とんだ濡れ衣

漸くベトナムから解放され、中国経由で晴れて日本に一時帰国することとなりました。問題が解決して清々とした気分で空港に向かい、キャセイのカウンターにてチェックイン。荷物検査も済ませてラウンジに向かおうとすると、キャセイの係員に呼び止められました。『申し訳ないがセキュリティーが話したいことがあるので戻ってきてくれ。』と。

は???

私、何かしたか?詳しく聞くと、機内に預け入れたスーツケースに危険物搬入の疑いありと。ますますもって意味不明。中には衣類とお土産類、書類程度しか入っていない筈で、液体類や可燃物は皆無。全く身に覚えのない話である。

係員に連れられ、荷物検査、イミグレを逆走。キャセイのチェックインカウンター横にある小部屋に通されると、男二人が室内で機内預入荷物のX線検査を行っている。

係員1:『○○さんだね?パスポートを確認する。』
係員2:年配の彼は英語不可らしく、ベトナム語でああだこうだ言っている。
係員1:『君、中にドリルを隠してないかね?スーツケースを開けてくれたまえ』
私:は!?ドリル??ますますもって意味が不明!!
『ドリル何か入っていない筈です。開けるので確認して下さい。』
係員2:ぎゃーぎゃーぎゃー(ベトナム語)

スーツケースを空け、おもむろに私のスーツケースを探る二人…

30秒後…

係員1+係員2『あっ!!』

スーツケースから取り出した物は…


ベトナムコーヒー(フレンチバニラ味)

私:?????意味不明!!!!『???』と相手を見ていると…
係員1:『ああ!!これだ!!』

ああ!!これだ!!じゃねーよ!!どうしたらこれがドリルに見えるんだよ!!アホか!!

再度荷物を適当にスーツケースに詰め込んでX線検査機に通してみる二人。
係員1+2『ああ!!これだ!!あなたも見てみな!』と言ってX線モニターに映るコーヒーを指さしているものの、どっからどうみてもドリルになんか見えません!!!

アホ!!!アホ!!!結局Sorry の一言も無かったので、抗議をして荒波を立てることはしたくなかったが、ソーリーくらい言えよ!って言ってみたところ、You should go nowとぶっきら棒に言われて退室させられました。

まぁ通り過ぎる荷物は検査無しで全スルーしているかと思いきや、きちんと検査はしているようです。ただ、悲しい程に無能すぎる!!!!こんなベトナムクオリティーから開放される意味でもベトナム出国がたまらなく嬉しい。今後はこの係員二人には『ベトナムコーヒー+簡易ドリッパー≒ドリル』では無いことを頭に刻み込み、精進してもらいたいものである。

ってな訳で、話がそれましたが、ベトナムから解放され、いよいよ日本への一時帰国の日程が決まりました。興奮興奮!!

Related posts(関連記事):

ホイアンで食べ歩き飲み歩き(モーニング・グローリー・シークレットガーデン)
一日ぶっ通しの観光でちょっと小腹が減ったので、休憩も兼ねて近くのレストランに入ることに。 グエンタイホック通りには歴史ある古民家を利用したレトロで洒落たカフェやレストランが多く並んでいるが、ハッキリ言ってどこもかしこも似たような外装でどのレストランに入っても大差無いように映る。どうするか。一通り見て回ったが、やっぱりどこも決定打に欠け、「おぉ!ここだ!!」という思いには至らない。こうな...
サイゴンに響く鐘の音・聖マリア教会
市内中心地区を歩いていると精巧に積み上げられた赤煉瓦と高さ40メートルの二つの尖塔が印象的な建物に目を奪われる。ホーチミン市の定番観光スポットの一つとして挙げられる聖マリア教会(サイゴン大聖堂)だ。19世紀のフランス統治時代に建材をわざわざフランスから取り寄せて建造された本格的ネオゴシック様式の教会で、並々ならぬ“ヨーロッパ臭”を醸し出している。 建物手前の広場には名前の由来ともなってい...
プルマンサイゴンセンター クラブルーム宿泊記
今日はホーチミン市内のバックパッカー街・ファングーラオ地区にあるアコー系ホテル・プルマンサイゴンセンターの宿泊記。ホーチミン市ではここプルマン以外にもソフィテル・Mギャラリー・ノボテル・ibisを揃えるアコー系が強い。序列的にプルマンはソフィテル・Mギャラリーに次ぐ三番手ブランドという事になるが、果たしてどのようなホテルなのか。 かつてメトロポールホテルがあった2つの大きな通りが分岐する地点...
フエで参加するDMZ(非武装地帯)ツアー フエの世界遺産巡り8
フエ二日目は昨日にバイクをレンタルしたLittle Hue Travelで予約をしたDMZツアーに参加することになっている。DMZとはDeMilitarized Zoneの略で、いわゆる非武装地帯。ベトナム戦争時にベトナムを南北に二分した17度線に沿った地域のことを指す。ベトナム戦争中には激戦区として激しい攻防が繰り広げられていた為、多くの戦跡がこのエリアに遺っているのである。 ベトナム...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。