「 歴史 」一覧

国の歴史は浅いが展示内容は充実のシンガポール国立博物館

国の歴史は浅いが展示内容は充実のシンガポール国立博物館

日曜日は朝から歩いてシンガポール国立博物館へ。 宿泊先のインターコンチネンタルホテルから歩いて10分、特徴的なドーム型天井と白亜の建物が見えてきた。シンガポール国立博物館はシンガポールの父・ラッフルズ卿が夢見た「文学と歴史について学べる機関の設立」という意思を汲み、彼の没後1849年に図書...

チャンパの遺産が眠るチャム彫刻博物館

チャンパの遺産が眠るチャム彫刻博物館

時は2世紀末~15世紀後半頃、今日のベトナム中部ではチャム族を中心とした民族の国家、チャンパ王国が一時代を築いたという事実は深緑の山々に囲まれたミーソンの圏谷に残された聖地跡に見て取れる。ただ、あれだけの大規模な遺跡の割に、ミーソン遺跡には出土品が殆ど展示されていなかったことに軽い失望を受けた。なん...

450年前の日本人商人のお墓(谷弥次郎兵衛、蕃二郎)

450年前の日本人商人のお墓(谷弥次郎兵衛、蕃二郎)

時は15世紀末、世界の覇者ポルトガル・スペインによる新世界「発見」を皮切りに大航海時代の幕が開き、世界は急速にその距離を縮め、東西様々な文化の「出会い」の機会が創出された。このような時代背景の中、極東の島国・日本にも南蛮船が到来、鉄砲やキリスト教などの海外文化が伝えられた。こうした“外世界”との接触...

激動の時代の貴族の館 ラーンナー建築センター

激動の時代の貴族の館 ラーンナー建築センター

ワット・チェディ・ルアンの東隣り、ラチャダムヌーン通りに面してラーンナー建築センター(Lanna Architecture Center)がある。先日宿泊したシャングリラチャンの受付嬢に、「どうです?ラーンナースタイルのホテルも良いものでしょう。」なんて聞かれた際に気取って「ええ、良いもんですね。」...

チェンマイ市芸術文化センターで北タイの歴史文化を学ぶ

チェンマイ市芸術文化センターで北タイの歴史文化を学ぶ

チェンマイの旧市街を見て回る前に、市内のド真ん中にある芸術文化センターでチェンマイの町に対する理解を得ておくことにする。学生時代に一単位だけ興味本位でアジアパシフィックのクラスを受講してみたりもしたが、タイ北部の歴史など一分一秒たりとも取り上げられることすらなかったので、事前知識は皆無。逆に偏見や下...