シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムでのクリーニング


夜の10:00過ぎにホテルの電話が鳴る。風呂に入っていたので中々出れなかったのだが、1分以上しつこくプルルと鳴り続ける。中国の安宿じゃないんだからマッサージの勧誘は勘弁だと思いつつ電話に出ると、『クリーニングが終わったので今から届ける』とのこと。『夜10:00だと客の快適な睡眠を妨げるかもしれない』と考えないのがベトナムクオリティー。夜分遅くに1分以上電話を鳴らし続けるのもベトナムクオリティー。その後すぐに配送してもらい、中身をチェック。。。すると…ワイシャツの当て方が下手なのか、出したワイシャツ3枚とも襟の部分に変な皺の癖がついている…指摘すると『OK!』と爽やかな返事が帰ってくる。続けて『No problem sign here please!』と。

うぅ…しっかりしてくれ…ワイシャツのクリーニングは初めてじゃないだろう…ベトナム人は往々にして手先が器用と客先から聞いていたが…やっぱりクリーニングはプロの日系クリーニング屋に出すべきなのかな。それより何でも『No problem』押し通そうとする彼らの適当な国民性にも唖然。明日以降、ワイシャツの変な皺を客先に指摘されないことを切に願う。

頑張ろうベトナム人よ!

Related posts (関連記事):

ホーチミンの中華街
きったなくて臭くて煩くて、それでいて何故か人を引き付ける魅力を醸し出す中華街。普段、青汁の『不味い!もう一杯!』的な魔力なのか、中国の喧噪は大嫌いな私も、中国国外滞在時には無性にチャイナタウンを歩きた...
旧市街中心地にひっそりと佇む伝統家屋・マーマイの家
ハノイの旧市街にある87マーマイの家は、19世紀ベトナムの伝統的な中華風木造家屋を修復保存している貴重な家である。住所は名称通り、マーマイ通り87番地。別にマーマイさんのお住まいというわけではなく、マ...
涼しい避暑地のアツい観光スポット・愛の盆地
ダラットはベトナム中南部のランドン省に位置する15万人程度の小規模高原都市。標高1500メートルという立地条件により年間を通して13℃から26℃という過ごし易い気候に恵まれ、ベトナムを代表する避暑地と...
ダラットでのナイトライフは…
人口20万程度の地方小都市・ダラット。人口684万人(2012年)を誇るハノイや同約768万人のホーチミンと比べると、夜の店じまいはどこも早い。早すぎる。ダラットはダラットで豊富な観光資源を有してはい...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする