シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のインターネット環境


最近は愚痴の連続で大変申し訳ない。

中国での生活で一番ストレスを感じること、それはインターネットの規制である。中国全土では最大十数万人のサイバーポリスがネット上を徘徊し、中国当局の思惑にそぐわない様なウェブ記事を排除、ブロックして回っていると言われている。10万人の内の3万人は政府の専門職員として正式に雇用をされていおり、政府主導、トップダウンで中国のネット人口5億人超に対してがっちり情報統制をしている。

身近なところでは、誰もが自由な投稿が許されるfacebookやtwitter、youtubeなどは100%ブロックされていているし、如何わしい下ネタ系のサイトなんかご法度中のご法度だ!そしてyahoo!も昨日から使用不可…

こちらに赴任当初はこのネット環境に嫌気がさして、中国国外のIPアドレス(ネット上の住所)を有料で借りるVPNプロキシーサービスを利用していたが、昨年、中東の民主化革命の動きがネット媒体を通じて広まったことからネット閲覧がより一層強化され、そのプロキシーサーバーも摘発(?)の憂き目にあう。その後、新しいプロキシーサービスを発見するが、またも封鎖され、今もプロキシー業者と中国当局のイタチごっこが続いている。

別に過度のネット依存病などではないが、これだけ規制をされると仕事にも支障を来してしまう。先ほど新しいアメリカベースのVPNに登録したが、これもいつブロックされることか…

日本での当たり前が当地では当たり前とはいかない。この地で生活している以上、当然だししょうがないことだが、日本の『当たり前』が恋しくなる今日この頃です。

Related posts (関連記事):

中国珠海の革命博物館でみる中国の愛国教育
買い物を楽しもうと『百貨公司駅』にやって来ました。予想通り、駅前にはジャスコやその他ショッピングセンターが密集しており、モール間の小道には路上売りのお店が所狭しと並んでいます。 メインのショッピ...
中国の回転寿司パート②
以前の広州旅行中に行った万歳回転寿司。中山市にも支店があるので行ってみることに。 京華ホテル近くの利和広場4Fに入っています。 入口には以前には無かった五星紅旗が。 ...
開発区から大連市内の屋台街へ
広州から飛行機で4時間かけて大連に到着。こんな長距離のフライトでも国内線というのが何とも超大国中国である。今回は土曜日夕方に大連入りし、夜は大連市内の街歩き。明日日曜日の朝には旅順へ行き、夜には大連市...
永陵博物館で見る前蜀開祖・王建の墓 楽山・成都旅行7
成都一日目、宿泊先のJWマリオットに荷物を下ろして身軽になった後に成都での行動を開始。先ずはタクシーで永陵博物館を目指す。 永陵は中国五代十国時代(907年-960年)に勃興した王朝の一つで、成...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ふどうさんさん
    これはこれは暖かいコメント有難うございます!自己満足で始めたつまらないブログですが、こう言って頂けるとブロガー冥利に尽きるというものです。
    今後も時間の許す限り更新していきますので、またお時間が有る時には是非お越しください^^