ワヤン博物館~インドネシア伝統芸能

ワヤン博物館
入場料: RP 2,000 (20円)
開館時間: 09:00~15:00 (月曜日及び祝日は休館)
本当にこの博物館も15:00閉館だ…

あと5個の博物館を回る予定で時間が押しているので、ここもサ~っと流しちゃいました。
IMG_7128
ジャカルタ歴史博物館の横の通りにあるこの三角屋根の建物。元々は1640年にThe old Dutch Churchという教会として建てられたものです。

ワヤンとは何ぞや?(私も聞いたことすらありませんでした)
ワヤンとはインドネシアのジャワ島で1000年の歴史を持つ伝統芸能。元々は10世紀頃にヒンドゥー教とともにインドネシアに伝播されたものなので、インドの古代叙事詩であるラーマーヤナとマハーバーラタの物語が主流であったが、歴史を踏んでいく過程でインドネシア独自のアレンジを施していったそうです。演劇形態によって幾つかの分類分けがあるワヤンの中で一番有名なのはワヤン・クリと呼ばれる影絵劇。舞台に白いスクリーンを貼り、その裏から石油ランプを当て、その間で人形を動かすことで影をスクリーンに投射する。そしてダランと呼ばれる人形遣いが語りをしたり効果音を上げながら人形を操り、ガムランと呼ばれる奏者の伴奏と共にストーリーを展開していきます。イメージ湧きましたでしょうか?

以下が幾つかのワヤンの種類
・ワヤン・クリ:影絵人形芝居
・ワヤン・オラン:俳優が演じる舞台劇
・ワヤン・ゴレ:木偶人形の芝居劇

博物館に足を踏み入れると…
IMG_7132
こんなのであったり

IMG_7142
こんなのがディスプレイされています。デフォルメの効いた顔や飾り物が強烈だ。

ワヤン・ゴレと呼ばれる木彫り人形は西部ジャワ製が多く、後述の水牛の皮や角で作られるワヤン・クリの平人形はジャワ東部~中部やバリ島製の物が多いそうです。
ランプの造りも凝っています。
IMG_7130
人形遣いは光源と人形、スクリーンの関係で微妙な影の動きを演出するのでランプも重要なんですね。

ひだり みぎ
彩り鮮やかで個性溢れるキャラクター。どんな物語なのか気になるところです。

IMG_7145
オールスター全員大集合。人形は一体一体が非常にユニーク。

中庭には教会の名残が見られます。
IMG_7148

IMG_7147
in 1634…ここに教会が建てられたのが1640年だから教会建設の着工日記念だろうか。

ひだり みぎ
悪役Ⅱ

IMG_7156
これはお面劇用でしょう。

影絵芝居(ワヤン・クリ)用の人形。ワヤン=影、クリ=皮の意味で、人形は水牛の皮でできていて、操作用の棒は水牛の角でできているそうだ。

IMG_7158
Lembu Suraさん。ヒール(悪役)かと思ったが、こう見えてもお偉いさんで総監(Governor)だそうだ。Dewi Taraとの結婚を望んだ為にNarapati Sugriwaと Prabu Maesa Suraに殺害されたとさ。こういった独特な彩色であったり彫刻が施されたキャラクターがスクリーンに影を落とし、その裏で人形遣いが巧みに人形を操作、舞台の語りや歌、楽器の響きと共に一つのストーリーが展開される。でもこれらの人形はスクリーンの裏で操作されているので、スクリーン越しに見たら観客には色まで伝わりません。これには『死後の美しい世界には色彩があるが、現世では白黒にしか見えない』という宗教的な意味があるみたいです。深いですね。

これが使われる楽器であろうか。
IMG_7161
思っていたよりも大がかりなものもあります。打楽器が中心であるようだ。

IMG_7160
ひぇ~~。

こんな感じで館内を一周。影絵人形芝居の実演もやったりしているそうだが、具体的な開演時間などは不明。出口横は土産物屋になっていて、親指を二本立ててGOOOOOOODとやっている愉快なお兄さんが虎視眈々とビジネスチャンスを伺っています。

Related posts(関連記事):

香港⇒ジャカルタのキャセイ便でインボラ
さて、ぼちぼち時間になったので搭乗口へ。係員にチケットを手渡すと、『We'll bump you up to biz class if it's ok for you (貴殿さえ宜しければビジネスクラスにランクアップします)』!!!来た~!!!俗に言うインボラだ。4ヶ月ぶり5度目の幸運。 ジャカルタ着は中国時間23:45を予定。香港からは4時間40分のフライトです。棺桶タイプとはいえ座席がリ...
レンタルバイクでソロからスクー寺院へ
ホテル周辺の探索を終え、スクー寺院⇒チュト寺院⇒サンギラン博物館と周るツーリングを開始することに。 早速、観光案内所に紹介頂いたミキツアーズでバイクをレンタルしようとすると、バイクレンタル事業からは撤退済みとのことでまさかのレンタル失敗!いきなり出鼻を挫かれてしまう。 途方に暮れ市内を右往左往した挙句にホテルに戻り、コンシェルジェに相談。相談を受けた彼は手当たり次第に知人等に電話をかけてくれ...
ソロの骨董品マーケット・トリウィンドゥ市場
いよいよソロの滞在も最終日。昼の便でジャカルタへと飛び、そこからCXで繋いで香港経由成田行きという計画となっている。 朝食会場で、もはや毎朝の定番ドリンクとなったインドネシアの伝統生薬を飲み眠気覚まし。今日は疲労回復、体力増進効果があるという薬草の煎汁とウコンの生薬を飲んだんだが、これまた苦みが強烈で、一口飲んだらどんな眠気も吹っ飛んでくれる。こんだけ不味いんだし、偽薬ではなく本当に理薬効果...
歴代スルタンの夜のお楽しみ…水の離宮・タマンサリ
ジョグジャカルタ王宮の後背地の高台に今は廃墟となった王族の別荘がある。 それが王宮(クラトン)から西に300mいったところにある水の離宮・タマンサリ。王宮の建設に遅れること10年、初代スルタン、ハメンクブオノ1世の命で1765年に建てられたタマンサリは、王宮に仕える女官たちの沐浴場だったと言われている。沐浴場というと響きは良いが、実態はどうやら王様のウハウハハーレムスポットだったようで、中庭...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。