“文明国家”中国・深セン民の地下鉄マナー

深センの地下鉄の話。

深センには現在、5路線の地下鉄で合計131の駅があり、これを2020年までに12路線に、2030年までに16路線にするという長期的な発展計画が推し進められている。

今回の計画策定も中国の悪い癖が出ており、数十年後の壮大な大目標だけ立てて、その計画達成へ向けての中期的・短期的な計画には落とし込めていないので、進捗管理がまるでできていない。この手のインフラ整備になるといつもそうだ。『○○迄に完成!』と大々的に謳っておいて、実際は完成日間際になって何度も計画後ろ倒しが発表されることになる。

そして、乗客のマナーも大いに問題。

①大声での通話
そもそも中国と日本の公共交通機関でのマナーの基準が異なることもあるのだが、何のためらいもなく隣の乗客の耳元で声を張り上げて通話してくる。

②爆音スピーカー
mp3プレイヤーの外付けスピーカーで爆音を流し続ける子供とそれを注意しない母親。誰も注意をしないというのは中国ではこの行為が許容されているのか。この行為は迷惑行為ではないのか。

③順番待ちの列が無い。
電車に乗り込むときに順番待ちの列が無く、我こそ先に!の激しい割り込み競争になります。結果、下車をする客が下りきる前に群衆が電車に流れ込み、乗車客と下車客とのトラブルになる。社内の椅子取りゲームも熾烈な争いだ。

プラットホームの様子。
IMG_0843
乗車客はドア脇に待機して下車客を優先するようきちんと説明があるのですが、ここは中国、当然のごとく守られません。

IMG_0842
『順番待ちをする自分は文明人』との文字が。

順番待ちをしない自分は非文明人だと自ら証明してしまっています。

中国政府も自国民の『文明化』を進めたいみたいようで、マナー改善を促す宣伝を至る所で目にしますが、効果は薄いようです。地下鉄の路線網の拡大に伴って、人々のマナーも向上することを望みます。

Related posts(関連記事):

大理から白族の村・喜州へ 雲南省旅行19
大理二日目は大理古城から北に20Kmの郊外にある白族の村・喜州まで足を運んでみることに。 大理からは古城西門近くのバス停で洱源行きバスに乗ればアクセスできる(所要30分、運賃7元)。 国道214号線のバス停で洱源行きバスに乗車。ある程度の乗客が集まるまで15分程待ってから出発、運賃支払い時に、喜州で降りっぱぐれぬよう運転手と運賃回収係のオバサン両名に喜州で降りたい旨を告げておく。...
普陀寺
ホテルのチェックインを済ませ、26番バスの終点駅である『普陀寺』を拝観してくる事に。 別に私自身は仏教を信仰している訳ではないが、純粋に中国大陸の仏教寺院の雰囲気を一度味わってみたいとかねがね思っていたからである。 市街を抜け、途中からは道も舗装されていないような小道を土煙を上げながらガタガタと激しい振動と共に走り行くバス。市街からバスに揺られること約40分、何とも辺鄙な田舎風景の中に...
Wホテル広州(W Guangzhou) 宿泊記
もうかれこれ1年半以上も前に泊まっていたWホテル広州の写真が当時使っていた携帯電話のメモリから発掘された。残念ながらラウンジ飯情報が取れなかったのでW広州ネタはお蔵入りにしようと思っていたが、折角なんで覚えてる範囲で宿泊記を残しておこうと思い直してみようと思う。ラウンジ飯は食べれなかったけど、Wホテルだけあって特にハード面で中々印象深いホテルだったんでね。 (adsby...
中国旧正月③獅子舞
今日の夕方には日本へのフライトが控えているが、今朝は強烈な爆竹の炸裂音と人々の雄叫びによって早くから叩き起こされたので、出発までの時間はたっぷりある。帰国準備を整えた後、街歩きに出かけた。例年は民族大移動とも形容される中国人の旧正月帰省ラッシュの前に中国から避難していたが、今年は仕事の関係で逃げ遅れてしまったので、旧正月三が日を中国で過ごすのは初めてのことだ。 朝早いからか、外に出てみると商...

「“文明国家”中国・深セン民の地下鉄マナー」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。まさにおっしゃる通りです。。。如何せんなんともしがたいですね(T_T)。
    全てに時間が必要だと思います。
    最近では負けじと椅子取りゲームをしている自分が少々恥ずかしいです(#^.^#)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。