ジャズ in ベトナム

土曜日の夜、食後に道端で 『Sax N Art Jazz Club』というシャレたJazzバーを発見。ベトナムでジャズの生演奏?ちょっと半信半疑ながらも覗いてみることにしました。

敷地は広くないものの、非常に目立つ造りとなっています。
DSC_1857
場所はLe Loy St.。Saigon Centerの道を隔てた反対側になります。

DSC_1858
本日のイベントリスト。生演奏は21:00からのスタートとのことで、もう始まっているようです。

DSC_1853

ひだり みぎ
入り口にはJazzyな写真の数々が飾ってあります。

外に立っていた店員にエスコートされて店内に入ると既に女性ボーカリストによる生演奏が始まっていました。

とりあえずバーでビールを注文。
DSC_1821
熱帯夜には冷たいビールに限ります。

暫くするとこのお店のオーナーが出現。
IMG_3899
この額縁の中の男性です。背は低く、髪を後ろに結んで黒縁眼鏡。一歩間違えると完全なオタクといういでたちではあるが、王力宏と同じボストンのバークリー音楽大学を出ているエリート。店内では宗教祖のような感じで持ち上げられています。彼自身サックス奏者で、レベルは非常に高い。

アメリカ帰りの英語で言葉巧みに観客を沸かせ、
ひだり みぎ
早速演奏スタート! Spainというラテン調の曲が始まりました。。

熱演!体全体を使って音楽を表現しています。教祖さん、凄い肺活量だ。
ひだり みぎ
ピシッと決まってるなーと思ったら、ライトアップされているところをよく見るとシャツがけっこう皺くちゃwww

DSC_1839
彼の本職はサックスフォンらしいですが、ベトナムの伝統的な吹楽器での演奏なども披露してくました。

ジョンコルトレーンやWham!など私でも聞いたことのあるようなどこか懐かしい曲も演奏されていました。

席はステージとの距離が近く、非常に臨場感があります。ステージ前の席は予約が必要となることが多いそうです。客層は殆ど西洋人。会計の際に初めてカバーチャージがあることを知らされされるなど驚きはあったし、エントランス+ドリンク2杯でUS$15 は現地物価にしたら相当お高い感じですが、それでも魂のこもったジャズの生演奏が聴けて満足。丁度良いほろ酔い気分でホテルに戻ることができました。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=WIRTilCcOBg[/youtube]

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=KTVJepuiAK0[/youtube]

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=mKHSpYEgTTs[/youtube]

明日は朝からチョロンと呼ばれる中華街までローカルバスを駆使して行ってくる予定です。

Related posts(関連記事):

ホーチミンのカジノ
社会主義国のベトナムですが、なんとホーチミンにはカジノがあります。場所はカラベルホテル2階で、その名もClub Vegas!! フロア構成はスロットとルーレットがメインで、ブラックジャックは3テーブルのみ。カジノとしては非常に狭いが、当日は中国人と韓国人ぽい人中心にまあまあ賑わっていました。以下、特徴 ●ブラックジャックやルーレットがタッチパネルのゲーセン方式の為、臨場感無し。 ディーラー不...
旧市街中心地にひっそりと佇む伝統家屋・マーマイの家
ハノイの旧市街にある87マーマイの家は、19世紀ベトナムの伝統的な中華風木造家屋を修復保存している貴重な家である。住所は名称通り、マーマイ通り87番地。別にマーマイさんのお住まいというわけではなく、マーマイ通りにあるのでマーマイの家と名付けられたそうだ。このマーマイの家は、幅数メートル奥行き数十メートルという非常に細長い造りが特徴だ。ハノイの家々は横幅3メートルで奥行き70メートルみたいな日本で言...
マイナスイオンほとばしるダタンラ滝で癒される
トゥイェンラム湖の畔から山間の細道をバイクで進むこと10分弱、ようやくダタンラ滝へとたどり着いた。こちらの滝は高原都市ダラットが誇る一大天然記念物で、プレン滝と並んでダタンラ二大名瀑の一つ。大自然を鑑賞できるだけでなく、滝の周辺ではラフティングやロッククライミングなどのアウトドアアクティビティまで楽しめるらしい。 さて、ここだと言ってバイタクのオヤジに降ろされた先で約束通りVND 20,00...
場末感溢れる田舎町・ビエンホア
前回からの続き。突如の思いつきでベトナム南北統一鉄道に乗り込み、サイゴンの次の停車駅・ビエンホアに辿り着いた。地図も事前情報も無い、文字通りの未知の世界だ。サイゴン都市部から列車で僅か40分、日本で言う横浜や浦和的な郊外都市をイメージしていたが、ところがどっこい、駅には戦乱直後のような混沌とした風景が広がる。どうやら辺境の地まで来てしまったようだ。 民家の様だが詰所か何かだろうか、...

「ジャズ in ベトナム」への4件のフィードバック

旅行好きサラリーマン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。