香港⇒ジャカルタのキャセイ便でインボラ

さて、ぼちぼち時間になったので搭乗口へ。係員にチケットを手渡すと、『We’ll bump you up to biz class if it’s ok for you (貴殿さえ宜しければビジネスクラスにランクアップします)』!!!来た~!!!俗に言うインボラだ。4ヶ月ぶり5度目の幸運。

ジャカルタ着は中国時間23:45を予定。香港からは4時間40分のフライトです。棺桶タイプとはいえ座席がリクライニングしてソファーみたいになるので仮眠を取るにはちょうど良いが、ここで寝るとホテルに着いてから寝れなくなる…

本日の機内食
IMG_0411
普段、機内では利尿性のあるアルコールやコーヒーは飲まないようにしているが、今日はめでたきインボラ記念日を一人で虚しく祝うべくシャンペンを頼んでしまった。

IMG_0413
肉!!!ラウンジでがっつり食べた後でしたが、勿体ないので気合で胃袋に詰め込みました。

食後は眠気との格闘を続けながら地図を眺めていたり今回のお供本である十八史略を読んでいたら、予定より早く到着。1冊は往路で読み終へる目論見であったが、結局半分も読み終えず。

スカルノ・ハッタ国際空港。深夜だというのにこの行列!ここでUS$25と引き換えに到着ビザを受け取ってからイミグレに向かいます。

IMG_6668
看板の『品物損害クラーム』の誤字を見るとインドネシアに来たという実感が湧く。
ビザ申請⇒イミグレ⇒荷物ピックアップ⇒荷物検査で1時間かかりました。

IMG_6670
荷物検査を終え、タクシーを手配。夜中だというのに両替商やタクシー・ホテル斡旋商の人たちは非常に元気に声をかけてきます。

両替を済ませると、貰った金額がレシートに記載された額に対してIR100,000(≒1,000円)少なかったので抗議をしていると、他の日本人が『気をつけた方が良いですよ』と一言だけ言って後ろを通り過ぎていった。結局レシートの金額通りの額を受け取ることができましたが、確認しなければお金が足りないことに気が付きませんでした。皆様お気を付け下さい。

タクシーは今回もAVISを利用。市内まで高速代込みでIR 200,000 (≒2,000円)です。バスですと1階到着ロビー出口のGate Fを出て左側のところから市内までIR 20,000で行けるみたいですが、最終便は23:30とのことで、イミグレで私の後ろに並んでた白人バックパッカー集団は空港で夜を明かして明日の朝にバスで市内に向かうと言っていました。ただ、安全を考えるとやはり市内までの移動はSilver Bird 若しくはAvisなど名の知れたタクシー会社を利用した方が良いかと思います。
IMG_6672

代金を支払うとボーイさんが外で待機しているタクシーまで誘導してくれます。
IMG_6674
ボーイに連れられ真夜中の暗がりを抜け…

IMG_6675
黒塗りの車(AVISが契約してる白タク)に乗せられます。周りには個人営業の白タク運ちゃんがワンサカいます。

AVISでは毎回毎回フレンドリーな運ちゃんにあたる。『いつまでジャカルタにいるんだ?どこに行くんだ?』と質問攻め。営業熱心で明日以降の出張でも自分を使ってくれと必死にアピールしてくるのだ。凄くフレンドリー。

IMG_6673
ただ、今回の運ちゃんはフレンドリーすぎ!時速120キロで走行中、律儀にこっちの目を見て話さないでいいから!

Related posts(関連記事):

ヒンドゥー教の美術文化を象徴するプランバナン
シェラトン・ムスティカジョグジャカルタリゾート&スパでチェックイン。深夜便で香港からジャカルタに飛び、朝一の便でジョグジャカルタへとやって来た。この時点で朝7時。さすがにアーリーチェックインはできなかったが、ホテルの無料シャトルバスが出る8時までクラブラウンジで朝食を摂りながら休ませてもらえることに。シェラトンジョグジャはSPGカテゴリー1という最低ランクに属しているので心配だったが、そこは腐って...
JL759 成田⇒ホーチミン 787-8エコノミー 搭乗記
今年は飛行機の搭乗記を殆ど書けてないですが、例年と変わらぬペースで公私共に乗り倒してて、JALのダイヤモンドが見えるところまで来ました。 残念ながら上司やらなんやらの同行者と一緒に移動するケースが多くなったことや仕事絡みのフライト情報をアップしにくくなってしまったことも搭乗記を残せていない理由の一部ですが、それ以上に、JALだと周囲の目が気になり写真が撮りずらいんで、ネタが残らないのでありま...
ラマダン
いきなりですが、皆様ラマダンという言葉を聞いたことがありますでしょうか? 断食がイスラム教徒の義務である六信五行の一つであることをご存じの方は多いと思いますが、表題のラマダンとは、その断食を行う月のことであります。イスラム暦では1年は354日と太陽暦より11日早く動くので毎年ラマダンの時期も11日づつ早まっていき、2012年度は7月20日から8月18日までがラマダンにあたります。 1ヶ...
マンディリ博物館
マンディリ博物館 入館料: RP 2,000 (≒20円) 開館時間:09:00~16:00(月曜日及び祝日は休館) マンディリとは銀行の名前です。97年のアジア通貨危機の時に4行の国営銀行が合併、経営再編されて巨大なマンディリ銀行が誕生しました。ここは当時の銀行の様子を紹介する博物館になります。 入り口の左右にはコミカルなマネキンおじさんが二人。 インドネシア銀行博物館...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    どこの航空会社でしょうか?
    得した気持ちになりますよね。
    私は一度まだテロだなんて大騒ぎしない時代に。
    ガルーダ航空の国内線でバリのデンバサールージョグジャカルタの間コクピツトドアーのすぐ後ろの席で
    ドアーを開けたまま飛行・・・・すべてのパイロットの動作を目のあたりにして楽しい経験しました。