ホーチミンのジャーマンビヤホール

ダムセン公園から中心地に戻り、偶然にも感じの良いビヤホールを発見。
ビール、ビール、ビール…日が暮れても体にまとわりつくような熱気が残るホーチミンではビールの誘惑に打ち勝てん。

カラベルホテルの隣にあり、韓国料理や中華料理のお店が入っているラムソンスクエアに位置します。
ひだり みぎ
LION GERMAN BEER。こんな看板を見せられて反応しない訳にいきません。

IMG_3873
11:00~14:00迄のビュッフェはVND129,000 (≒520円)と非常にお得。

中の様子。
ひだり みぎ
コロニアル風な建物の中に200名近くは収容できるであろう広々としたオープンスペース。客層は意外にもベトナム人が多かったです。プライベートな空間が必要な場合は二階の個室を予約できます。

ひだり みぎ
階段には大量のケグ。ビール党の私はこの光景を見ただけで嬉しくなる。

IMG_0998
それにしても夥しい量ですな。

IMG_3881
中央には銅色に光り輝く巨大な自家製ドラフトビールの貯蔵タンク。本格的で期待ができます。

ドイツのクラフトビールをオーダーすると
IMG_3885
タンクからパイプでつながっている手前のサーバーで注いでくれます。

そんなドイツのビヤホールですが、ウェイターは何故かニュージーランド産のMOAビールをごり押し。
IMG_3879
ワインの産地として有名なニュージーランドのマルボローでマニュアル製造によって作られているビールとのこと。ワインの製造技法に倣って樽内での熟成や瓶詰め後の発酵プロセスなどを取り入れるなど、価格より質を追求した希少ビールらしい。営業熱意に心打たれて一瓶をオーダー。

でもやっぱり待ちきれずにMOAを飲みきる前にドイツのダークビール(500ml)を注文www
IMG_3890
原材料は大麦とホップのみ。大麦とカラメルの良い香り。泡がきめ細かく非常に良い口当たりです。

LIONではジャーマンビアーは黄金色の「ラガー」と褐色の「ダークラガー」の2種類が用意されており、量によって値段が異なる仕組み。

300 ml VND 30,000  (≒120円)
500 ml VND 40,000  (≒160円)
1 liter VND 75,000  (≒300円)
5 liter VND 365,000 (≒1460円)
10 liter VND 700,000 (≒2800円)

日本にある英国風パブチェーン店のHUBで供されている1リットルのタワービールは1350円なので、如何にホーチミンのビールが安いかが分かります。酒税が安いのかな。

料理はつまみのフライドポテトに加えて
ひだり みぎ
サバサラダにDrunken Chicken。酔いどれチキンとでも訳すべきか。何らかの酒で蒸してるのだろうが、酒の味も匂いも感じ取れませんでした。

これでも足りなかったので最後にやっぱり
IMG_3889
ソーセージ!ドイツにビヤホールと言ったらやっぱりこれが無くちゃ!酢漬けレッドキャベツもちゃんとついています。

これで計VND 818,000 (≒3,300円)。この中で一番単価が高かったのは…MOAビールなんです。(VND 320,000≒1,280円) 値の張る希少ビールでしたが、見た目的にも味的にもインパクト大なドイツのダークビールの陰に隠れてしまい、味は余り印象に残りませんでした。



LION Brewery&Restaurant
営業時間: 09:00~24:00
住所: 11-13 Cong Truong Lam Son. Dsit., HCMC. (カラベルホテルの横)
電話: 08-3823-8514

Related posts(関連記事):

ホーチミンの6つ星ホテル・The Reverie Saigonでアフタヌーンティ
この日曜日は接待ゴルフも無く終日オフだったので、前々から気になっていたベトナム初の6つ星ホテル・The Reverie Saigon(レヴェリー サイゴン)に乗り込んでみることに。とは言ってもお泊りは無し、アフタヌーンティーだけの利用でね。 2015年に鳴り物入りでオープンしたレヴェリーサイゴンは、リーディングホテルズにも加盟するウルトラ・ラグジュアリーホテル。「高級感」というと人によって定...
ラオカイ(越)⇔河口(中)の国境の状況は如何に!?
バックハーからラオカイに戻り、ホテルでシャワーを浴びた後は暇つぶしを兼ねて国境の向こう・中国雲南省の河口市へと向かう。流しのタクシーなど走っていないので、ホテル前でニーハオニーハオと声をかけてきたバイタク兄に送ってもらうことに。始め、VND50,000とか法外な運賃を吹っかけてきやがったが、VND20,000(約80円)で決着。バイクで10分足らずの距離なので、多分相場的には粘ればVND10,00...
陸路国境越え(ベトナム⇒カンボジア)
さて、急な思い付きによって決定した二泊三日のカンボジア旅行。出発地点はホーチミン市のバックパッカー街・デタム通りにある旅行代理店のシンカフェだ。同社は近隣都市各地へのツアーバスの手配、各国ビザの取得代理、両替などの業務を行うが、カフェは供されていない模様。出発は06:30で、遅くとも06:15にはシンカフェでバスのチェックインを済ませるよう厳命されていた為に、眠い目を擦りながら少し早めにデタム通り...
各国ツアーの溜まり場・貿易陶磁博物館
うーん、ホイアンの華人会館すべてを制覇したのだが、チケット要らずのとこがあったので、まだ総合チケットが4枚も残ってる。捥ぎり係りが居ない場合とか普通に入れたりしちゃうし、思ってる以上にチケットが消化していかない… ということで次なる目的地へ行くことに。なんちゃらの家、的な伝統家屋が沢山あるようだが、まずは貿易陶磁博物館かな。朱印船貿易など海上交易の要地として栄えたホイアン。 300-400年前...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ブロッケンJr.さん
    お疲れ様です。
    ベトナムは歴史的背景から、ヨーロッパと中国の分化がごちゃ混ぜになったような所ですが、昨今ではそこに”先進各国”からの経済進出が進み、メルティングポットと言いますか…まぁごちゃごちゃしてる中で色んな文化が共存しているなと^^
    ドイツのソーセージは虜になってしまいました。ドイツに住まわれているとやっぱり毎日一回はビール片手にソーセージを食されているのかと思っていました(笑)