Ayutthaya


アユタヤ観光情報

タイが誇る世界遺産都市・アユタヤ。

バンコクから北に約65kmのところにある誰もが知っている世界遺産都市・アユタヤ。1351年にウートン王によって建都されてから1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまでの417年間、アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた歴史ある都市である。チャオプラヤー川とその支流に囲まれた地形で水運に恵まれ、地方都市や外国からの貿易船舶の航路として繁栄、最盛期にはラオス、カンボジア、ミャンマーの一部を領有するほどまでの強大な勢力を誇った。道路と水路が美しく整然と張り巡らされたアユタヤは東洋のベニスとも称され、17世紀はじめにはヨーロッパと東アジアを結ぶ国際貿易都市として世界中の富が集まり栄華を極めた。アンコール、スコータイ、ビルマ、セイロン…当時、数々の東南アジア文化を吸収し、アンコールを彷彿させる寺院や、ミャンマーのパガンを思わせる仏塔、タイ特有の僧院まで…東南アジアの文化を融合した国際都市アユタヤ。しかし、1767年にはビルマ(現ミャンマー)の執拗な攻撃に屈し、アユタヤが陥落。栄華を極めたアユタヤ朝の繁栄ぶりを示したアユタヤ市内の建造物や石像はビルマ軍の手によって徹底的に破壊し尽くされた。殆どの寺院は廃寺となり、王宮も台座を残すのみとなってしまったのだ。

14世紀の東南アジア文化の集大成とも言えるアユタヤ。戦争で破壊され廃墟なりながらも、なぜだか胸を打つほどに美しい遺跡群。崩れ落ち苔むした仏塔の仏塔、大草原に悠然と横たわる涅槃像、顔の無い仏像、素晴らしい建築美を誇る歴代王の離宮…かつて栄華を極めた古都の壮大な歴史が眠る遺跡の街・アユタヤ。現代にその当時の姿を伝える荘厳な遺跡群は歴史公園として整備され、今日でも世界遺産として観光客を魅力しています。

主な見どころ

ワット・ロカヤスタ                                       ●日本人町跡                                               ワット・チャイ・モンコン

プラモンコンボヒット                                      プラ・シー・サンペット                          ワット・マハタート

天気・気候

Ayutthaya
一年を通して日差しが強く高温多湿の気候であるが、季節は11月~2月の乾期、3月~5月の暑期、6月~10月の雨期と大分することができる。ベストシーズンは11月~2月であろう。世界遺産祭りもこの乾季の間に開催される。

【現在の天気】

akusesu

バンコクから北に約80Kmに位置。
●Bus
・乗り場:バンコク・北バスターミナル
・所要:90分~120分。
・料金:2等56B
・時間:早朝04:30~19:30

●鉄道
・乗り場:バンコク・フアラムポーン駅
・所要:90分~120分。
・料金:1等66B、2等35B、3等15Bで、列車によって要追加料金
・時間:早朝04:20~23:40、一日30本以上。

【バンコク発着北線鉄道の時刻表】

ひだり みぎ

【アユタヤ観光スポット地図】

アユタヤ観光に関する記事集はこちら⇒http://worldtravelog.net/category/thailand/ayutthaya/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする