ジャズ in ベトナム

土曜日の夜、食後に道端で 『Sax N Art Jazz Club』というシャレたJazzバーを発見。ベトナムでジャズの生演奏?ちょっと半信半疑ながらも覗いてみることにしました。

敷地は広くないものの、非常に目立つ造りとなっています。
DSC_1857
場所はLe Loy St.。Saigon Centerの道を隔てた反対側になります。

DSC_1858
本日のイベントリスト。生演奏は21:00からのスタートとのことで、もう始まっているようです。

DSC_1853

ひだり みぎ
入り口にはJazzyな写真の数々が飾ってあります。

外に立っていた店員にエスコートされて店内に入ると既に女性ボーカリストによる生演奏が始まっていました。

とりあえずバーでビールを注文。
DSC_1821
熱帯夜には冷たいビールに限ります。

暫くするとこのお店のオーナーが出現。
IMG_3899
この額縁の中の男性です。背は低く、髪を後ろに結んで黒縁眼鏡。一歩間違えると完全なオタクといういでたちではあるが、王力宏と同じボストンのバークリー音楽大学を出ているエリート。店内では宗教祖のような感じで持ち上げられています。彼自身サックス奏者で、レベルは非常に高い。

アメリカ帰りの英語で言葉巧みに観客を沸かせ、
ひだり みぎ
早速演奏スタート! Spainというラテン調の曲が始まりました。。

熱演!体全体を使って音楽を表現しています。教祖さん、凄い肺活量だ。
ひだり みぎ
ピシッと決まってるなーと思ったら、ライトアップされているところをよく見るとシャツがけっこう皺くちゃwww

DSC_1839
彼の本職はサックスフォンらしいですが、ベトナムの伝統的な吹楽器での演奏なども披露してくました。

ジョンコルトレーンやWham!など私でも聞いたことのあるようなどこか懐かしい曲も演奏されていました。

席はステージとの距離が近く、非常に臨場感があります。ステージ前の席は予約が必要となることが多いそうです。客層は殆ど西洋人。会計の際に初めてカバーチャージがあることを知らされされるなど驚きはあったし、エントランス+ドリンク2杯でUS$15 は現地物価にしたら相当お高い感じですが、それでも魂のこもったジャズの生演奏が聴けて満足。丁度良いほろ酔い気分でホテルに戻ることができました。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=WIRTilCcOBg[/youtube]

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=KTVJepuiAK0[/youtube]

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=mKHSpYEgTTs[/youtube]

明日は朝からチョロンと呼ばれる中華街までローカルバスを駆使して行ってくる予定です。

Related posts(関連記事):

ホーチミン市のシャンゼリゼ通り・ドンコイ通り
サイゴン川沿いに建つ英雄チャンフンダオ像から聖マリア教会まで北西に伸びるホーチミン随一の目抜き通り。1Km程度の短い通りの両側に外国人観光客向けの比較的高品質な土産物屋、高級ブランド店やシンボリックなコロニアル建築群が軒を並べるドンコイ通りはベトナムのシャンゼリゼ通りとも呼ばれているとか。今日はバイクタクシー運ちゃん達の執拗な勧誘攻撃を往なしながらドンコイ通りの南端から北端まで歩きぬけてきました。...
バオダイ宮殿で古き良きインドシナに思いを馳せる
タイトルにあるバオダイとは、ベトナム最後の皇帝としてベトナム史に名を馳せる歴史的有名人だ。バオダイを漢字で表記すると保大(やすひろ!?)となり、何だか一気に妙な親近感が湧いてくる。 ここで、保大さんの波乱万丈なキャリアを振り返ってみよう。時は1913年、当時のベトナムの王朝である阮朝の皇子のボンボン息子として生まれ、幼少期~青年期を宗主国のフランスで過ごすも、戦時の動乱期に反仏クーデターを発...
ベトナム航空特典航空券を使ってダラット観光へ
地味に貯まっていた10,000マイルが今月末に失効になるとのメール連絡をベトナム航空から受けたので、決算前の忙しい時期ではあるが週末に特典航空券を使ってベトナム中部の高原都市・ダラットへの小旅行に出かけることにした。非効率大好きなベトナムらしく手続きが煩雑だったので、特典航空券入手までの手順などを備忘録としてまとめてみた。 フライトの距離に応じてゾーンAからゾーンFまでランク分けされてい...
ホーチミン中央郵便局 日本に小包を郵送してみた
今日は出張帰りにホーチミン中央郵便局へ直行。どうもこの郵便局はちょっとした観光地らしく、中をウロウロと歩いていると土産物屋が声をかけてきたりする。そもそも郵便局というくせに、敷地内の大部分を土産屋が陣取っている。 仏国当時時代に建造された欧州の駅舎を忍ばせるような大時計が目印の中央郵便局、朝は07:00から、夜は20:00まで開いていて大変便利です。 フランスを感じさせるガラス...

「ジャズ in ベトナム」への4件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >かおりんさん
    貴重な時間なので体力の許す限り出回っちゃいました。やっぱり新興国の中で先進国のクオリティーを知ってる海外留学組は強いなーと思ってしまいますね^^;

旅行好きサラリーマン へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。