普陀寺

ホテルのチェックインを済ませ、26番バスの終点駅である『普陀寺』を拝観してくる事に。

別に私自身は仏教を信仰している訳ではないが、純粋に中国大陸の仏教寺院の雰囲気を一度味わってみたいとかねがね思っていたからである。

市街を抜け、途中からは道も舗装されていないような小道を土煙を上げながらガタガタと激しい振動と共に走り行くバス。市街からバスに揺られること約40分、何とも辺鄙な田舎風景の中に巨大な建築物が姿を現します。周囲は閑散としており、山の麓に建つ巨大なお寺は仏教徒の桃源郷のようですらあります。
IMG_1784
上に移っているのは鉄道の架線。現在、珠海北駅-拱北間のレールを急ピッチで建設中。2年前から『今年の年末に開通予定!』と政府筋の人が言っていましたが…今年も年末には開通する予定らしいです。

仏閣・寺というよりも宮殿・城のような立派な外観。
ひだり みぎ
鳳凰山の麓にあるこの禅寺、今年の春節には4万人もの大群が参拝に訪れたそうだ。

門の一部は改修中?
ひだり みぎ
工事ほったらかし状態。

色鮮やかな外観の建物も…
IMG_1759

塗装したばかり?
IMG_1761
このお寺、もしかして未だ建設途中?それとも修繕中?ペンキ缶や大量の建材が至る所に放置されています。

修行僧も大量に募集中。
IMG_1766
半年で仏陀や仏法、仏教史、十善戒から宗教法規などについて学ぶコースで“愛国愛教”で健康な若者100名を募集しています。

鏡内では多くの地元民が礼拝していました。香炉の正面の本堂には3体の金光りお釈迦様が鎮座しています。
IMG_1763

ひだり みぎ
私も献香をしてみました。お線香は5元のものと10元のものがあります。お釣りは功德の為に回収されるので返ってきませんので要注意。

本堂
IMG_1775

ひだり みぎ
日本の寺院より色鮮やかな色使いである。

敷地の一番奥には僧坊と見られる建物が。
IMG_17580
中国の平均的なホテルよりも遥かに立派な造りの建物だ。

食堂も清潔に管理されています。
IMG_1767

IMG_1765
境内には車まで止まってるし!『坊主丸儲け』とはいかないだろうが、一般的な中国人民よりは良い生活を送ってるのかな。

敷地内には他にも多くの仏像が立っています。これは塗装したて?
IMG_1781
ペンキが垂れ落ちないよう布をあてがっていますが、なんだかオムツを履いてるように見えて、せっかくの威風堂々たるたる雰囲気台無しです。

IMG_1770
仕上げ途中?

IMG_1780
着色着工前?

このお寺、未だ完成してないのかな。気になったので境内をウロウロしていた僧侶に質問してみました。

『このお寺は建設中なのですか?』
『普陀寺は2543年に建てられました。』との回答。
……
2543年?……
……
……
ああ、仏暦な!どうも仏暦2543年(西暦2000年)に建立されたらしく、現在工事中のものは大規模に修復しているらしい。このご時世に金離れの良いお寺ですな。

それにしても『マテリアリズム・拝金主義世代』であろう多くの若い子たちがきちんと献香をしてお祈りをしている姿には驚ろかされました。

さて、1時間強の寺院拝観を終え、徒歩で30分かけて農科植物園を目指します。

Related posts(関連記事):

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地 楽山・成都旅行11
成都といえば三国志とパンダ!成都最終日は朝から成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地を訪問することに。 パンダって朝早く行かないと食事を終えて寝ちゃったり暑さに耐えきれずにエアコン完備に室内に移動させられたりするらしいので、開演時間と同時に入れるよう急いでタクシーにて向かう。市街地のセントレジスからタクシーで20分、35元の運賃だった。寛平さんみたいな幸薄そうなドライバーに、1時間とかなら100...
中国国内便、衝撃の定刻発着率
来週、日本からの出張者と合流しての上海・大連出張になってしまいそうな為、航空券を探している。私が中国の国内線を予約する際に最重要視しているのは『定刻発着率』である。日本では定刻通りの出発が当たり前だが、中国ではその逆!定刻通りに出発すれば儲けもの。気長に待たされることが前提となっています。こちらに赴任して間もないころ、上司と成都へ行った際に帰路の四川航空便が機材云々の言い訳をして大幅に遅れた。その...
日露戦争の最激戦区となった二〇三高地
永遠と待っても路線バスが来なかったので、痺れを切らしてタクシーにて203高地の麓までやってきた。 一般車両で乗り入れできるのはどうやらここまでのようで、ここからは山の麓にある旅行会社の専用車、観光用の駕籠、もしくは徒歩で頂上を目指すことになる。籠屋に群がられるも、自らの足で自力で急坂を登って頂上を目指したかったので丁重にお断り。 映画『二百三高地』で見た通り当時は丸裸の山だったそう...
敦煌の砂漠で遊ぶ 月牙泉と鳴沙山
敦煌到着日はフライトの遅延で万里の長城の最西端とされる玉門関まで足を運ぶ時間が無くなってしまったので、代わりに近くの砂漠で遊んできた。 敦煌はシルクロード上のオアシス都市として栄えた古都。周囲一帯には無限の砂漠が広がっており、街から僅か5Km程のところには鳴沙山という有名な砂丘が存在するというので行ってみた。 市街地からは鳴沙山へはバスで移動。街によってバスの種類や乗り方はマチマチだが...