ホーチミンのジャーマンビヤホール

ダムセン公園から中心地に戻り、偶然にも感じの良いビヤホールを発見。
ビール、ビール、ビール…日が暮れても体にまとわりつくような熱気が残るホーチミンではビールの誘惑に打ち勝てん。

カラベルホテルの隣にあり、韓国料理や中華料理のお店が入っているラムソンスクエアに位置します。
ひだり みぎ
LION GERMAN BEER。こんな看板を見せられて反応しない訳にいきません。

IMG_3873
11:00~14:00迄のビュッフェはVND129,000 (≒520円)と非常にお得。

中の様子。
ひだり みぎ
コロニアル風な建物の中に200名近くは収容できるであろう広々としたオープンスペース。客層は意外にもベトナム人が多かったです。プライベートな空間が必要な場合は二階の個室を予約できます。

ひだり みぎ
階段には大量のケグ。ビール党の私はこの光景を見ただけで嬉しくなる。

IMG_0998
それにしても夥しい量ですな。

IMG_3881
中央には銅色に光り輝く巨大な自家製ドラフトビールの貯蔵タンク。本格的で期待ができます。

ドイツのクラフトビールをオーダーすると
IMG_3885
タンクからパイプでつながっている手前のサーバーで注いでくれます。

そんなドイツのビヤホールですが、ウェイターは何故かニュージーランド産のMOAビールをごり押し。
IMG_3879
ワインの産地として有名なニュージーランドのマルボローでマニュアル製造によって作られているビールとのこと。ワインの製造技法に倣って樽内での熟成や瓶詰め後の発酵プロセスなどを取り入れるなど、価格より質を追求した希少ビールらしい。営業熱意に心打たれて一瓶をオーダー。

でもやっぱり待ちきれずにMOAを飲みきる前にドイツのダークビール(500ml)を注文www
IMG_3890
原材料は大麦とホップのみ。大麦とカラメルの良い香り。泡がきめ細かく非常に良い口当たりです。

LIONではジャーマンビアーは黄金色の「ラガー」と褐色の「ダークラガー」の2種類が用意されており、量によって値段が異なる仕組み。

300 ml VND 30,000  (≒120円)
500 ml VND 40,000  (≒160円)
1 liter VND 75,000  (≒300円)
5 liter VND 365,000 (≒1460円)
10 liter VND 700,000 (≒2800円)

日本にある英国風パブチェーン店のHUBで供されている1リットルのタワービールは1350円なので、如何にホーチミンのビールが安いかが分かります。酒税が安いのかな。

料理はつまみのフライドポテトに加えて
ひだり みぎ
サバサラダにDrunken Chicken。酔いどれチキンとでも訳すべきか。何らかの酒で蒸してるのだろうが、酒の味も匂いも感じ取れませんでした。

これでも足りなかったので最後にやっぱり
IMG_3889
ソーセージ!ドイツにビヤホールと言ったらやっぱりこれが無くちゃ!酢漬けレッドキャベツもちゃんとついています。

これで計VND 818,000 (≒3,300円)。この中で一番単価が高かったのは…MOAビールなんです。(VND 320,000≒1,280円) 値の張る希少ビールでしたが、見た目的にも味的にもインパクト大なドイツのダークビールの陰に隠れてしまい、味は余り印象に残りませんでした。



LION Brewery&Restaurant
営業時間: 09:00~24:00
住所: 11-13 Cong Truong Lam Son. Dsit., HCMC. (カラベルホテルの横)
電話: 08-3823-8514

Related posts(関連記事):

成田からハノイ経由でベトナム・フエへ Sleeping Podでハノイ空港泊
そういや、だいぶ前の話になるけれどベトナム中部の古都・フエに2泊3日の小旅行に行ってたので、記憶を辿りながら旅行記を残していきたいと思う。 仕事を終え、先ずは成田から俺らがJALのフライトでハノイへと移動。 夕食はもちろんラウンジ飯で@サテライトラウンジ。搭乗時刻が迫ってたけど、乞食ぶりを発揮してガッツリ飲み食いさせて頂いてから御搭乗。 もちろん機内食もガッツリと完食。...
搭乗記 EDOパック追加! 中国南方航空 ビジネスクラス 新型A321NEO
広州からホーチミンへ。南方航空で飛んできます。 平会員に落ちた筈が、上級会員復帰オファーにより南方航空金会員に戻ってる。6月まで無条件で金会員に復権、4-6月の間にマイル加算対象クラスで6発飛べば20年2月末まで銀、12発飛べば金会員の座を延長できるという内容のオファー。次回中国出張時の週末にでも広州ー貴州ピストンを敢行したるか… pic.twitter.com/B357MmS7mf — ...
しつこいぞ!ホーチミンのバイクタクシー
ベトナムの観光地には必ず屯しているセオムと呼ばれるバイクタクシーのドライバー達。昼下がりにドンコイ通りを歩こうものなら『友達!』『今、暇?』『アナタ、どこ行く?』『チョロン(中華街)いいね!』『オッパッピー!』などなど、タドタドシイ日本語で30メートル毎くらいの高頻度でドライバーからのアツいラブコールがかかることでしょう。狙った獲物は逃さないぞ!とばかりに優柔不断にしていると中には10分以上もシツ...
VN175 HAN⇒DAD ベトナム航空国内線ビジネスクラス
香港からのVN593は定刻通り15:30にハノイに到着したものの、沖止めされた機体からターミナルへのマイクロバスの手配が遅れているようで、機内にて足止めを食らうことに。CA「あっはっはー。これだからランドスタッフはねぇー」じゃないぜ!何でそんなに他人事なんだい、まったく!ベトナム到着からほんの数分でベトナムクオリティーをまざまざと見せつけられる。はぁ…ここでの時間のロスに加え、去年の大晦日に国際線...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    お疲れ様です。
    ベトナムにもドイツ風ビアガーデンがあるのですね。西洋文化もバリバリですね。
    観てたらソーセージが食べたくなってきました。(笑)
    地元に居ると意外に食べないものです。