ベンタイン市場
ベンタイン市場

ベンタイン市場

ホーチミン市の一大観光スポットであるベンタイン市場を冷やかしに行ってきた。日本人は葱を背負った鴨と見なされ、狭い通路を歩いていると『社長さん社長さん』『お兄さんお兄さん』と言って腕を掴まれる。ここの売り子の積極性は東南アジアの数ある市場の中でも随一であろう。


市場の外観。仏国統治時代の由緒ある建物だそうだ。


市場内のマップ。きちんと商品の種類ごとに区画分けされています。コーヒー・手芸品・骨董品・衣類などの定番ベトナム土産から家電・生鮮品・日用品まで品揃え豊富で、ベトナムの熱気や生活感を体感できる市場であります。

肉や魚なども取り扱われている為、市場には独特の臭いが立ち込めている。

路地の左右には客寄せたちが屯している。彼女らは通りかかる客の国籍を瞬時に見極め、日本人には日本語で、中国人には中国語で売り込みを始める。相手の国籍を瞬時見極める能力と言語能力には恐れ入る。商品に定価は無く、価格は全て交渉次第で決定される為、何かを買うには否が応でもベトナム商人と駆け引きをすることになる。市場には一定の割合で歪んだ商魂を持った悪人やスリも混じっているので要注意。


『お兄ーさん どれにする?』『Tシャツいい?』と引っ切り無しに声をかけられて、立ち止まろうものなら店に引きづりこまれて一気呵成にセールストークの集中砲火が始まる。気がつけば手に商品を握らされ、『20ドル、安いね ありがと。』みたいな展開に持ち込まれる。断るところは断る。自分の身は自分で守りましょう。


現地物価と余りに剥離した初期値設定がされている為、絶対に相手の言い値で買わないようにして下さい。10ドルが1ドルになったりもします。彼女らとの交渉は骨が折れるし疲れますが、これもベトナム旅行の醍醐味、旅の良い思い出にはなると思います。是非、帰国後も末代にまで語り継がれるような交渉武勇伝をつくって下さい。


いきなり購入に踏み切るよりも、類似点を回って相場を確認してから買うのが賢明です。


ラコステの刺繍が施されたマスク…VND 10,000 (≒40円)良く言えば大らか、普通に言えばアバウト、適当なベトナム人らしい製品です。こんなチープなものでも最初の言い値はまさかの100,000ドン。バカにしてんのか!開いた口が塞がりません。


面白パロディーロゴTシャツ。Burger Kingならぬ『Pho King』・Starbucks Cafeならぬ『Vietnamese Coffee』。チェゲバラも人気なようです。VND 50,000 (≒200円)から


チェー。以前ならこんなグロテスクな液体物は率先して避けただろうが、先日のチェー初体験ですっかり虜になってしまったので一杯頼むことに。


メニューも無いので適当に指さした具材を入れてもらい、最後にクラッシュアイスをon。VND15,000(≒60円)也。氷を食べてもお腹は壊しませんでした。

海鮮品も多く売られています。


こちらは量り売りのようです。

施設内にクーラー無し定価無しシツコイ売り込みと、日本人のショッピングスタイルとはかけ離れたベンタイン市場ですが、東南アジアの市場体験学習、値段交渉体験にはもってこいかと思います。

●本日の戦利品
バッチャン焼きらしき茶器と黒漆塗りの竹製トレイ。


両親が茶好きなので、今週の一時帰国の際に持って帰る予定。購入時に新聞に包んでもらったが帰国をする際に破損してしまわないか心配である。

Related posts(関連記事):

とんだ濡れ衣
漸くベトナムから解放され、中国経由で晴れて日本に一時帰国することとなりました。問題が解決して清々とした気分で空港に向かい、キャセイのカウンターにてチェックイン。荷物検査も済ませてラウンジに向かおうとすると、キャセイの係員に呼び止められました。『申し訳ないがセキュリティーが話したいことがあるので戻ってきてくれ。』と。 は??? 私、何かしたか?詳しく聞くと、機内に預け入れたスーツケースに...
ホイアン五大華人会館+明郷華先堂をコンプする(福建・中華・廣肇)
明郷・瓊府・潮州とホイアンの華人会館を順々に制し、コンプまで廣肇・中華・福建を残すのみとなった。いや、別に華人会館をコンプしたからといってホイアン観光庁に栄誉を称えられる訳でもなければ表彰される訳でもないんですがね…スタンプラリー的なことしてる訳でもないし。それでも全部回りたいと思ってしまう無駄な好奇心が抑えられないだけなんです。 途中で5枚綴りの総合チケットを補充し、全会館制覇に向...
都会のオアシス ルーフトップガーデン inレックスホテル
夜8時過ぎ頃に竹刀中心部のレックスホテル前を歩くと、どこからともなくジャズやフォークミュージックが聞こえてくる。オールデイズのイントロに続いて渋みのある低音のボーカルの歌声が夜風に乗って響き渡る。実はこれ、ホテルの屋上にあるルーフトップガーデンというレストランでの生演奏の音楽なんです。 レロイ通りとグエンフエ通りの交差点という一等地に建つ5つ星コロニアルホテル・レックスホテル...
軍事歴史博物館(最強ベトナム軍万歳博物館)
太古から中国やモンゴルにいじめられ、やがてフランスに植民地化されるも独立宣言したと思ったら、今度は国土は南北に二分されてベトナム戦争へ…今日に至るまでに中国、モンゴル、フランス、アメリカという大帝国の軍隊を跳ね返してきたベトナム人。サイゴンが陥落し、南北ヴェトナム統一の為の戦いが終結したのが1975年のこと。それから早38年の時間が経ち、首都ハノイや商都ホーチミン市には表面的には戦争の傷跡は残って...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。