ピザハット in 中国

今日も国内出張。今回も安っぽい大衆食堂でのランチを余儀なくされるかと思いきや、移動中にまさかのピザハットを発見!すぐさま運転手にUターン命令!!全くもってピザを食べたい訳ではないが、出張中に清潔感溢れるピザハットを発見できたことは小さからぬ幸せでる。

さてさて、ここは中国。外来語にはむりくりにでも漢字があてがわれます。カナダは加拿大(ジアー ナー ダー)・マレーシアは馬来西亜(マー ライ シー ヤァ)といった具合。

ピザハットは漢字でどう表されるのでしょうか?
pizza3
そう!必勝客!必勝のお客さん…余りに景気の良い名前に、看板を見ただけでも引き込まれてしまいます。発音は『ビィ シャン クァ』何となくピザハットと聞こえるような聞こえないような…

因みにマクドナルドは麦当労(マイ ダン ラオ)、KFCは肯德基(クァン ドァー ジー)、スタバは星巴克(シン バー クァー)と標記されます。

入ってみるとこんな感じ。予想通り清潔感に溢れていて、日本のピザハットよりも数倍オシャレ!!!
pizza

メニューには丁度ランチタイムセットというものがありました。
29元:ベーコン炒飯・チキンピザ(小)・辛いベーコンスパゲティ・ベーコンピザ(小)
35元:イタリア式サラミピザ(小)・和風海鮮炒飯・イタリア式ミートソーススパゲティ・タイ式炒飯
40元:南洋風海鮮面・チキンカレーラザニア・超級至尊ピザ(小)・おフランスのキノコ/ベーコンパスタ
45元:シシリア風ミートソースラザニア面・ナポリ風なんたらラザニアご飯

上記リストから1点に、サラダが2種類から、ドリンク(またはスープ)は12種類から選択してオーダー。思ったより安い。

私は無難にミートソーススパゲティを、運転手はサラミピザをメインに注文。

ピザハットなのにピザを頼まないとは何事か!と運転手に猛烈に心配されるが、特にピザが食べたかったわけではないし、ピザメニュー横の(小)との記載が気になって頼まなかったのである。掌サイズが来ないでもないじゃないか。

注文から3分、先ずはスープとサラダがテーブルに乗せられ、私のミートソースもその2分後に到着。さすがは大手チェーン、中国のフランチャイズ店でも対応が早い。

これがミートソーススパゲティ。
pizza 4

メニューの画像にはミートソースが鱈腹乗っかっていたのになぁ。。。実際は端っこにほんのちょびっと…まあまあ味は無難でした。

続いて運転手のサラミピザがフライパンの器に乗せられて到着。
pizza2
やっぱ小さっ!!!…『こんなん自分で作れるだろ!!』って文句ばかり言って食べる運転手さんでした。

最後はいつものルーティーンワークである、『俺、会計するよ!』っていう仕草を見せる運転手。30元(二人で)以下のところは払う気無いのはもう知ってるから…

一人35元(400円ちょい)と、一般の大衆食堂の3倍近いお値段ですが、それでも安心感を買うというか、落ち着いた場所でちゃんとした物を食べるにはまぁまぁ許容できる値段です。

Related posts(関連記事):

宇宙人による遺跡? 中国史の常識を覆す三星堆遺跡 楽山・成都旅行9
成都二日目は朝一から成都の北約40キロの広漢市三星堆の遺跡へとバスを乗り継いで移動する。 三星堆で初めて玉石器が発掘されたのは1929年。その後、1986年になって古代文明の祭祀坑と推測される穴から青銅品を中心に数々の遺物が出土した。 この出土品がまた調査にかけたら凄くてね。青銅器の放射性炭素年代測定や坑の地層から推測されるに、約5000年前程前に栄えた古蜀文化の遺物であるんだと。50...
クチャ⇒ハミ⇒トルファン⇒ウルムチ 鉄道の旅
この日はクチャからトルファンに向かう予定であったが、計画を変え鉄道でハミまで南下することに。ハミは甘粛省にも近い新疆東部に位置し、古代ウイグル族の「Khamil(大きな門)」を由来にする名前の通り、嘗ては中央アジアへと続く天山北路のゲートとして繁栄したそうな。 距離的にクチャから1,000キロ超はあるんじゃないだろうか。14時間もかかったわ。 23:38発のK1662に出発時刻...
麗江 東巴文化博物館と東巴紙坊で学ぶトンパ文字 雲南省旅行9
シャングリラからトンパ文字使いのナシ族が築いた雲南省の町・麗江へとやってきた。 自分とトンパ文字との出会いは大学生の時分まで遡る。なんか宇宙人が背伸びをして昆虫と合体したような気持ち悪い絵柄のプリントTシャツを着てゼミに現れた男がいましてね。当然のように「何それ?」って訊いたら待ってましたとばかりに「タンパ文字で快楽って意味なんだよ」としたり顔で教えてもらったのがトンパ文字との初接触。そいつ...
アロフト南海でポイント修行 ホテルオファーとSPGオファーのコンボ技
広州近郊にありながら300元台前半⁺⁺~で泊まれる手軽なSPGホテルのアロフト南海。今回、SPGのMake it Countプロモとホテル独自でオファーしてるトリプルポイントプロモのコンボ技を駆使すれば中々のポイント獲得率になる為、ポイント修行も兼ねて佛山まで行ってみた。 【トリプルポイントプロモの内容】 一泊580元(≒90米ドル)~。トリプルポイントが付与され、無料朝食と230元分の食...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ぼれかさん
    なにげに新興国の開拓に力いれてますよね、ピザハットさん。。。各国でご当地メニューがあるのは嬉しい限りですが、インドネシアでキムチですか(笑)キムチピザとか自分でも簡単に作れそうな。。。