タイが呼んでいる
タイが呼んでいる

タイが呼んでいる

今日、同僚の50代日本人(以後、『同』と記載)から久しぶりの電話が入った。仕事の話が終わり…

同 『そういやさ、H●S香港で格安ツアーが出てるんだよ。』
私 『○○さんが旅行なんて珍しいじゃないですか。どっか行くんですか?』
同 『バンコクまで。3万円ちょいで航空券とホテル代がカバーされている。二泊三日だから金曜退社後に行って日曜に戻ればいい。タイに行きたい。(←おやじギャグ??)』
私 『そりゃ良いですね!私もタイに行きたい。』
同 『だろ!これ2名からしか参加できないみたいだから一緒に行こう!』
私 『でも、それだったら私、○○さん(同僚)と部屋とベッドをシェアすることになるんですよね…???』
同 『………ちょっと確認してみる。』

暫し経過。再度電話が入る。

同 『どうやら部屋を2つにするには追加料金が必要らしい。追加料金は誘った俺が払うから一緒に行こう!』

こんなオイシイ話を断るのはもっタイ無い。ということで、誠に急ながら、今週末にバンコクに行くことになりました。

火:深セン⇒大連
水:大連⇒天津
木:天津⇒上海・蘇州
金:上海⇒香港⇒バンコク
土:バンコク
日:バンコク⇒香港⇒深セン⇒中山

こんなタイトな日程となってしまった。去年までの自分ならば確実に多忙を理由に断っていただろうが、一人・また一人と日本に帰任していく駐在員たちの姿を見て、こっちにいる間は全力で行こうと思うようになったので、無理してでも頑張るし、楽しむ。

因みに香港⇔バンコク間はエアアジアが、マカオ⇔バンコク間はタイスマイル航空(先月に運行を開始したタイ国際航空ブランドのLCC便)などの格安航空便も飛んでいますが、今回はキャセイ便。

同日程でエアアジア便を利用した場合の航空券+燃油料+空港税費用
往路:HKD 1,232
復路:HKD 1,538
計  :HKD 2,770 (約3万円)
同日程でタイスマイル便を利用した場合の航空券+燃油料+空港税費用
計  :MOP 2,289 (約2万5千円)

ホテル代のことを考えるとやはりH●Sツアー強し。まぁそんなこんなで明日から金曜午前中までは一先ずタイの事を頭から離して仕事を頑張って、週末はタイで暫し現実逃避をしてきます。

Related posts(関連記事):

呪いの寺院跡 ワット・ラーチャブーラナ
ワット・ラーチャブラナ(Wat Ratchabrana)は、アユタヤ王朝末期の1424年、クメール王朝を倒したアユタヤ王朝8代目の王ボロムラーチャー2世によって創建された比較的地味な寺院です。『アユタヤ王朝年代記』に拠ると、ボロムラーチャー2世の実父であるナコーンイン親王の死後、二人の実兄(Chao Ai PhrayaとChao Yi Phraya)が王位継承を巡って互いに殺し合いを演じて共倒れし...
田舎町ピサヌロークの夜
夜、特にあてもなくピサヌロークの町を探索してみることにする。 先ずは町で一番賑やかであろう鉄道駅前へとペダルを漕ぐ。昼間の殺人的な暑さが嘘のように過ごし易く、チャリで走っていると薄ら寒く感じる程に気温が落ちている。20℃切ってるくらいじゃなかろうか。 町に出てみると電飾が派手に飾られてキレイなのだが、おかげでそこらじゅうから虫が光に誘われ集ってしまっていて、足を止めた瞬間に虫の標的と...
劣化版アユタヤ 古都・チェンセーン
昨晩は何もないド田舎と酷評もしてしまったチェンセーンだが、朝歩いてみると歴史溢れる古都の趣を感じさせる素晴らしい町であることが分かったので、クルリと手のひらを返させて頂く。町中至る所にスコータイやビルマの影響を受け継ぐチェンセーン様式の仏塔や苔生えた寺院跡が点在していて、劣化版アユタヤといった歴史都市と表現すれば分かり易いだろうか。チェンセーンはバンコク王朝初期の頃、ビルマ軍による占拠を防ぐために...
熱気渦巻くチェンマイのナイトマーケット
宿泊先ホテルの足下を南北に伸びるチャンクラン通り。昼間は比較的静かで地味な通りだが、夕方6時くらいになると本性を現しだし、1本道の両側にびっしりと並んだ熱気渦巻く露店街の周りは夜な夜な観光客で溢れかえる。地元のアーティストの手工芸品や山岳民族による色鮮やかなテキスタイル、木彫品、銀製品、漆器、セラドン焼きや絹、衣料品など雑多な露店に、各国料理やBQグルメ屋台、屋台風簡易バーなどなど…タイ政府観光庁...

16件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    > パピヨンさん
    あはは。それはそれは誤解を招いてしまい申し訳ありません^^でも個人的に金融関連に強い興味があって、今は現地給料がHSBCに入るので、こちらで資産運用しています。(ファンドを長期で、短期でtime depositと呼ばれるfxで運用)欧州は明るい材料無いですよね~。オーストラリア・ニュージーランドも一時期と比べると引き締め引き締めで来ていますし…私はHSBCが良いかと思っています。主要通貨を通貨別に預金・運用できるので、日本の貯金も一部HSBCに持ってきて、円で運用したりもしていますし。近日中にHSBCの紹介もアップしようかと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。