ホーチミンのジャーマンビヤホール

ダムセン公園から中心地に戻り、偶然にも感じの良いビヤホールを発見。
ビール、ビール、ビール…日が暮れても体にまとわりつくような熱気が残るホーチミンではビールの誘惑に打ち勝てん。

カラベルホテルの隣にあり、韓国料理や中華料理のお店が入っているラムソンスクエアに位置します。
ひだり みぎ
LION GERMAN BEER。こんな看板を見せられて反応しない訳にいきません。

IMG_3873
11:00~14:00迄のビュッフェはVND129,000 (≒520円)と非常にお得。

中の様子。
ひだり みぎ
コロニアル風な建物の中に200名近くは収容できるであろう広々としたオープンスペース。客層は意外にもベトナム人が多かったです。プライベートな空間が必要な場合は二階の個室を予約できます。

ひだり みぎ
階段には大量のケグ。ビール党の私はこの光景を見ただけで嬉しくなる。

IMG_0998
それにしても夥しい量ですな。

IMG_3881
中央には銅色に光り輝く巨大な自家製ドラフトビールの貯蔵タンク。本格的で期待ができます。

ドイツのクラフトビールをオーダーすると
IMG_3885
タンクからパイプでつながっている手前のサーバーで注いでくれます。

そんなドイツのビヤホールですが、ウェイターは何故かニュージーランド産のMOAビールをごり押し。
IMG_3879
ワインの産地として有名なニュージーランドのマルボローでマニュアル製造によって作られているビールとのこと。ワインの製造技法に倣って樽内での熟成や瓶詰め後の発酵プロセスなどを取り入れるなど、価格より質を追求した希少ビールらしい。営業熱意に心打たれて一瓶をオーダー。

でもやっぱり待ちきれずにMOAを飲みきる前にドイツのダークビール(500ml)を注文www
IMG_3890
原材料は大麦とホップのみ。大麦とカラメルの良い香り。泡がきめ細かく非常に良い口当たりです。

LIONではジャーマンビアーは黄金色の「ラガー」と褐色の「ダークラガー」の2種類が用意されており、量によって値段が異なる仕組み。

300 ml VND 30,000  (≒120円)
500 ml VND 40,000  (≒160円)
1 liter VND 75,000  (≒300円)
5 liter VND 365,000 (≒1460円)
10 liter VND 700,000 (≒2800円)

日本にある英国風パブチェーン店のHUBで供されている1リットルのタワービールは1350円なので、如何にホーチミンのビールが安いかが分かります。酒税が安いのかな。

料理はつまみのフライドポテトに加えて
ひだり みぎ
サバサラダにDrunken Chicken。酔いどれチキンとでも訳すべきか。何らかの酒で蒸してるのだろうが、酒の味も匂いも感じ取れませんでした。

これでも足りなかったので最後にやっぱり
IMG_3889
ソーセージ!ドイツにビヤホールと言ったらやっぱりこれが無くちゃ!酢漬けレッドキャベツもちゃんとついています。

これで計VND 818,000 (≒3,300円)。この中で一番単価が高かったのは…MOAビールなんです。(VND 320,000≒1,280円) 値の張る希少ビールでしたが、見た目的にも味的にもインパクト大なドイツのダークビールの陰に隠れてしまい、味は余り印象に残りませんでした。



LION Brewery&Restaurant
営業時間: 09:00~24:00
住所: 11-13 Cong Truong Lam Son. Dsit., HCMC. (カラベルホテルの横)
電話: 08-3823-8514

Related posts(関連記事):

風情満点のトゥボン川をクルーズする
進記家の裏口から外に出ると、目の前はもうトゥボン川。世界遺産のホイアンに流れるトゥボン川は豊かな水をたたえながらも波静かであり、周りの風景も実に穏やかである。何となくタイムスリップした錯覚を覚えるというか、ホイアンに移住してきた進記家の初代おやっさんや御朱印船貿易に従事していた当時の日本商人たちも川べりの長閑な風景に癒されてたんだろうなーとか思うと妙に感慨深い。 朝昼晩でそれぞれ異なる表...
出張中の絶望 スーツケースのダイアルロックが開かなくなった
これはもう絶望以外の何物でもない。大幅な遅延の末、大雨が襲う香港から逃げ去るようにホーチミンへ飛び、仕事付き合いの飲み会に参加。その後、現地時間23:00過ぎにホテルにチェックインし、着替えを出そうとスーツケースを開こうとしたら… 開かない!!!! ダイヤルロックの番号をいくら合わせても開くはずのスーツケースが開かない!!! 問題のスーツケースはリモワのクラシックフライト。アンロ...
ミンマン帝陵 フエの世界遺産巡り2
カイディン帝陵のお次はミンマン帝陵へ。 ミンマン帝陵は西洋文化と欧州先端技術を導入した代わりに介入を許した初代とは打って変わって中国の制度や文化を積極的に取り入れることでグエン朝の基礎を築いた第2代皇帝ミンマン帝(明命帝、在位1820〜41)の陵墓。儒教的思想を何より重視したミンマン帝が自ら設計にあたられたとのことで、親仏ヨーロッパかぶれのカイディン帝が設計したバロック調の廟とは全くもって異...
コンカフェ(Cong Ca phe)で飲むヨーグルトコーヒー
フランス統治時代の影響からか、ベトナム社会にはコーヒー文化が非常に深ーく根付いている。 地元民がちょっと一杯と集うローカルな露店風コーヒーショップから外国人オーナーが経営する御洒落カフェ、フックロン・ハイランズコーヒー・チュングエンコーヒーといった地元資本のスタバ風コーヒーチェーンが街のあちこちに乱立。そこに黒船スターバックスが乗り込んできてもう市場は飽和状態!と思いきや、そんなレッドオーシャン...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    暑い夏にビールはいいですね~。
    写真のおつまみも本当に美味しそう♪
    今夜の我が家の夕飯は黒ビールにソーセージに決まり~。ただし5分の1の量ですが・・・。
    ベトナム、行きたい。。。