ピザハット in 中国

今日も国内出張。今回も安っぽい大衆食堂でのランチを余儀なくされるかと思いきや、移動中にまさかのピザハットを発見!すぐさま運転手にUターン命令!!全くもってピザを食べたい訳ではないが、出張中に清潔感溢れるピザハットを発見できたことは小さからぬ幸せでる。

さてさて、ここは中国。外来語にはむりくりにでも漢字があてがわれます。カナダは加拿大(ジアー ナー ダー)・マレーシアは馬来西亜(マー ライ シー ヤァ)といった具合。

ピザハットは漢字でどう表されるのでしょうか?
pizza3
そう!必勝客!必勝のお客さん…余りに景気の良い名前に、看板を見ただけでも引き込まれてしまいます。発音は『ビィ シャン クァ』何となくピザハットと聞こえるような聞こえないような…

因みにマクドナルドは麦当労(マイ ダン ラオ)、KFCは肯德基(クァン ドァー ジー)、スタバは星巴克(シン バー クァー)と標記されます。

入ってみるとこんな感じ。予想通り清潔感に溢れていて、日本のピザハットよりも数倍オシャレ!!!
pizza

メニューには丁度ランチタイムセットというものがありました。
29元:ベーコン炒飯・チキンピザ(小)・辛いベーコンスパゲティ・ベーコンピザ(小)
35元:イタリア式サラミピザ(小)・和風海鮮炒飯・イタリア式ミートソーススパゲティ・タイ式炒飯
40元:南洋風海鮮面・チキンカレーラザニア・超級至尊ピザ(小)・おフランスのキノコ/ベーコンパスタ
45元:シシリア風ミートソースラザニア面・ナポリ風なんたらラザニアご飯

上記リストから1点に、サラダが2種類から、ドリンク(またはスープ)は12種類から選択してオーダー。思ったより安い。

私は無難にミートソーススパゲティを、運転手はサラミピザをメインに注文。

ピザハットなのにピザを頼まないとは何事か!と運転手に猛烈に心配されるが、特にピザが食べたかったわけではないし、ピザメニュー横の(小)との記載が気になって頼まなかったのである。掌サイズが来ないでもないじゃないか。

注文から3分、先ずはスープとサラダがテーブルに乗せられ、私のミートソースもその2分後に到着。さすがは大手チェーン、中国のフランチャイズ店でも対応が早い。

これがミートソーススパゲティ。
pizza 4

メニューの画像にはミートソースが鱈腹乗っかっていたのになぁ。。。実際は端っこにほんのちょびっと…まあまあ味は無難でした。

続いて運転手のサラミピザがフライパンの器に乗せられて到着。
pizza2
やっぱ小さっ!!!…『こんなん自分で作れるだろ!!』って文句ばかり言って食べる運転手さんでした。

最後はいつものルーティーンワークである、『俺、会計するよ!』っていう仕草を見せる運転手。30元(二人で)以下のところは払う気無いのはもう知ってるから…

一人35元(400円ちょい)と、一般の大衆食堂の3倍近いお値段ですが、それでも安心感を買うというか、落ち着いた場所でちゃんとした物を食べるにはまぁまぁ許容できる値段です。

Related posts(関連記事):

ホテルインディゴ上海 オン・ザ・バンド(上海外灘英迪格酒店)宿泊記
この日はIHGスパイヤ更新修行で5,000ポイント付き宿泊プランのあるホテルインディゴ上海(Hotel Indigo Shanghai on The Bund/上海外灘英迪格酒店)に泊まることに。レートは最安値ルームの5,000P付きプランで税別RMB1,480(≒JPY25,000)と、中国のIHGブランドとしては中々のお値段。流石にインディゴなんでホリデイインエクスプレスのような値段では泊まる...
中国南方航空 CZ367 広州ーホーチミン B738ビジネスクラス
本日は広州市内での打合せ後、20:05発ホーチミンシティ行きのCZ367で移動する。 打合せが長引いてしまった為に時間ギリギリのチェックイン。チェックインカウンターに着いた時はフライト1時間前。こっちは冷や汗もんに焦っていたが、受付は全然慌てる様子も動じる様子も無く、普通に「ゲートは○○番なんで。では行ってらっしゃい。」的な事務処理で終了。そうだよな、この国ではフライト1時間前のギリギリ...
カシュガル班超記念公園 
果てしない無限の砂の中を駱駝の隊商の列が往き、勇ましく逞しい騎馬隊が旗を掲げて疾駆…。地上の万物を焼き焦がすような強烈な日差し、湖を凍てつかせる程の酷寒…。厳しい自然の中で繁栄と滅亡が繰り返され、今日でも所々で古代西域諸国の城跡や町跡が残るロマン満点の中国西域地帯。そんな西域ロマンに憑りつかれ、後世を西域運営に捧げた男が今から2000年も前に存在した。後漢時代を生きた軍人・班超だ。 歴史関連...
B級感あふれる上海博物館
本日は久しぶりに上海でゆっくりできる日曜日を迎えられたんだけど、疲れすぎて何もやりたくない重度の社畜症候群に見舞われたので、宿泊先近くにある上海博物館でゆるーく暇潰しするこ程度の活動に控えることに。 まぁ博物館で暇潰しって言っても、故宮博物館・南京博物館と共に中国三大博物館に数えられる上海博物館は2-3時間でサクッと見きれるような生温い弱小博物館ではなく、中国うん千年の歴史を伝える数々の重要...

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >monsanさん
    それが、鴨肉や牛肉、ピータンなど、故カーネルサンダース氏に縁もゆかりも無いオカズのものもあったります(笑)
    中国は生活をしていると苦労も多いですけど、新たな発見も多くて刺激的で面白い場所ですよ!