タイが呼んでいる

今日、同僚の50代日本人(以後、『同』と記載)から久しぶりの電話が入った。仕事の話が終わり…

同 『そういやさ、H●S香港で格安ツアーが出てるんだよ。』
私 『○○さんが旅行なんて珍しいじゃないですか。どっか行くんですか?』
同 『バンコクまで。3万円ちょいで航空券とホテル代がカバーされている。二泊三日だから金曜退社後に行って日曜に戻ればいい。タイに行きたい。(←おやじギャグ??)』
私 『そりゃ良いですね!私もタイに行きたい。』
同 『だろ!これ2名からしか参加できないみたいだから一緒に行こう!』
私 『でも、それだったら私、○○さん(同僚)と部屋とベッドをシェアすることになるんですよね…???』
同 『………ちょっと確認してみる。』

暫し経過。再度電話が入る。

同 『どうやら部屋を2つにするには追加料金が必要らしい。追加料金は誘った俺が払うから一緒に行こう!』

こんなオイシイ話を断るのはもっタイ無い。ということで、誠に急ながら、今週末にバンコクに行くことになりました。

火:深セン⇒大連
水:大連⇒天津
木:天津⇒上海・蘇州
金:上海⇒香港⇒バンコク
土:バンコク
日:バンコク⇒香港⇒深セン⇒中山

こんなタイトな日程となってしまった。去年までの自分ならば確実に多忙を理由に断っていただろうが、一人・また一人と日本に帰任していく駐在員たちの姿を見て、こっちにいる間は全力で行こうと思うようになったので、無理してでも頑張るし、楽しむ。

因みに香港⇔バンコク間はエアアジアが、マカオ⇔バンコク間はタイスマイル航空(先月に運行を開始したタイ国際航空ブランドのLCC便)などの格安航空便も飛んでいますが、今回はキャセイ便。

同日程でエアアジア便を利用した場合の航空券+燃油料+空港税費用
往路:HKD 1,232
復路:HKD 1,538
計  :HKD 2,770 (約3万円)
同日程でタイスマイル便を利用した場合の航空券+燃油料+空港税費用
計  :MOP 2,289 (約2万5千円)

ホテル代のことを考えるとやはりH●Sツアー強し。まぁそんなこんなで明日から金曜午前中までは一先ずタイの事を頭から離して仕事を頑張って、週末はタイで暫し現実逃避をしてきます。

Related posts(関連記事):

タイの魅力(タイ関連情報は最下段部から)
静寂と喧噪、富貴に貧困、東洋と西洋、水と太陽、様々なものが交わり熱く息づく国。熱狂的なナイトライフや黄金に輝く寺院に古代を偲ばせる歴史的世界遺産、豊かな大自然に極楽ビーチリゾートなど、観光資源に恵まれたタイは、インフラや商業施設も整っていることもあり、世界中のバックパッカーの東南アジアに於いての一大拠点ともなっています。寺院巡り有り、ニューハーフショー有り、マリンスポーツ有り、ショッピング有り、ゴ...
エラワン神ありがとう CX654でインボラの御利益が!
バンコク弾丸旅行の帰りはCXのプレエコ席。バンコクの数ある寺院の中でも御利益力最強のエラワン祠でガッツリ祈願してきたし、ここはアップグレードの恩恵を受けれるものと信じたい。 早朝からのゴルフ⇒ランチでクッタクタグッダグダの状態で空港入り。本当は一つ遅い便で帰りたかったんだけど、空席状況を見るからにCX654の方がインボラ来そうだったんで、キッツキッツの日程にしてでもこの便を選択した。機材もA...
タイ国鉄でコンケンからウドンタニへ
本日は鉄道でコンケンからウドンタニへと北上、今回の旅行の最終目的地であるラオスのビエンチャンに向けて一歩前進だ。 ラオスとの国境にも近いウドンタニはイサーンでも有数の商業都市。60年代のべトナム戦争時に米軍基地が置かれたことで軍需景気を背景に発展したというパタヤのような歴史を持つ町である。市内には特に目立った観光地はなさそうだけど、ウドンタニから東に50キロの地点にある古代文明の遺跡・バーン...
CX703 キャセイで飛ぶバンコク出張 B777-300(773Z)
急なバンコクでの打合せが入り、いつものキャセイでバンコクにひとっ飛びすることに。 幸いにして、香港―バンコクはシャトルバスかよと突っ込みたくなるくらい頻繁にCXがピストン運行してるので、出発直前でも乗りっぱぐれる心配はない。この日を例に挙げると… 08:40 CX705 A330-300 09:10 CX713 A330-300 10:00 CX615 A330-300 12:0...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    > パピヨンさん
    あはは。それはそれは誤解を招いてしまい申し訳ありません^^でも個人的に金融関連に強い興味があって、今は現地給料がHSBCに入るので、こちらで資産運用しています。(ファンドを長期で、短期でtime depositと呼ばれるfxで運用)欧州は明るい材料無いですよね~。オーストラリア・ニュージーランドも一時期と比べると引き締め引き締めで来ていますし…私はHSBCが良いかと思っています。主要通貨を通貨別に預金・運用できるので、日本の貯金も一部HSBCに持ってきて、円で運用したりもしていますし。近日中にHSBCの紹介もアップしようかと思います^^