想像を絶するジャカルタの満員電車の込み具合…

以前にも書いたジャカルタを走る電車の満員っぷり。

story-indonesia-train-roof-good-115230
Pic borrowed from CNN

88BD733A-795A-47DA-8AAB-E7D25EC7645F_w640_r1_s
ditto

乗れてね~~。はみ出るとかの次元じゃなくて、乗れてないの状態でもドアを閉めず走り出しますから!車体にしがみつく乗客には相当の腕力が求められる。

Pakistan
ここまでくるともはや芸術。電車の表面が見えません。

IMG_0912 (2)
乗車人数を増やす為にドア何て取り除かれてますから安全基準なんて言葉はインドネシアの辞書には載っていないのでしょう。

インドネシアではジャカルタ近郊に人口が一極集中してしまっており、街中どこを見ても溢れんばかりの人・人・人・そして人…渋滞も凄ければ電車の入りも凄いわけです。そこに電車本数の不足も手伝って、ラッシュアワー時には一つの列車になんと万単位の人数が詰め込まれるそうです。なんせ車内からあぶれ出た人たちは屋根にも乗ったりしてるんですから、その様子には度肝を抜かれます。ジャカルタの電車速度は若干遅いとはいえ、電車の屋根に乗って移動なんて、考えるだけでもスリル満点というか、掴むところも無いし走行中の振動も大きいので普通に考えて落ちるだろ!と思っちゃいますよね。それが……やっぱり落ちるんです!走行中の電車の屋根から落下することによる死亡事故が頻発、社会問題化していました。

そこで国営鉄道当局は熟考。どうせれば電車の屋根からの落下事故を防げるか。知恵を絞りに絞る。

当然ながら屋根への乗車を防げれば落下事故を防げるわけです。問題は『屋根への乗車防止』の目的を達成する為の手段。

屋根への乗車客に膨大な罰金制度を課す……………否!!
各駅にて屋根への乗車客の取締を強化………………否!!
屋根の構造を変えて登れないようにする………………否!!
電車の稼働数を増やして混雑を緩和……………………否!!
そしてインドネシア国営鉄道当局が採った渾身の対策とは…
①屋根にオイルを塗って登れなくする…………………効果無し!
②駅で音楽家を雇って安全に関する歌を演奏 ………効果無し!
③屋根に鉄線を張り巡らせる……………………………効果無し!

インドネシアの英知を集結させて厳選した対応策も効果無し。第四の策を打ち出しました。それがこれ!
120118021805-indonesia-concrete-balls-story-top
Pic borrowed from CNN

はい。コンクリートの球体を列車の通り道にぶら下げてみました。これにより屋根の上の乗客はコンクリの塊に打ちつけられて危ないので誰も乗らなくなるだろうとの発想。これ、絶対に乗客を死なす気ですよね!当局役員は語る。落下死亡事故を未然に防ぐのが目的だったはずが、まさに本末転倒。

当局役員の一人であるマテタ氏は自信を漲らせた表情で語る。『これにより屋根の乗車客の頭部に致命的ダメージを与えることができ、この恐怖が無謀な乗車への抑止力となる。』

この国営鉄道局の措置に対し、ほぼ毎日、電車の屋根に登って通勤しているムルヤントさんのコメント。

『初めはこのニュースを聞いた時に恐れ戦いた。これは危険であろう。だがこれも長くは続かない。彼ら(鉄道当局)は様々な方策を講じてきたが、いつも俺らが勝ってきたんだ。』

数年前に当局が設置したスプレーガン。屋根の上の乗客にスプレーを吹きかける事で駅到着後に容疑者を特定する手法だ。これは乗車客に破壊された。(←犯罪だろ!)
この措置に対してインドネシアの乗客がどう出てくるのか。鉄製ヘルメット装着?マリオのように走行中にジャンプ一番、ヒラリとかわす?今後も当局と乗客の激しい鬩ぎ合いが続きそうで要注目です。

Related posts(関連記事):

天空の神殿から地上の俗世界へ(チュト寺院⇒サンギラン)
シクー寺院・チュト寺院の見学を終え、ラウ山の中腹からサンギランへバイクで向かう。天空の幽玄の地から地上の俗世界へと降り立っていく気分である。 移動距離は55Kmと大したことないのだが、山間の九十九折れでスピードも出せないし、平地は平地で一部が凸凹道となっていたりしたので、3時間以上もかかることになるとは… 標高3,265mの聖峰ラウ山を結構な傾斜で下ってく。 地球は丸い!っ...
ソロでジャム材料を調達するならグデ市場で
ソロ二日目。旅も大詰めに差し掛かり疲れも蓄積されているというのに、朝5時台からホテルの外の騒音でたたき起こされる。 一体全体なに事だと思い外に出てみると、ホテルに面した大通りを封鎖してエアロビ大会が開催されていた。5車線全体を全面閉鎖するこの規模感、これを何も早朝にホテルの目の前でやらんでも。 無駄に早起きしてしまったので、ホテル近辺を探索してみることに。先ずはコンシェルジェに教え...
聖地の中の地獄谷・シキダン地熱地帯
ディエン高原は巨大な火山地帯にあり、高原全域がカルデラ盆地になっているので、所々で噴気孔からモクモクと白煙がたなびく様子が観察できる。ジョグジャから来る途中に見た煙も焼畑によるものではなく噴気孔からの蒸気煙だったんだろう。火口原ならではの現象で、ディエン高原には地中から噴出する蒸気で直接タービンを回し発電機を駆動して電気を得る地熱発電所まで有るらしい。生きた火山にいることを実感させられる。 ...
プラザ・スマンギでブラブラと
ホテル飯に飽きたので、ぶらりと気分転換も兼ねて外食することに。 スディルマン・クニンガンの渋滞は醜いので、車と車の間を縫って走れるバイクタクシー(オジェック)で移動する。値段交渉を終え、運転手から差し出された悪臭漂うヘルメットを着用。準備が整ったところでエスパー伊藤似の弱々しいモヤシ男の運転手がご自慢のバイクを走らせる。 僅かな隙間を接触事故を起こさずギリギリで抜けて...

コメント

  1. ひきち より:

    初めまして。
    私は日本でテレビ制作をしているものです。
    インドネシアと日本の鉄道についてリサーチしているのですが、現地のお話をお聞きできたらと思っております。
    お手すきの際、メールいただけますでしょうか。
    宜しくお願い致します。