普陀寺

ホテルのチェックインを済ませ、26番バスの終点駅である『普陀寺』を拝観してくる事に。

別に私自身は仏教を信仰している訳ではないが、純粋に中国大陸の仏教寺院の雰囲気を一度味わってみたいとかねがね思っていたからである。

市街を抜け、途中からは道も舗装されていないような小道を土煙を上げながらガタガタと激しい振動と共に走り行くバス。市街からバスに揺られること約40分、何とも辺鄙な田舎風景の中に巨大な建築物が姿を現します。周囲は閑散としており、山の麓に建つ巨大なお寺は仏教徒の桃源郷のようですらあります。
IMG_1784
上に移っているのは鉄道の架線。現在、珠海北駅-拱北間のレールを急ピッチで建設中。2年前から『今年の年末に開通予定!』と政府筋の人が言っていましたが…今年も年末には開通する予定らしいです。

仏閣・寺というよりも宮殿・城のような立派な外観。
ひだり みぎ
鳳凰山の麓にあるこの禅寺、今年の春節には4万人もの大群が参拝に訪れたそうだ。

門の一部は改修中?
ひだり みぎ
工事ほったらかし状態。

色鮮やかな外観の建物も…
IMG_1759

塗装したばかり?
IMG_1761
このお寺、もしかして未だ建設途中?それとも修繕中?ペンキ缶や大量の建材が至る所に放置されています。

修行僧も大量に募集中。
IMG_1766
半年で仏陀や仏法、仏教史、十善戒から宗教法規などについて学ぶコースで“愛国愛教”で健康な若者100名を募集しています。

鏡内では多くの地元民が礼拝していました。香炉の正面の本堂には3体の金光りお釈迦様が鎮座しています。
IMG_1763

ひだり みぎ
私も献香をしてみました。お線香は5元のものと10元のものがあります。お釣りは功德の為に回収されるので返ってきませんので要注意。

本堂
IMG_1775

ひだり みぎ
日本の寺院より色鮮やかな色使いである。

敷地の一番奥には僧坊と見られる建物が。
IMG_17580
中国の平均的なホテルよりも遥かに立派な造りの建物だ。

食堂も清潔に管理されています。
IMG_1767

IMG_1765
境内には車まで止まってるし!『坊主丸儲け』とはいかないだろうが、一般的な中国人民よりは良い生活を送ってるのかな。

敷地内には他にも多くの仏像が立っています。これは塗装したて?
IMG_1781
ペンキが垂れ落ちないよう布をあてがっていますが、なんだかオムツを履いてるように見えて、せっかくの威風堂々たるたる雰囲気台無しです。

IMG_1770
仕上げ途中?

IMG_1780
着色着工前?

このお寺、未だ完成してないのかな。気になったので境内をウロウロしていた僧侶に質問してみました。

『このお寺は建設中なのですか?』
『普陀寺は2543年に建てられました。』との回答。
……
2543年?……
……
……
ああ、仏暦な!どうも仏暦2543年(西暦2000年)に建立されたらしく、現在工事中のものは大規模に修復しているらしい。このご時世に金離れの良いお寺ですな。

それにしても『マテリアリズム・拝金主義世代』であろう多くの若い子たちがきちんと献香をしてお祈りをしている姿には驚ろかされました。

さて、1時間強の寺院拝観を終え、徒歩で30分かけて農科植物園を目指します。

Related posts(関連記事):

ビール好きには堪らないフォーポイント東圃 Fourpoints Dongpu宿泊記
アロフト大学城から地下鉄でフォーポイント東圃へ向かう。最寄り駅は5号線の三渓駅。駅には辛うじて小さなセブンイレブンがあるが、駅からホテルまでの道中には全くもって商店らしい商店はないので、必要物資があれば駅で買っておくのをお勧めする。 広いだけで何の取り柄も無い通りを15分ほど歩く。たまーに材木屋とかバイクの修理屋の兄さんが威勢良く半裸で商売してるくらいのもので、アロフト同様に立地条件は...
旅順博物館と旧関東軍司令部
日露監獄旧址前から3番のローカルバスに乗り、旅順博物館・旧関東軍司令部跡へと向かう。 五十六中学なんていう駅があるが、まさか連合艦隊司令長官の山本五十六に因んではいないよなぁ。 運賃は2元。ローカルバスといってもかなり清潔。停車駅を表示する電光掲示もあるので言葉が聞き取れずとも自分の目的とする駅で降りる事ができるだろう。 旅順博物館への交差点にある勝利塔駅で下車。この勝利...
シェラトン東莞ホテル宿泊記/Sheraton Dongguan Hotel
今年も飲み会の季節がやってきた。今週は飲み飲み飲みと酒の席が続いており、今日もアウェーの地・東莞で忘年会に参加するためにシェラトン東莞ホテルに宿泊することに。既に肝臓が悲鳴を上げているが、追い打ちをかけるように来週はベトナムとタイで忘年会ラッシュ。そろそろ肝臓の悲鳴が聞こえてきそうだが、当地での飲みの席では容赦無い。次から次へと一気飲みの「干杯」を求められ、楽しむというよりはどちらが多く飲めるかの...
ウェスティン西安 コーナースイート宿泊記
西安での二泊目はSPG系列のウェスティン西安。ここには一泊だけの滞在として、翌日からはアコーのソフィテル人民スクエア⇒シェラトン西安賽瑞城北と観光中にもかかわらずホテルホッピングをする計画である。 ウェスティンを一発目に持ってきたのは立地的な理由。西安のシンボルである大雁塔まで徒歩数分と自分の観光計画にピッタリだったからである。 大雁塔の南広場に面して建つ茶系の縦格子と真っ赤な赤...