タイが呼んでいる

今日、同僚の50代日本人(以後、『同』と記載)から久しぶりの電話が入った。仕事の話が終わり…

同 『そういやさ、H●S香港で格安ツアーが出てるんだよ。』
私 『○○さんが旅行なんて珍しいじゃないですか。どっか行くんですか?』
同 『バンコクまで。3万円ちょいで航空券とホテル代がカバーされている。二泊三日だから金曜退社後に行って日曜に戻ればいい。タイに行きたい。(←おやじギャグ??)』
私 『そりゃ良いですね!私もタイに行きたい。』
同 『だろ!これ2名からしか参加できないみたいだから一緒に行こう!』
私 『でも、それだったら私、○○さん(同僚)と部屋とベッドをシェアすることになるんですよね…???』
同 『………ちょっと確認してみる。』

暫し経過。再度電話が入る。

同 『どうやら部屋を2つにするには追加料金が必要らしい。追加料金は誘った俺が払うから一緒に行こう!』

こんなオイシイ話を断るのはもっタイ無い。ということで、誠に急ながら、今週末にバンコクに行くことになりました。

火:深セン⇒大連
水:大連⇒天津
木:天津⇒上海・蘇州
金:上海⇒香港⇒バンコク
土:バンコク
日:バンコク⇒香港⇒深セン⇒中山

こんなタイトな日程となってしまった。去年までの自分ならば確実に多忙を理由に断っていただろうが、一人・また一人と日本に帰任していく駐在員たちの姿を見て、こっちにいる間は全力で行こうと思うようになったので、無理してでも頑張るし、楽しむ。

因みに香港⇔バンコク間はエアアジアが、マカオ⇔バンコク間はタイスマイル航空(先月に運行を開始したタイ国際航空ブランドのLCC便)などの格安航空便も飛んでいますが、今回はキャセイ便。

同日程でエアアジア便を利用した場合の航空券+燃油料+空港税費用
往路:HKD 1,232
復路:HKD 1,538
計  :HKD 2,770 (約3万円)
同日程でタイスマイル便を利用した場合の航空券+燃油料+空港税費用
計  :MOP 2,289 (約2万5千円)

ホテル代のことを考えるとやはりH●Sツアー強し。まぁそんなこんなで明日から金曜午前中までは一先ずタイの事を頭から離して仕事を頑張って、週末はタイで暫し現実逃避をしてきます。

Related posts(関連記事):

ウドンタニの本頭公媽とタイ-中国文化センター
どうも町の図体が大きいだけで見所に欠けるウドの大木的なウドンタニ。だからと言ってホテルに引き籠るのも勿体ないので適当にバイクで流していたところ、鉄道駅近くの湖畔に何やら中華寺院のような建物を発見。 門に本頭公媽と書かれているところを見ると、本頭公という土地の神を祀った廟であろう。バンコクやチェンマイでも見るくらいタイではそこそこに有名な廟である。 本頭公は日本では無名の存在だが、タイや...
ノンカイの町
タンゼノホテルに荷物を降ろし、ノンカイ市街地へと足を運んでみる。 ここノンカイはメコン川を挟んで対岸がラオスになっていて、タイとラオスを往来する多くの旅行者たちが通り過ぎていく交差点のような小さな町。鉄道駅前の寂れ具合からしてアクティブな町歩きには適さない感じだが、果たしてどうだろうか。 ホテル前の国道121号線で市街地方面に向かうトゥクトゥク待ち。 年輪を感じさせる渋い笑...
スコータイのレストラン(Dream Cafe、S and N Coffee House etc.)
本日は、今回の滞在期間中に特にお世話になったスコータイの食事処を幾つかご紹介。新市街地にはローカル屋台から西洋人経営のレストランバーまで一通り揃っているし、最悪、セブンイレブンでも最低限の食事が摂れるので食事には一切困らない。最近は胃がスぺランカーな自分も意を壊すことなく乗り切れました。 【S and N Coffee House】 新市街地のロータリーから東に伸びる中心街・シンワット...
これぞ自然美!タムクラセー橋(アルヒル桟橋)
カンチャナブリー駅を経て、クウェー川鉄橋とチョンカイの切り通しと言う名所2つを過ぎた後は、泰麺鉄道最大のハイライトとの誉れ高きアルヒル桟橋へと向かう。バンコクから乗った257号をタムクラセー駅で降り、プラサート・ムアン・シン歴史公園などを回った後に、258号として終点のナムトク駅から折り返してくる列車でカンチャナブリー方面へと戻る計画だ。最大見どころの一つチョンカイの切り通しはオランダからきたマダ...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    > パピヨンさん
    あはは。それはそれは誤解を招いてしまい申し訳ありません^^でも個人的に金融関連に強い興味があって、今は現地給料がHSBCに入るので、こちらで資産運用しています。(ファンドを長期で、短期でtime depositと呼ばれるfxで運用)欧州は明るい材料無いですよね~。オーストラリア・ニュージーランドも一時期と比べると引き締め引き締めで来ていますし…私はHSBCが良いかと思っています。主要通貨を通貨別に預金・運用できるので、日本の貯金も一部HSBCに持ってきて、円で運用したりもしていますし。近日中にHSBCの紹介もアップしようかと思います^^