ピザハット in 中国

今日も国内出張。今回も安っぽい大衆食堂でのランチを余儀なくされるかと思いきや、移動中にまさかのピザハットを発見!すぐさま運転手にUターン命令!!全くもってピザを食べたい訳ではないが、出張中に清潔感溢れるピザハットを発見できたことは小さからぬ幸せでる。

さてさて、ここは中国。外来語にはむりくりにでも漢字があてがわれます。カナダは加拿大(ジアー ナー ダー)・マレーシアは馬来西亜(マー ライ シー ヤァ)といった具合。

ピザハットは漢字でどう表されるのでしょうか?
pizza3
そう!必勝客!必勝のお客さん…余りに景気の良い名前に、看板を見ただけでも引き込まれてしまいます。発音は『ビィ シャン クァ』何となくピザハットと聞こえるような聞こえないような…

因みにマクドナルドは麦当労(マイ ダン ラオ)、KFCは肯德基(クァン ドァー ジー)、スタバは星巴克(シン バー クァー)と標記されます。

入ってみるとこんな感じ。予想通り清潔感に溢れていて、日本のピザハットよりも数倍オシャレ!!!
pizza

メニューには丁度ランチタイムセットというものがありました。
29元:ベーコン炒飯・チキンピザ(小)・辛いベーコンスパゲティ・ベーコンピザ(小)
35元:イタリア式サラミピザ(小)・和風海鮮炒飯・イタリア式ミートソーススパゲティ・タイ式炒飯
40元:南洋風海鮮面・チキンカレーラザニア・超級至尊ピザ(小)・おフランスのキノコ/ベーコンパスタ
45元:シシリア風ミートソースラザニア面・ナポリ風なんたらラザニアご飯

上記リストから1点に、サラダが2種類から、ドリンク(またはスープ)は12種類から選択してオーダー。思ったより安い。

私は無難にミートソーススパゲティを、運転手はサラミピザをメインに注文。

ピザハットなのにピザを頼まないとは何事か!と運転手に猛烈に心配されるが、特にピザが食べたかったわけではないし、ピザメニュー横の(小)との記載が気になって頼まなかったのである。掌サイズが来ないでもないじゃないか。

注文から3分、先ずはスープとサラダがテーブルに乗せられ、私のミートソースもその2分後に到着。さすがは大手チェーン、中国のフランチャイズ店でも対応が早い。

これがミートソーススパゲティ。
pizza 4

メニューの画像にはミートソースが鱈腹乗っかっていたのになぁ。。。実際は端っこにほんのちょびっと…まあまあ味は無難でした。

続いて運転手のサラミピザがフライパンの器に乗せられて到着。
pizza2
やっぱ小さっ!!!…『こんなん自分で作れるだろ!!』って文句ばかり言って食べる運転手さんでした。

最後はいつものルーティーンワークである、『俺、会計するよ!』っていう仕草を見せる運転手。30元(二人で)以下のところは払う気無いのはもう知ってるから…

一人35元(400円ちょい)と、一般の大衆食堂の3倍近いお値段ですが、それでも安心感を買うというか、落ち着いた場所でちゃんとした物を食べるにはまぁまぁ許容できる値段です。

Related posts(関連記事):

世界遺産の麗江古城を探索 雲南省旅行10
トンパ文化博物館で麗江文化に関する予習を済ませ、いよいよ満を持して雲南省が誇る世界遺産、「彩雲の南の城」こと麗江古城の探索を開始する。 麗江古城は宋代末から元代初期にかけナシ族により築かれたされた都城である。城壁も濠も無いという防御力皆無の脆弱なオープンスタイルが特徴的な城なんだけど、これはなんでも当地を統治していた木氏が「『木』を『口(城壁)』で囲むと『困』となって縁起が悪いやんけ!」と無...
香港国際空港からスカイリモ(Skylimo)で深センへ
昨年の話になってしまいますが、22:00香港着のJL735便で香港国際空港に着いてからスカイリモで深セン湾と皇崗経由で深セン入りする機会があったので、その際のことを記しておきます。 香港と深セン間には複数のイミグレ(中国語では口岸と言う)があり、電車・バス・フェリー・乗り合いタクシー等々と移動手段も複数あるが、どの移動方法も一長一短。それぞれに特徴がある為にどの移動手段が優れているのか順位化...
広州白雲空港 第2ターミナル国際線プレミアムラウンジ
2018年4月に開業した広州白雲空港の第二ターミナル。先日ご紹介した国内線の南方航空ラウンジに続き、この日は国際線のプレミアムラウンジを利用する機会に恵まれた。 本日はJALでの移動。チェックインは出発予定時刻の3時間前から、第2ターミナル出発フロア3階のM20~25番カウンターで(2018年11月現在)。 それにしてもこの真新しい第二ターミナル、国際線の方もただただデカ...
グランドハイアット広州宿泊記(Grand Hyatt Guangzhou)
2月某日、グランドハイアット広州に宿泊した。天津での仕事が予定より大幅に長引いてしまった&CZの遅延の為に広州着が深夜00:00過ぎ。広州白雲空港からの移動は既に地下鉄も走っていないからかタクシーの運ちゃんがやたらと強気一辺倒で、メーターで走ればRMB130-140がいいところをRMB600とかふっかけてくる。白タクではなく、正規のメータータクシーの運転手が、である。こんだけ到着が遅れるならエアポ...

コメント

  1. reikorabi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    我が家もピザハット、愛用しています。
    中国での洋食って、当たり外れが大きいですよね。だから、いつも無難な線、ピザハットへ行くのです。