激しすぎる5D映画

前々から気にはなっていたのですが…

IMG_4417
岐江沿いにある5D映画館『王日韓流』という何ともテーマを絞れていない服飾商店の脇を入ったところにあります。今日のオリンピックの男子サッカーエジプト戦の前に時間があったので行ってきました。

ひだり みぎ
5D体験の看板を見ていると若いお姉さんが売り込みに出て来ました。そういう集客戦法か!

お姉さんに説得され、なすがままに連行される私。
IMG_5010
『切って、貼っただけ』感が出てる手作りファサード看板が映画に対する期待値を大きく引き下げます。

IMG_5292
この中から選べと。サービスで1部10元(≒125円)、2部20元(≒250円)と言われ、迷わず1部を選択。こっちの映画は普通に100元とかするので5Dともなると500元くらいかっ取られるのかと思っていたが、予想外の安値。大人一人でも楽しめるおススメを聞いたところ、『病狂過山?(クレージー・ジェットコースター)』が放映されることに。

こんな感じの暗がりの部屋に通される。前列4人、後列4人で最大8人収容の小部屋。
IMG_5320
完全に自分一人の密室。ここで5D用の特殊メガネを渡されます。

IMG_5298
前方のスクリーンにはアバターの人が。

IMG_5299
ちょちょちょいと映画プログラムがいじくられ

突如として
IMG_5300
スタート!(余りに揺れが激しかった為に手振れが酷いですが悪しからず 

超高速で山間を走り抜けるトロッコで冒険するという設定らしい。
IMG_5306
強烈な風が吹き付け、椅子が激しく暴れ出す!!シートベルトしてないと放り出されるくらい暴れ馬化した椅子!!

レールで入り組んだ山岳地帯。
ひだり みぎ
どういった経緯でこんなところを走り彷徨うことになったんだ。

ひだり みぎ
迫り来る巨大な鳥類集団による襲撃をかわしたと思ったら…

まさかの急落下!
IMG_5312
この時点で画面に酔って気持ち悪い。慢性的な寝不足状態の私には5Dはきつかった。

落下したトロッコは洞窟に突っ込み
IMG_5315
中にいた大蛇のような怪獣に豪快に噛みつかれるが、辛くも回避!

命からがら洞窟を抜けきると、前方に味方であろうヘリを発見!
IMG_5319
ロープ状のハシゴを差し出す山岳救助隊!ヘリに乗り込んでようやく解放されるのか!
と思いきやロープを掴みきれず、そのままブーンと遠くに走り去っていくヘリ…

IMG_5318
諦めるの早いよ救助隊!薄情だな~~!

で、フェードアウェイしていくヘリと共にこの映画も終了。バッドエンディング??何なのこのオチ!

感覚的にはTDLのスターツアーズの小規模版といったところでしょうか。ただ、焦点がずれているのか途中で酔ってしまいましたし、振動が強すぎて首を痛める可能性があるので要注意。

放映時間は5分弱でした。
その他のタイトルは
『鬼屋(お化け屋敷)』
『雪地反●(雪地反撃)』
『南瓜鬼(カボチャ鬼)』
『小恐●(ミニ恐竜)』
『黑暗墓地(黒暗墓地)』
『森林探●(森林探検)』
などなど。多分、どれもこれも似たような内容になっていると思います。

以上、首の強い方にのみにおススメできる5D映画の紹介でした。

Related posts(関連記事):

権利と好意
普段は扱き下ろす事も多い中国の方々の公共スペースでの行動マナーやモラルだが、バスや地下鉄で若者が率先して年配の方々に席を譲る姿には感銘を受ける。勿論、若者の全員に全員が快く老齢者の為に席を譲るわけではないが、彼らが席を譲る姿はかなり頻繁に目撃する。 逆にけしからんのが高齢者の方々だ。席を譲られても仏頂面であたかも自分がVIPで席を譲られるのが当然といった面持でどっしりと着座、お礼さえしないケ...
ホリデイイン エクスプレス 羅湖深セン 価格重視のIHG修行用ホテル
今回の深セン出張の宿泊先はホリデイイン エクスプレス羅湖深センホテル(Holiday Inn Express Shenzhen Luohu Hotel)。最寄り駅は老街駅・紅嶺駅・大劇院駅になるが、いずれもホテルまでは1Kmちょいあるので、夏にスーツケースを転がしての徒歩での移動は難しい。羅湖からの移動の場合はホテルまで3Kmちょいなので、タクシーを利用した方が賢明だ。 羅湖からタクシーを走...
珠海郊外の寂れた郷村 ・東坑村
普陀寺の拝観を終え、市内から普陀寺に向かう途中で見つけた農科奇観(植物園)を徒歩で目指します。途中、東坑村というところを通り抜けました。観光客など皆無の超ディープチャイナです。 普陀寺から農科奇観は距離にしてジャスト3Km。東坑村はその中間に位置します。 中心地の宿。 悲しくなるほど寂れた村。経済特区である珠海市中心地からバスで40分程度しか離れていないのに、人里離れた過疎地域の...
鄭州ー広州 中国南方航空 B737-800ビジネスクラス搭乗記
端午節三連休の洛陽・鄭州・開封旅行もあっという間に終わり、現実へと引き戻される時間がやってきた。河南省省都・鄭州の空の玄関口から広州へと南方航空で一っ飛びだ。 滞在先のルメリディアン鄭州から(CGO)へはタクシーで。かかった時間は30分、メーターで走って高速道路料金を含めて運賃は120元だった。コンシェルジュに言われるがままにタクシーに乗ったけど、鄭州東から高速鉄道で行けば二等で11元と...

「激しすぎる5D映画」への9件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >hiro190さん
    >hiro190さん
    中国は何にしても消費者の視点で考えるということがなされていないですからね(涙)上海の高速新幹線の設計者が『(設計欠陥だらけなので)私だったらこれには絶対乗らない』みたいなこと言ってましたが、このアトラクションを設計した人ももしかしたら自分でトライしていないのかもしれないですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。