激しすぎる5D映画

前々から気にはなっていたのですが…

IMG_4417
岐江沿いにある5D映画館『王日韓流』という何ともテーマを絞れていない服飾商店の脇を入ったところにあります。今日のオリンピックの男子サッカーエジプト戦の前に時間があったので行ってきました。

ひだり みぎ
5D体験の看板を見ていると若いお姉さんが売り込みに出て来ました。そういう集客戦法か!

お姉さんに説得され、なすがままに連行される私。
IMG_5010
『切って、貼っただけ』感が出てる手作りファサード看板が映画に対する期待値を大きく引き下げます。

IMG_5292
この中から選べと。サービスで1部10元(≒125円)、2部20元(≒250円)と言われ、迷わず1部を選択。こっちの映画は普通に100元とかするので5Dともなると500元くらいかっ取られるのかと思っていたが、予想外の安値。大人一人でも楽しめるおススメを聞いたところ、『病狂過山?(クレージー・ジェットコースター)』が放映されることに。

こんな感じの暗がりの部屋に通される。前列4人、後列4人で最大8人収容の小部屋。
IMG_5320
完全に自分一人の密室。ここで5D用の特殊メガネを渡されます。

IMG_5298
前方のスクリーンにはアバターの人が。

IMG_5299
ちょちょちょいと映画プログラムがいじくられ

突如として
IMG_5300
スタート!(余りに揺れが激しかった為に手振れが酷いですが悪しからず 

超高速で山間を走り抜けるトロッコで冒険するという設定らしい。
IMG_5306
強烈な風が吹き付け、椅子が激しく暴れ出す!!シートベルトしてないと放り出されるくらい暴れ馬化した椅子!!

レールで入り組んだ山岳地帯。
ひだり みぎ
どういった経緯でこんなところを走り彷徨うことになったんだ。

ひだり みぎ
迫り来る巨大な鳥類集団による襲撃をかわしたと思ったら…

まさかの急落下!
IMG_5312
この時点で画面に酔って気持ち悪い。慢性的な寝不足状態の私には5Dはきつかった。

落下したトロッコは洞窟に突っ込み
IMG_5315
中にいた大蛇のような怪獣に豪快に噛みつかれるが、辛くも回避!

命からがら洞窟を抜けきると、前方に味方であろうヘリを発見!
IMG_5319
ロープ状のハシゴを差し出す山岳救助隊!ヘリに乗り込んでようやく解放されるのか!
と思いきやロープを掴みきれず、そのままブーンと遠くに走り去っていくヘリ…

IMG_5318
諦めるの早いよ救助隊!薄情だな~~!

で、フェードアウェイしていくヘリと共にこの映画も終了。バッドエンディング??何なのこのオチ!

感覚的にはTDLのスターツアーズの小規模版といったところでしょうか。ただ、焦点がずれているのか途中で酔ってしまいましたし、振動が強すぎて首を痛める可能性があるので要注意。

放映時間は5分弱でした。
その他のタイトルは
『鬼屋(お化け屋敷)』
『雪地反●(雪地反撃)』
『南瓜鬼(カボチャ鬼)』
『小恐●(ミニ恐竜)』
『黑暗墓地(黒暗墓地)』
『森林探●(森林探検)』
などなど。多分、どれもこれも似たような内容になっていると思います。

以上、首の強い方にのみにおススメできる5D映画の紹介でした。

Related posts(関連記事):

日露戦争の最激戦区となった二〇三高地
永遠と待っても路線バスが来なかったので、痺れを切らしてタクシーにて203高地の麓までやってきた。 一般車両で乗り入れできるのはどうやらここまでのようで、ここからは山の麓にある旅行会社の専用車、観光用の駕籠、もしくは徒歩で頂上を目指すことになる。籠屋に群がられるも、自らの足で自力で急坂を登って頂上を目指したかったので丁重にお断り。 映画『二百三高地』で見た通り当時は丸裸の山だったそう...
中国の書店!!!~立ち読みならぬ座り読み~
『知は力なり』 昨日は本屋に立ち寄る機会がありました。中国の方はあまり本を読んでいるイメージが無いと思うのは私の偏見でしょうか。みんな新聞は読んでるみたいだけど… さて、本屋到着。入店しようとすると、先ず鞄を入口手前にあるロッカーに預けるように命ぜられる。万引き防止であろうが、店内には堂々と肩鞄を下げている客もいた。基準がよう分からん。私の身形が怪しかったのか?? いざ入店してみ...
中国で回転寿司を食してみる
中国広州市の目抜き通りである北京路にて回転寿司屋を発見。入ってみることに。 中山市にもある日本食チェーン店。その名も『万歳 回転寿司日本料理』。 万歳!客引きの指示通り、窮屈な階段を登り二階へと向かい入店すると… 見事に満員御礼状態です。皆さん20代のジモティのようである。 回ってます回ってます。パッと見は日本の回転寿司屋と変わりありません。 価格帯。白縁7元・緑縁9元・...
中国旧正月④正月商戦を戦う香具師に細工師に
普段からワイワイガヤガヤ賑やかな中国ですが、春節(旧正月)ともなると、正月商戦を戦う出店・催し物やら、赤を基調としたド派手な装飾物やらが街頭を派手やかに彩どり、街は更に活況を呈します。 街を歩いていると、前方に何やら人混みを発見。 観衆が凝視でる先には胡散臭い風貌のオッサンが、言葉巧みに賭け事の挑戦者を募っている。この青空賭博、果たして公安の許可とってやっているのだろうか。W...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >hiro190さん
    >hiro190さん
    中国は何にしても消費者の視点で考えるということがなされていないですからね(涙)上海の高速新幹線の設計者が『(設計欠陥だらけなので)私だったらこれには絶対乗らない』みたいなこと言ってましたが、このアトラクションを設計した人ももしかしたら自分でトライしていないのかもしれないですね(笑)