激しすぎる5D映画

前々から気にはなっていたのですが…

IMG_4417
岐江沿いにある5D映画館『王日韓流』という何ともテーマを絞れていない服飾商店の脇を入ったところにあります。今日のオリンピックの男子サッカーエジプト戦の前に時間があったので行ってきました。

ひだり みぎ
5D体験の看板を見ていると若いお姉さんが売り込みに出て来ました。そういう集客戦法か!

お姉さんに説得され、なすがままに連行される私。
IMG_5010
『切って、貼っただけ』感が出てる手作りファサード看板が映画に対する期待値を大きく引き下げます。

IMG_5292
この中から選べと。サービスで1部10元(≒125円)、2部20元(≒250円)と言われ、迷わず1部を選択。こっちの映画は普通に100元とかするので5Dともなると500元くらいかっ取られるのかと思っていたが、予想外の安値。大人一人でも楽しめるおススメを聞いたところ、『病狂過山?(クレージー・ジェットコースター)』が放映されることに。

こんな感じの暗がりの部屋に通される。前列4人、後列4人で最大8人収容の小部屋。
IMG_5320
完全に自分一人の密室。ここで5D用の特殊メガネを渡されます。

IMG_5298
前方のスクリーンにはアバターの人が。

IMG_5299
ちょちょちょいと映画プログラムがいじくられ

突如として
IMG_5300
スタート!(余りに揺れが激しかった為に手振れが酷いですが悪しからず 

超高速で山間を走り抜けるトロッコで冒険するという設定らしい。
IMG_5306
強烈な風が吹き付け、椅子が激しく暴れ出す!!シートベルトしてないと放り出されるくらい暴れ馬化した椅子!!

レールで入り組んだ山岳地帯。
ひだり みぎ
どういった経緯でこんなところを走り彷徨うことになったんだ。

ひだり みぎ
迫り来る巨大な鳥類集団による襲撃をかわしたと思ったら…

まさかの急落下!
IMG_5312
この時点で画面に酔って気持ち悪い。慢性的な寝不足状態の私には5Dはきつかった。

落下したトロッコは洞窟に突っ込み
IMG_5315
中にいた大蛇のような怪獣に豪快に噛みつかれるが、辛くも回避!

命からがら洞窟を抜けきると、前方に味方であろうヘリを発見!
IMG_5319
ロープ状のハシゴを差し出す山岳救助隊!ヘリに乗り込んでようやく解放されるのか!
と思いきやロープを掴みきれず、そのままブーンと遠くに走り去っていくヘリ…

IMG_5318
諦めるの早いよ救助隊!薄情だな~~!

で、フェードアウェイしていくヘリと共にこの映画も終了。バッドエンディング??何なのこのオチ!

感覚的にはTDLのスターツアーズの小規模版といったところでしょうか。ただ、焦点がずれているのか途中で酔ってしまいましたし、振動が強すぎて首を痛める可能性があるので要注意。

放映時間は5分弱でした。
その他のタイトルは
『鬼屋(お化け屋敷)』
『雪地反●(雪地反撃)』
『南瓜鬼(カボチャ鬼)』
『小恐●(ミニ恐竜)』
『黑暗墓地(黒暗墓地)』
『森林探●(森林探検)』
などなど。多分、どれもこれも似たような内容になっていると思います。

以上、首の強い方にのみにおススメできる5D映画の紹介でした。

Related posts(関連記事):

カシュガル班超記念公園 
果てしない無限の砂の中を駱駝の隊商の列が往き、勇ましく逞しい騎馬隊が旗を掲げて疾駆…。地上の万物を焼き焦がすような強烈な日差し、湖を凍てつかせる程の酷寒…。厳しい自然の中で繁栄と滅亡が繰り返され、今日でも所々で古代西域諸国の城跡や町跡が残るロマン満点の中国西域地帯。そんな西域ロマンに憑りつかれ、後世を西域運営に捧げた男が今から2000年も前に存在した。後漢時代を生きた軍人・班超だ。 歴史関連...
宿泊記 ルネッサンス上海 中山公園(Renaissance Shanghai)クラブフロア
この週末は中山公園にあるルネッサンス上海 中山公園(龍之夢万麗酒店 Renaissance Shanghai Zhongshan Park)に泊まってみることに。 「中山公園のルネッサンス」と表現したのは、上海には複数個のルネッサンスがあり、他のルネッサンスと区別する為。マリオットは中国市場の中でも特に上海への傾注ぶりが半端なく、ルネッサンスだけで上海に6つのホテルを展開するという気合の入り...
敦煌の砂漠で遊ぶ 月牙泉と鳴沙山
敦煌到着日はフライトの遅延で万里の長城の最西端とされる玉門関まで足を運ぶ時間が無くなってしまったので、代わりに近くの砂漠で遊んできた。 敦煌はシルクロード上のオアシス都市として栄えた古都。周囲一帯には無限の砂漠が広がっており、街から僅か5Km程のところには鳴沙山という有名な砂丘が存在するというので行ってみた。 市街地からは鳴沙山へはバスで移動。街によってバスの種類や乗り方はマチマチだが...
農科奇観
途中で道草食ってしまいましたが、ようやく農科奇観に到着。 普陀寺に向かうバスで大量の乗客がここで下車していたので、普陀寺の帰り際に寄ってみようと決めていました。 国家農業工高技術示範とかかれているのが、農園なのか?菜園なのか? はたまた農業に関するテーマパークなのか?色鮮やかな野菜オブジェがワクワク心を刺激します。 テーマパークで大人一人のチケットを買うのももう慣れた今日こ...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >hiro190さん
    >hiro190さん
    中国は何にしても消費者の視点で考えるということがなされていないですからね(涙)上海の高速新幹線の設計者が『(設計欠陥だらけなので)私だったらこれには絶対乗らない』みたいなこと言ってましたが、このアトラクションを設計した人ももしかしたら自分でトライしていないのかもしれないですね(笑)