インターコンチネンタル東京ベイ クラブフロア宿泊記


この日はインターコンチネンタル東京ベイのクラブフロアでマッタリホテルステイを楽しむことに。

宿泊費は一泊US$272.12⁺。Mr. Rebatesで費用の10%(US$27.21)が還元されるので支出の合計はUS$244.92⁺。素泊まりならUS$170台後半から様々なプランがあったが、ロイヤルアンバサダーでもない限りSPGのように最安値部屋ではラウンジアクセスが付かないのでクラブフロアに泊まるとお高くなってしまうのがIHG最大の難点。

レギュラーフロア(8-17階)・エグゼクティブフロア(18-19階)・クラブインターコンチネンタルフロア(20-24階)というフロアカテゴリーに加え、ビュータイプや部屋面積、チェックイン・チェックアウト時間によって事細かく値段が設定されている。勿論、チェックインが遅くなれば15時からのアフタヌーンティや16時からのバータイムを逃すことになる訳で…。プラン設定がキメ細か過ぎて迷いに迷ったが、今回は15:00チェックイン⇒16:00チェックアウトというフルサービスでホテルステイを堪能させて頂くことに。

ゆりかもめの竹芝駅に直結のインタコ東京ベイ。JR浜松町と品川駅から無料送迎バスも運行されているけれど、この日は天気が良かったので品川から心地よい海風を浴び青春を感じながら徒歩で向かうことに。

お台場や浅草方面とを繋ぐ水上バスの日の出桟橋も直ぐ近くなんで、船でのアプローチなんてのも乙。

24階建てのインタコ東京ベイはホテル名の通り東京湾に面しており、客室からの眺めの良さは都内でも屈指。外に出れば東京湾に面した遊歩道を歩いたり、ベンチでぼ~っと東京湾を眺めたりできるし、「ホテルの中はもちろん、外に出ても落ち着ける」という東京都心には珍しいマッタリ気分を存分に味わえるタイプのホテルである。


客室は海側のレインボーブリッジビューを始め、隅田川のリバービュー・東京タワービュー・スカイツリービューと、東京を代表する名所を望める4つのビュータイプから気分や好みに合わせて選択できる。ラウンジがレインボーブリッジ側に面しているので、ラウンジ付きなら隅田川側の部屋を選択すれば両方の景色を楽しめて良いかもしれん。

ひだり みぎ
海側から建物の反対側に回り込み、高級ホテルの趣きに溢れる正面エントランスからロビーへと足を踏み入れると、ホーウッドオイルなど計11種類の香りがブレンドされたオリジナルアロマの香りに包まれる。

ひだり みぎ
天井が低いからか小ぶりな印象のロビーだけど、高級感あるシックな内装と落とし気味の照明で女子ウケが良いのも頷ける雰囲気だ。匂いも良いし。リゾートホテルでの単独利用すら躊躇なくしてしまうボッチ好きな自分だが、特別な人と特別な機会に利用するような特別な雰囲気のホテルだけに、ボッチ利用だと流石に寂しさが込み上げてくる。

ひだり みぎ
江戸時代の京都の様子を描いた洛中洛外図屏風が展示されるなど、日本の雅やかさでゲストを歓迎する外国人相手の粋な演出も見て取れる。この日の利用客はほぼ日本人客だけだったが。

ひだり みぎ
さぁて。今回は奮発してクラブフロアを予約していたので、寂しさをぐっと押し殺してエレベーターでクラブラウンジのある20階へと単独で向かう。

ひだり みぎ
15:00過ぎということでアフタヌーンティの利用客とチェックイン客で混み合っていた為にスタッフの皆様も流石に手が回らなかったのだろうか、ドリンクはセルフサービスでどうぞーという放置プレーを受けつつチェックイン。

【クラブ インターコンチネンタルラウンジ】
営業時間:07:00〜21:00

朝食アフタヌーンティバータイムクラブディナー
07:00-11:0015:00-16:0016:00-17:3017:30-20:00
ペストリー・卵料理・サラダ・温野菜・ベーコン・ソーセージ・シリアル・フルーツ・ヨーグルトパティシエ特製スイーツオードブル・スナック前菜・サラダ・肉料理・魚料理・巻きずし・デザート
コーヒー・紅茶・ジュース類・ミルクコーヒー・紅茶・ハーブティ・ソフトドリンクビール(黒・ドラフト)・ワイン・スパークリングワイン・各種カクテル・コーヒー・紅茶・ソフトドリンク

クラブフロア以外の宿泊でも1室あたり1日10,000円(税・サービス料別、同室2名まで)を払うことでラウンジアクセスを買うという選択肢もある。

部屋

ラウンジでチェックインを済ませ、21階レインボーブリッジビューの客室へ。東京タワービュー部屋のお隣で、頑張れば東京タワーも拝めるというオイシイ部屋である。
ひだり みぎ

ロビーと同じくダークブラウンを基調としたシックで大人な装いの部屋。その一番の特徴は、ホテルの経営母体であるベストブライダルとシーリーが共同開発した「Black Lavel by Intercontinental Tokyo Bay」というベッドだろう。31cmもの厚みがありどっしりとした弾力を感じられるマットレスに、スレッドカウント300の滑らかシーツ、そして、業界初のポリジン加工(抗菌防臭加工)を施した羽毛布団…。ベッド横にはプラズマクラスターも用意されているし、インタコ東京ベイでは最高の熟睡が約束されている。


ひだり みぎ
ひだり みぎ
そしてこの窓からの展望ですわ。目の前にはレインボーブリッジと宝石のように輝く都心のビル群と東京タワー。そして、眼下には水上バスとクルーズ船シンフォニー号が停泊する日の出桟橋とゆりかもめの日の出桟橋駅があり、船や鉄道が行き交う美しい夜景を思う存分に満喫できる。部屋でこの景色を独り占めできるというのはこれ以上ない贅沢であろう。



シックなデザインの中に香るモダンゴージャス感。家具の一つ一つに高級感が漂っている。


ひだり みぎ
冷蔵庫もフルストックだし、ネスプレッソも完備。ただ、冷蔵庫のネスプレッソは罠で有料(一個400円)となる模様。キャビネットの方は無料らしいが…これは本当に分かりずらい。

ひだり みぎ
クローゼットの中には軽くて肌触りに優れるバスローブ・パジャマ・金庫・体重計・アイロン・スリッパ・ブラシに靴ベラ・懐中電灯・傘など、必要な物はたいてい揃っている。


アンバサダー会員用のウェルカムギフト(チョコレート)に予めカットされたウェルカムフルーツ。


続いて水周りを見ていくと…シャワーブースの他に大型のバスタブもあるが、バスタブ周り以外はタイル貼りがメインとなっているからか、ベッドルームのような高級感は無い。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
バスアメニティは他のインタコ同様にアメリカのフレグランスブランド・アグラリアのシリーズで、シャワーブースには別にミキモトのバスアメニティも置かれてる。

クラブ インターコンチネンタルラウンジ


ひだり みぎ
20階のベイ側にゲストルーム6室分のスペースに展開し、窓からは一面のベイビューが開けている。

どんなもんかとディナータイムに押しかけてみると、これはこれは大人気なようで、窓からは程遠いテーブルしか空いておらず、スタッフも食事の補充とテーブルの片づけに忙しなく動き回っていた。
ひだり みぎ
ポテトと茸のソテー・サーモンのソテー・ビーフピラフ・ローストポーク・四種の豆サラダ・茸サラダ等々。種類は少ないですが、クラブディナーというだけあって問題無く胃袋は満たせるレベル。参考までに、メニュー例の一覧があったので以下に記しておく。

【メニュー例】

スナック:オリーブ、チップス、クッキー
前菜:温製カナッペ類、冷製カナッペ類、野菜スティック、シーフードマリネ、チーズ類
スープ:ポタージュ、中華スープ
温製料理(日替り):ローストポーク、鶏のトマト煮唐揚げ、サーモンソテー、ビーフピラフなど
寿司:巻き寿司
デザート:おまかせフルーツ
ドリンク:
ドラフトビール、ブラックドラフト、スパークリングワイン、赤・白ワイン、ウイスキー、ジン、ウォッカ、カンパリ、ピーチツリー、ディタ、グレナデンシロップ、ウーロン茶、アイスティー、アイスコーヒー、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、レモン水、ジンジャーエール、コーラ、トニックウォーター、ソーダウォーター、ミネラルウォーター、コーヒー各種、紅茶各種

ひだり みぎ

ナイスタイミングで空いた窓際のカップル席にスポットインしてKYなことに一人で占拠。景色は良いんだが、このクラスのホテルならシャンパンを出して欲しいところ。

ひだり みぎ
朝食の方も特に称賛すべき内容ではなかったが、卵職人が作るオムレツの出来が絶妙過ぎた点だけは、どんな仕事でも与えられた職務を極める日本人の職人気質を感じれて感動した。

【メニュー例】
コーヒー、紅茶、ジュース類、牛乳、サラダ、温野菜、パン類、お粥、シリアル類、卵料理、ベーコン・ソーセージ・ハム、フルーツ、チーズ、ヨーグルト

ひだり みぎ
食後は16:00までまったりと部屋の中で過ごし、帰りはシャトルバスで浜松町まで。バス乗り場は分かりずらいが、JR浜松町駅南口改札のバスターミナル5番となっている。

海外なら高級ホテルやリゾートホテルでも恐れずにボッチ利用できるのだが、ちょっとインタコ東京ベイの単独利用はキツかったな…。ベッドの寝心地は抜群だし、一人でまったりするのにも最適なホテルなんだけど…。

【インターコンチネンタル東京ベイ】

住所:〒105-8576 東京都港区海岸1丁目16番2号
TEL:03-5404-2222
ホームページ:こちら

アシアナ航空A321-200 ビジネスクラス搭乗記 ソウル(仁川)ー成田 OZ104


ソウル仁川から成田への2時間20分の空の旅はアシアナの残念機材・A321で。もう一本後のOZ106だとA330だったみたいなんだけど、OZ106だと成田着が17:50と遅いので、ここは渋々A321で妥協することにした。


いくら数時間程度の短距離フライトとはいえ、ゲートで待つナローボディ機を見ると搭乗前からテンションがダダ下がる。かつてはこの路線にも期間限定でA380が飛んでたりしたんだけどなぁ…なんて巨艦A380に思いを馳せながらくっそ小さな機体へと搭乗する。

A321は通路が機体中央の1本のみという所謂ナローボディ機で、ビジネスクラスの座席配置は2×2の3列で12席。


日本人のオッサン的に幸いなのはCAが美人で且つ日本語に堪能な点と、日経・スポニチ・読売・朝日・毎日と新聞が豊富に取り寄せられていたことくらいか。

ひだり みぎ
おっ。A320系とはいえ若い機材だったので、パーソナルモニターが付いている。

ひだり みぎ
肘掛にはUSBポートもあるし、ある程度の距離を飛んでも飽きずに映画見たり携帯を弄ったりすることができるのもプラス。ナローボディ機のビジネスクラスだとUSBポートはおろか個人モニターすら付いてない場合も少なくないですから。


ただ、如何せん狭すぎる。シートピッチは39インチ、マレーシア航空のB737・キャセイやベトナム航空のA320なんかに比べても更に一回り窮屈なんじゃないか。ピッチが狭いだけあってリクライニング角度も甘々だし、これならLCCのビジネスクラスと大差無いレベルだろ。久しぶりにこんなに狭くて直角なビジネスクラス席に遭遇したわ。


ガッカリシートを観察していると、「今日は出発が遅れますが、成田まで宜しくお願いします~。先ずはウェルカムドリンクをどうぞ~」と日本人と間違うくらいに流暢な日本語を話す美人CAによりウェルカムドリンクが配られた。そして、C席利用客は私の他に韓国人御婆ちゃん1名だけなのでフルアテンションでお世話致しますと、まさかのベッタリサービス宣言。ここまでされるとシートの駄目さが気にならなくなってきますねw

ひだり みぎ
結局、ドアクロから30分ほど機内にて缶詰。トラックにゴンドラが付いたディアイサーによる徐氷・防氷作業を受けてから濃霧の中を離陸した。

離陸からは揺れも少なく順調に飛び続け、日本海(流石にモニターには東海と表記されている)の竹島に差し掛かったあたりでミールサービスが開始された。お待ちかねの機内食は2択。「茸を添えた野菜サラダ+プルコギ」「ハーブクリームチーズオムレツ+焼いたトマト・ベーコン・ジャガイモ」で後者を選択した。朝からプルコギは重いんで。
ひだり みぎ

ワンプレートでドーンと来たオムレツコンボ。ホテルでガッツリと朝食を食べてきたので軽そうなオムレツを選んだのだが、これはこれは中々のボリュームだしオムレツの中のアツアツクリームチーズが美味。予期せぬ胃拡張修行になったが何とか完食を果たす。


ワインリスト。シャンパン(Drappier Carte D’or)・白ワイン・ボルドーの赤ワイン等揃っていたが、この日は夜に飲む機会があったのでここでは自重。


ワインの代わりに食後のコーヒーを飲みながら窓の外を眺めていると、佐渡島が見えてきてテンションが上がる。日本海側からのアプローチは実に久しぶりだ。

ひだり みぎ
会津若松あたりかな。越後山脈の険しい山並みが続き、やーっと成田に近づいたーと思ったら管制官指示につき成田上空をグルグルとツアー。

ひだり みぎ
結局、定刻から1時間半程遅れてランディングだけどまだまだ時間的には余裕があるので問題ナッシング。たまには経由便で時間をかけて帰ってくるのも悪くないな。

ソウル仁川国際空港 アシアナ航空ビジネスクラスラウンジ


今回の一時帰国の際に往復共にお世話になった仁川のアシアナ空港ビジネスラウンジについての記録を残しておく。


空港価格で土産物を掴まされるのも癪だったが、市内で買う時間がなかった韓国グッズを調達してからラウンジへ。仁川の土産物屋のBBAはイデホみたいな顔して皆さん違和感なく流暢な日本語喋るからズルいわ。


ひだり みぎ
場所は旅客ターミナル42番ゲート近くのエスカレーターで上がった先。プライオリティパス・ダイナースといったカードだけでなく、アシアナ便利用者に限って有料30,000ウォンでも入室可能となっている。


随分前に仕事で来た時から拡張が進んだようで、受付カウンター左右にラウンジを持つ巨大なツインラウンジに変貌を遂げていた。

ラウンジに向かって左手側が新しく増設されたスペース。
ひだり みぎ
やったらと本棚が多く、ライブラリーの様な落ち着いた雰囲気となっている。

ひだり みぎ
一時期ほどの勢いはないとは言えアジアを代表する仁川のアシアナラウンジ、かなりの数の座席が用意されている。

ひだり みぎ
座席数に制限があるが、オットマン付きソファでリラックスできる半プライベートな空間もある。自分は椅子取り合戦を制してフライトまでの時間をここで過ごしたかたったのだが、隣の爺が強烈な鼾で寝始め撤退に追い込まれた。空港とかでもいつも思うのだが、病的な鼾をかく韓国人親父の割合が多いと思うのは気のせいだろうか。某国人のように家族ぐるみで騒ぎ立てる訳ではないのだが、鼾は鼾で隣にいて気持ち良く感じるものではない。

ひだり みぎ
シャワールームもあったので、帰路の乗り継ぎ時に利用してみた。


全力で滲み出る「誰かの家のシャワー感」。シャンプー・ボディソープ・ドライヤー・歯ブラシといった基本グッズの他、紙コップ・山盛りの綿棒・シャワーキャップ・市販品の整髪料や化粧水にシェービングフォームなんかも置いてある。誰の家ですかwww

続いてミールを見ていこう。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
カップラーメンにサンドイッチや菓子パン、シリアルなどの軽食が揃うが、メインはまさかのサラダ?。辛ラーメンがメインで他はおつまみみたいな構成になっててワロタ。


アシアナ航空本拠地のラウンジにしては寂しいラインナップだ。ライブキッチンのコーナーもあったけど、作ってたのは大したことないパンケーキだけだもんな。シェフと目が合っちゃったんでお一つ頂いたけど。

ひだり みぎ
ドリンクも平凡な内容だけど、ビール党としてはドリンクにCASSビールのサーバーがあるのが救いか。

続いて、こちらは受付に向かって右手のラウンジ。相変わらず中央には使われることのないグランドピアノが安置されていた。
ひだり みぎ
ミールの種類自体は同じ。こちらの方がやや広く大衆的かな。

所感

プライオリティパスのランキングで上位に名を連ねたこともある仁川のアシアナラウンジは確かに規模がでかくハード的には悪くなかった。しかし、如何せんお食事ラインナップが…。ガッツリした食事を摂るには物足りないので、別の場所で食事を済ませてから来た方が良さそうだ。

まとめ

場所: 28ゲート近くのエレベータを登った4階
オープン時間: 05:00~24:00
利用資格:
アシアナ航空およびスターアライアンス加盟会社のビジネスクラスの搭乗
アシアナ ダイヤモンド・ダイヤモンドプラス会員
スターアライアンス ゴールド会員
プライオリティパス・ダイナースカード保有者
30,000ウォンを支払うアシアナ運航便利用者