コートヤード バイ マリオット上海徐家匯 クラブフロア宿泊記


この日はマリオットのプロモもあったので、コートヤード上海徐家匯(上海徐家匯西蔵大厦万怡酒店)にお試しステイしてみることに。プロモは2ブランド目以降新たに1ブランドに宿泊するごとに2,000ポイント貰えるっていうQ2のグローバルプロモ。まぁ冷静に考えれば2,000ポイントってたかが666スターポイントでしかないんだけど…。

地下鉄の最寄り駅は1号線・9号線・11号線が乗り入れるターミナルステーション・徐家匯。

徐家匯は南京東路・南京西路・淮海路と並ぶ上海四大商圏で、駅付近にはデパートや百貨店が立ち並ぶ。上海は他にもコートヤード上海セントラル(旧コートヤード上海浦西)コートヤード上海浦東コートヤード上海インターナショナルツーリズムリゾートゾーンコートヤード上海嘉定コートヤード上海奉賢と5箇所のコートヤードが運営されているけれど、徐家匯のコートヤードが立地と価格のバランスが一番良く利用しやすいかな。


思わず立ち寄りたくなるナイスな食事処も多いんだけど、ここはホテルでの乞食活動の為にグッと我慢。巨大な徐家匯駅の20番出口を出てホテルに向かう。

ひだり みぎ
駅からの移動距離は500m程だろうか。なんか天辺に神々しく輝く立派な寺みたいな建築物を載せた風変わりなコートヤードが見えてきた。西蔵大廈(チベットビル)という有名な建物らしいが、チベット仏教の寺院には見えんわな…。チェックイン時に聞いたら、ゴールデンパレスとか言ってたけど、あくまで飾り付けということで、宗教的施設としては機能していないようだ。


ビルのてっぺんに太陽のように眩い輝きを放つ黄金寺という偉容を皆様にもご覧頂きたく、画像をホテル公式サイトから拝借した。どうです、これ。金ぴかの寺がガッツリ載っているというね。なんとも御利益のありそうなホテルなのである。

ひだり みぎ
そんな奇抜な外観とは裏腹にロビーは無難な造り。こじんまりとしていて362ある部屋のホテルにしては少し窮屈過ぎるかな。時期的なこともありツアー客が多いという事情もあるんだろうけど、朝も晩も家族連れの人民様でごった返してしまってたし。


列を割り込まれ気分悪くでチェックイン。すると、武骨な野武士みないな風貌の男性スタッフが「gift」と不愛想に言い放ってコーヒーカップを目の前に置いてきた。隣の非会員ツアー客にも渡してたんで、宿泊客全員に配布されるウェルカムドリンクなんだろう。しかし、これがコーヒーと見せかけてすっごい水っぽいお茶で不味いのなんの。嫌がらせにしか思えない味だった。

ひだり みぎ
チェックイン・チェックアウト時共に順番待ちの列の形成が仕切られておらず、割り込んでこようとする輩がいたのも印象が悪い。ハードはコートヤードにしては頑張っているだけに勿体ない。

部屋:プレミアルーム

ひだり みぎ

部屋は至って平凡。ルームカテゴリー的にはコーナーのプレミアルームということで、「大多数の部屋にはバスタブ無いんだけど、バスタブ付きのコーナールームにアップグレードしましたよ~」とのこと。日本人は湯船好きと相場が決まっているんだろうな。確かに自分も中長期出張の場合はMy“バブ”を持っていくんで湯船がないと困るんだけど。


コーナールームのもう一つの特徴として、ベッドボードの上が“お隣マンションビュー”の窓になっている。コーナールームだけあって二面の窓で採光良いなーと思いきやマンションから室内が丸見えになるので、どうせ室内にいる時はカーテン閉めっぱなしになるんでコーナールームの魅力半減。


ベッドの上にある窓からは隣のマンションしか見えないけど、ソファサイドからは徐家匯駅の西側を見下ろせる。今は更地で味気ない景色だけど、立地が立地だけに今後、ごっつい開発プロジェクトが進んでいくに違いない。


ひだり みぎ
うーん。ここらへんは中国のビジホクラスだな。備品の置き方とか仕事が色々と雑。流石に飲みかけの缶や開封されたティーバッグはなかったけど。

ひだり みぎ

決してラグジュアリー感はないけれど、水周りはかび臭くもなく至って清潔。立地も含めて考えると上海のホテルとしてはコスパは悪くないのかな。



プラチナ特典はウェルカムフルーツ・ラウンジアクセス・チェックイン日のプレシングサービス2pcs・飲食ランドリー代金20%オフといったくらいの一般的な内容。まぁ中級ブランドコートヤードなんでこんなところでしょうか…

エグゼクティブラウンジ

ひだり みぎ
エグゼクティブラウンジは23階。スタッフがやる気ないんで基本的には全部セルフサービス方式。構ってちゃんには物足りんかも。

営業時間:06:00-24:00
朝食:06:30-10:30(祝日・週末は11:00まで)
アフタヌーンティ:10:30-17:30
オードブル:17:30-19;30
カクテルアワー:17:30-21:30

ひだり みぎ
アフタヌーンティは朝食終了からオードブル開始まで楽しめるようになっているけど、内容はケーキ3種・クッキーにソフトドリンクくらいの簡素なもの。

ひだり みぎ

カクテルアワーはガッツリとした肉系ホットミールも用意されているが、総じて味付けが舌に合わん。まぁコートヤードですからね…過度の期待は禁物です。

朝食

ひだり みぎ
ひだり みぎ
一方、朝食会場で食べる朝食は期待以上。メリディアンのアイオープナーのようなスムージードリンクも用意されていたし、ペストリー類も平均以上に充実してた。ルアー組みは外で小籠包ツアーにでも駆り出されてるのか比較的人も少なく静かだったし。

ジム・プール



ひだり みぎ
プールは家族連れの人民様だらけで利用できず…。あぁ、あと参考までにジムの受付には「当ホテルは世界で800番目のコートヤードなんです~」なんてリアクションに困るアピールされたので、最後にコートヤードバイマリオット上海徐家匯は800番目のコートヤードホテルという情報もシェアしておこう。

いやー、それにしても最近の上海のマリオット・SPG系ホテルはコートヤードやフォーポイントあたりのミドルブランドも値付けが強気で、一泊税サ別で900元(≒1万5千円)を上回ってくることもしばしば。それでいてコートヤード徐家匯もカテ2とカテゴリー属性は低めなので、有償の修行よりもポイントを使って宿泊数を稼ぐ使い方にした方が良さそうだ。

【コートヤード バイ マリオット上海徐家匯】

ホームページ:Courtyard By Marriott Shanghai Xujiahui
住所:上海市浦東新区東方路838号
電話:+86 2138874500
チェックイン/アウト: 14:00/12:00
マリオットカテゴリー:2

IHG 2017年Q3(秋冬)のAccelerate Promotionと復活のOTAプロモ


秋のIHG Accelerate Promotionの内容が発表された。開催期間は9月1日から。現在開催中のAccelerate Promotionの開催が8月31日までなので、他チェーンと比べて隙間期間無くプロモを回してくれるのは利用者としては本当にありがたい。どうせのんびりと構えるマリオット・SPG連合の次回プロモは9月中旬とかからだろうし。

【プロモ内容】
プロモ期間:2017年9月1日~2017年12月31日(両期日含む)
最低ボーナスポイント:30,000ポイント
ポイント付与日:チェックアウト後2~3週間後。
登録:こちら
キャンペーン一般規約:こちら

ということで早速登録してみましたさ。マリオット・SPGが次のプロモを打ち出すまでの期間はIHGに泊まってやるさ~。

9月中に1滞在:5,000P
1滞在:2,000P
期間中累計5泊:6,000P
期間中累計8泊:3,000P
期間中累計11泊:3,000P
期間中累計14泊:3,000P
期間中累計17泊:3,000P
期間中累計20泊:15,000P
合計:40,000P
ううっ…激しい既視感に目眩が…。なんじゃこりゃ…。せっかくマリオットとSPGのプロモが始まるまでの間はIHGで行こうと意気込んだのに…

ここで現在開催中野プロモ内容を振り返ってみよう。

6月30日迄に1滞在:5,000P
1滞在:2,500P
期間中累計5泊:6,000P
期間中累計8泊:3,000P
期間中累計11泊:3,000P
期間中累計14泊:3,000P
期間中累計17泊:3,000P
期間中累計20泊:15,000P
合計:40,500P
前回と同じ手抜きパターンじゃねーか。前回はこの何の捻りも無い“ひたすらお泊りしてね系”オファーに嫌気が差して、止むを得ない場合を除いて宿泊機会をSPGに全振りした。


その結果、期間中のIHG宿泊数は僅か7泊。プロモ内容に不満⇒滞在数減少⇒お題目クリア率低下⇒次回プロモ内容もハズレという負のスパイラルに陥ってしまったっぽいな。

ihgq2progress2
追加で8月中にもう一泊で2,000Pというお題目が与えられたのと、あと一泊で累計8泊の3,000Pの条件を満たすので、期間中にどこかでもう1泊するつもりだが…。

ということで…
IHGは8月中にもう1泊、9月からは何故か復活したOTAプロモをやっつけるべく中華圏外でもう一泊する程度で良いかな。8月の1泊と9月の1泊を5,000P付きプランにすれば辛うじてスパイア更新は出来るだろうし。

OTAが復活したのは吉報だけど、20泊してお題目を全クリアする気には到底なれん。IHGでの宿泊を減らす分、12月までは引き続き宿泊機会をSPGに全振りして悲願のSPG100泊アワードを目指していくわ。ということで、さらばIHG!

厦門-上海 中国東方航空A320 ビジネスクラス搭乗記


厦門からの帰りはお馴染みの中国東方航空(MU)で。MUはJALとも提携しているのでJALマイルも加算できるけど、南方航空(CZ)での修行を行う身ということもあり今回のマイルはCZ付けで。


MUで飛んでCZにマイルを付ける場合の加算率一覧表。ビジネスクラス(J, C, D, I)でも1セクターしか貯まらないというのは不満。
参照:CZ公式サイト


アモイの空の玄関口は高崎国際空港。廈門航空(MF)のハブ空港としても機能しており、思ったよりデカい。元々は1941年に旧日本帝国陸軍が建造した飛行場跡を利用した空港らしいが、今や国内航空会社のみならず、非チャイナ系キャリアも10社以上が乗り入れする立派な国際空港である。ただ、wikiに拠ると、厦門翔安国際空港なる新エアポートが2020年の開業を予定していて、高崎空港は閉鎖されることになるらしい。親近感湧くんだけどね、高崎空港の方が。どこの群馬だよって。

稼働中のターミナルはT3とT4の2箇所。ターミナル4を利用する厦門航空・南方航空・河北航空・各社国際線以外のはターミナル3に押し込まれているので、今回はターミナル3へとタクシーで乗り付ける。ターミナル間は歩いて移動できる距離じゃないんで、利用ターミナルはお間違えなきよう。

ひだり みぎ
多数のマイナーな大陸系航空会社も利用するターミナル3。チェックインカウンターも各社共有のもので大変に混雑していたので、誰もいないプレミアチェックインカウンターを利用する。これがまた秀逸で、身分証チェックと荷物検査のレーンに直通しているので、パパッとタイムロス無く制限エリアへと入ることができる。JALだとイミグレの長蛇の列に並ばされるホーチミンも見習ってもらいたいものである。


制限エリアは他の中華都市にある空港と同じデザインを基調としながらも、ところどころに熱帯植物が置かれてて南国風の趣き。国内線専用ターミナルながら意外と飲食施設や服飾系店舗も充実してる。


ラウンジは搭乗階の中央に各航空会社共通のFirst Class Loungeが1箇所あるのみ。レッドカーペットを進み上階へと進む。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
改装されたばかりとのことで綺麗だし広い。その上、リーディングルーム風や茶室風などの席もあり、シーティングバリエーションも豊富。この日は遅延連発で大量の難民が待機してたけど、これだけ座席数があれば椅子取り合戦を強いられることもない。


仮眠室的な部屋もあるし。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ただ食事がね。しょうもない中華な餌ばかりが並んでて食欲も湧きやしない。


幸いにして自分のフライトはオンタイムでの出発とのことで、足止めをくらい殺気立つ難民を後目にラウンジを離れてゲートへと向かう。

ひだり みぎ
青い座席カバーに真っ赤なブランケットが映えるA320。アモイ-上海区間なんてショボショボリージョしか飛んでないから仕方ないんだけど。


何故かエアコンガンガンの冷凍庫状態の機内で待つこと20分程、最後の搭乗客が悪びれることなく搭乗するのを待ってドアクローズ。メリディアンを見下ろしながら高度を上げる。


厦門きっての観光スポットであるコロンス島上空で旋回。せっかくだからもっと観光らしいことをすれば良かったと今更ながらに後悔する。


機内食はショボいは担当CAは女性版サモハンキンポーみたいな恰幅の良く武術の腕に覚えがありそうなオバサン(しかも不愛想)だったし、今回の週末旅行は余り良いことなかったな。