の彼は英語不可らしく、ベトナム語でああだこうだ言っている。
係員1:『君、中にドリルを隠してないかね?スーツケースを開けてくれたまえ』
私:は!?ドリル??ますますもって意味が不明!!
『ドリル何か入っていない筈です。開けるので確認して下さい。』
係員2:ぎゃーぎゃーぎゃー(ベトナム語)

スーツケースを空け、おもむろに私のスーツケースを探る二人…

30秒後…

係員1+係員2『あっ!!』

スーツケースから取り出した物は…


ベトナムコーヒー(フレンチバニラ味)

私:?????意味不明!!!!『???』と相手を見ていると…
係員1:『ああ!!これだ!!』

ああ!!これだ!!じゃねーよ!!どうしたらこれがドリルに見えるんだよ!!アホか!!

再度荷物を適当にスーツケースに詰め込んでX線検査機に通してみる二人。
係員1+2『ああ!!これだ!!あなたも見てみな!』と言ってX線モニターに映るコーヒーを指さしているものの、どっからどうみてもドリルになんか見えません!!!

アホ!!!アホ!!!結局Sorry の一言も無かったので、抗議をして荒波を立てることはしたくなかったが、ソーリーくらい言えよ!って言ってみたところ、You should go nowとぶっきら棒に言われて退室させられました。

まぁ通り過ぎる荷物は検査無しで全スルーしているかと思いきや、きちんと検査はしているようです。ただ、悲しい程に無能すぎる!!!!こんなベトナムクオリティーから開放される意味でもベトナム出国がたまらなく嬉しい。今後はこの係員二人には『ベトナムコーヒー+簡易ドリッパー≒ドリル』では無いことを頭に刻み込み、精進してもらいたいものである。

ってな訳で、話がそれましたが、ベトナムから解放され、いよいよ日本への一時帰国の日程が決まりました。興奮興奮!!

Related posts (関連記事):

ロマン溢れるベトナム南北統一鉄道
南北に長~い国土を持つベトナムの南北統一鉄道は、北は首都ハノイから南は商都サイゴンまでの1,726Kmを結ぶベトナムの大動脈。辺り一面に広がる青々とした水田や深い緑に包まれた椰子林、白浜とコバルトブル...
SPGポイント修行の一環でシェラトン・サイゴンの李白へ
3月以来のホーチミン出張。到着日は一人飯をすることになり、夕食はシェラトンサイゴンで摂ることに。SPGがSpice it Upキャンペーンをやってるんで、スターポイントを利用したSQファーストクラスの...
JL759 成田⇒ホーチミン 787-8エコノミー 搭乗記
今年は飛行機の搭乗記を殆ど書けてないですが、例年と変わらぬペースで公私共に乗り倒してて、JALのダイヤモンドが見えるところまで来ました。 残念ながら上司やらなんやらの同行者と一緒に移動するケース...
ホーチミン市で食べるインド料理 ガネーシャ(Ganesh)
この日は無性にインドパワーを注入してもらいたくなり、本格インドカレーが楽しめるハイバーチュン通りのガネーシャへ。ホーチミン市は必要以上に日本食屋が乱立してて、週の殆どは会社の人間と日本食を食べることに...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする