Flight/ Hotel


マリオット珠海 クラブフロア宿泊記


さぁ今週もお待ちかねのウィークエンドがやってきた!現在地は広州。このまま鉄道で香港に直帰して週末飲茶三昧の贅肉修行を楽しむも良し、マカオでゆっくり一泊してからフェリーで香港に戻っても良し…。いや、そういや佛山のインターコンチネンタルも行ってみたいし、意表を突いて長沙まで行って毛沢東の生家に飛び込みで表敬訪問するのもアリかなぁ。…なんて際限なく妄想が膨らんでしまって手が付けられなくなる金曜日の終業後。

妄想癖に任せてあれやこれやと思いを巡らせた結果、やっぱり男ならマカオだよなーというしょうもない結論に辿り着いた。ということで、土曜日朝一でマカオ-中国のイミグレまで向かう鉄道に乗り込んだ訳なんだが…道中の中山市に差し掛かったあたりで心変わり。今回は馴染みの薄い珠海で「途中下車」してみることにした。どうです、この見事なまでの優柔不断、行き当たりばったりさw。ここ数年で週末の時間の使い方が随分とテキトーになってしまったw。


特に観光資源がある訳でもなく、マカオへの玄関口程度の印象しかない珠海。2-3年程前に立ち寄った際にはホリデイインくらいしか欧米系ホテルが無かったんだけど、どうやらあれからシェラトン・プルマン・マリオットが立て続けにオープン、外資系の開業ラッシュは当面続き、2018年にはセントレジスが、20年にはメリディアンもそれぞれオープンするんだと。需要的には底打ち感がありそうだから、出すとしたら大型ビジネスホテルよりも、やっぱりセントレジスとかプルマンとか、ラグジュアリーで客単価の高いホテルを中心とせざるを得んのかな。


今回の宿はSPGを最優先に考えシェラトンに泊まりたかったんだけど、地図を見るとシェラトンは珠海の奥の奥のそのまた更に奥という立地だったので却下。IHGのホリデイインはスタイルが古臭そう。アコーのプルマンは一泊2万5千円と高すぎる。ということで、今回は消去法で残ったマリオットホテルに泊まってみることに。
ひだり みぎ
珠海へは広州南駅から高速鉄道で1時間ちょっと。おお!広州から意外と近い!と思ってしまいそうだけど、広州市街地から広州南駅まで行くのに地下鉄で1時間くらいかかりますからね…。

また、日本の新幹線と違い飛び乗不可なので、わざわざ長蛇の列に並んで乗車券を買い求めんといけん。これがまた億劫で億劫で。広州市内からの移動だとバスに乗った方が結局は早く珠海に着くっぽい。

この日も朝7時前に広州市街地の天河を出たのに、広州南の出発は09:20。珠海到着は10:44で、結局まるまる4時間かかってるもんな。

ひだり みぎ
広珠高速鉄道の座席は一等と二等の二クラス制。一等でも90元と割安だったので、今回は一号車一等席の座席を選択した。新幹線普通席と同じく座席配置2-3の二等席に対し、一等は2-2と若干のゆとりがあり、手動のレッグレストも付いている。料金が高いぶん客層が限定されるからか、車内が比較的静かだったのには救われた。

アクセス

珠海駅は洪北のイミグレーションから歩いて3分程。ここからマリオットへはK10番のバスで移動する。運賃は2元。

25分ほど走り「九州城」というショッピングモールが集まるバス停で下車すると、ガラス張りの箱に中国格子が張り巡らされたマリオットが視界に入ってきた。マカオからも意外と近いんだな。タクシーだと15分程度の距離。

ひだり みぎ
ただでさえ目立つ造りの建物なのに、夜は建物全体を覆うド派手なライティングで更に存在感が増す。勘弁してくれよ、こんな毒々しい着色。中国格子が気味悪さを増長させちゃってるし。


九州港からも車で10分強。九州港⇔ホテル間は無料シャトルバスが運行してる。


ホテル前の珠海免税市場なる巨大商業施設にはカルフール・マクドナルド・KFC・スターバックス・味千ラーメン・モリカフェ・香港スイーツなんかが入っているので、食事には困らない。ただ、純粋に買い物目的で行くとなると失望してしまうかも。

館内

ひだり みぎ
2016年オープンの若~いホテルで、建物自体もマリオットのオープンに合わせて完成した出来立てほやほやの新築なんだと。ドアマンが一切の職務を放棄して突っ立ってるだけというのが気になるが、まぁこれは中国の新しいホテルということで大目にみよう。ホテルの運営自体はZhuHai New Dragon Hotel Co., Ltdという地場企業が請け負っていて、実質はマリオットの名前貸し運用みたいだし。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
マリオットの名に相応しい優雅さを誇る吹き抜けのロビーでは外国人バンドの生演奏なんかも行われていたりと、とても華やかな印象。しかもボーカルはアフリカ系の方で、めっちゃソウルフルな歌声を館内に響かせてるというね。殆ど誰も聞いていないのにノリノリで歌い続けてるのが痛々しかったけど、そんな状況でも100%のパフォーマンスを出し切る彼のプロフェッショナル精神は立派。いつの日か彼が日の目を見ることになることを願ってやまない。

ひだり みぎ
やっぱり新しいホテルでまだまだ広くは認知されていないんだろうな。新築の香り漂う廊下にも利用客の姿が殆どいない。どうやら稼働率は芳しくないようだ。

部屋:エグゼクティブキング シティビュー

エグゼクティブクラスという大そうなカテゴリー名だけど、部屋の造り自体は最安値のデラックスと全く同じで、ラウンジアクセスの有無のみがデラックスとの違いとなる。マリオットはSPGに比べてスイートアップに厳しいので、マリオットゴールド会員・プラチナ会員だとかなりの確率でこのルームカテゴリーにぶっこまれることになるだろう。
ひだり みぎ
部屋面積は41㎡、外観と同様に客室内にも中国格子が随所に使われるなど、モダンチャイナなな要素がたっぷり。陽当たりも良好だし、全ての家具類が新品というのも堪らない。ベッドのリネンも水周りもフローリングも何もかもがピッカピカですから。変なペンキの匂いとかじゃなく、ナチュラルな木の匂い。新築の香りに癒されます。

ひだり みぎ
ソファとモダンな造りのワークデスクは一番奥の窓際に配置されており、窓の外に広がる珠海の街並みを見ながらのんび~りできる。街路樹が多く緑化率も高いし、東莞や深センと違って静か。なかなか良い所じゃないですか、珠海は。

ひだり みぎ
部屋の手前にある水周りのスペースには深めのバスタブも設置されている。ベッドスペースと一続きになった設計だけど、重厚なスライドドアを引っ張り出せば、独立したバスルームへと早変わり。最近多いですよね、このスタイルを採用するホテル。

ひだり みぎ
バスアメニティはマリオットでよく見かけるタイのThann。ご丁寧に、シャワーキャップにまでThannの文字が入ってる。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
このクラスのホテルのエグゼクティブフロアにしては珍しく、傘やアイロンは用意されていないようだ。

ラウンジ

ここからは肝心のラウンジに関して。朝食・アフタヌーンティ・イブニングカクテルと、ホテル内でまったくり御寛ぎ派なホテラーには充実のサービス内容になっている。

ラウンジスタッフは素晴らしく気の利く方が揃っていて、ラウンジの居心地の良さは抜群。利用客が少なく静かですし、アットホームな雰囲気です。

ひだり みぎ
いつ来てもガラガラで独り占め状態のラウンジ。これ程までにガラリとしたホテルラウンジは大陸にしては珍しいけれど、そもそもホテルの宿泊客自体少ないのだから、ラウンジも閑散としてて当然だ。

先ずは手始めにアフタヌーンティから。チェックインの流れから居座って軽食を頂きます。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
アフタヌーンティと言っても優雅な三角トレイに魅惑のスイートが宝石のように散りばめられて…なんてことはなく、作り置きされたサンドイッチやケーキ等の軽食が中心。お茶やillyのコーヒーなんかはリクエストすれば直ぐにご用意頂ける。まぁ日中はキャンディやフルーツしか置かないホテルも多いので、軽食が置かれているだけでも十分な内容といえるだろう。

続いてお楽しみのイブニングカクテルへ。
ひだり みぎ
アルコールはベーシックなものは全て揃ってるけど、Willowglenのワインはイケてなかった。香りだけで安物と分かる雑魚には早いところ戦力外通告を出して欲しい。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ミールはウェスタン・チャイニーズを中心に充実。サラダバー・スープ・フルーツ・ケーキなんかも用意されていて、ここだけでディナーを完結できる内容になっている。

ひだり みぎ
味は特別に美味しいわけではないけれど、万人受けする無難なテイストの料理が揃っている。特に美味かったと言えるのは茶骨茶くらいかな。

プール

ひだり みぎ
プールは屋外のみで、今回は残念ながら寒かったので利用せず。

朝食

朝食は2階のCity Bistroで。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ここも中華・西洋料理共に十分な品揃えだし、ドリンクも生絞りジュースが用意されているなど、マリオットにしては及第点かな。確実に朝食会場で朝御飯を食べさせてもらえるマリオットプラチナは意外と重宝するな。SPGだとホテルによっては朝はショボいラウンジ飯だけということもありますんで。


トマトでけぇ~。朝からこれだけガッツリ食べさせてもらえて余は満足なり。

所感

空いてるし、新しいホテル好きには穴場かな。2017年度はカテゴリーダウンするので特典宿泊もし易くなるし。ただ、地図で見ると珠海市の中心と思えたんだけど、目の前のショッピングモールは店の数が多いだけでショボショボだったし、街歩きや夜遊びを楽しむにはゴンベイのホテルの方が便利ではあると思う。ホテル前の大通りから奥まったところに建てられ静かな環境にあるので、中国の中にいても夜くらいは喧騒から離れてゆっくりしたいビジネスマン・旅行者には良いでしょう。

珠海マリオットホテル/珠海新骏景万豪酒店/Zhuhai Marriott Hotel

住所:Building 9, No 177 Jingshan Road, Jida, Xiangzhou District Zhuhai
電話:+86-756-6318888
マリオットカテゴリー:3(2017年3月7日から2になり、10,000ポイントで泊まれるようになる)

キャセイドラゴンで行くインボラ狙いの週末台湾


かなーり前の話になるけれど、キャセイドラゴンで行く週末弾丸台湾旅行なんてのもやってたので、記録として残しておく。とにかくむしゃくちゃしてて、とにかくどこかに飛んでいきたかったんすよ。できれば安くて、近くて、金曜終業後に香港のファーストクラスラウンジを満喫した上で飛んでいける場所。それが台湾だった。

香港⇔台湾は話題のAviosが有効活用できる路線でもあるのだが、この日は有償最安値(往復込々1.7諭吉)でポチって行くことに。直前の空席状況的に、9割以上の確立でインボラ来るんじゃないかなぁと期待もしてみたり。

香港⇔台湾 必要Avios数(片道)
エコノミービジネス
4500 Avios + CNY 1879000 Avios + CNY 249
4000 Avios + CNY 2378100 Avios + CNY 329
3600 Avios + CNY 2677200 Avios + CNY 409
3300 Avios + CNY 3176500 Avios + CNY 469
2800 Avios + CNY 3575600 Avios + CNY 547
2500 Avios + CNY 4075000 Avios + CNY 637

Avios発券での出費はこんな感じ。JL国内線とか、他社単距離路線で非常に使い勝手の良いプログラムである。

移動日当日、金曜日終業後に空港へ行くと、「満席ですの~」からのインボラ発生。因みにキャセイのマルコポーロは1年の休学期間中なので、マイル登録はJALエメラルドで。他社会員にも優しいKA様、どうもありがとうございます。

ラウンジ

ひだり みぎ
出発前はイソップのバスアメニティ目当てにゲートから離れたピアラウンジまで遠征。


台湾到着まで胃袋が持ちこたえられず、シャワーを浴びてからビールと食事を頂くことに。

ひだり みぎ
安定のビーフバーガーにストロベリータルト。至福の時を迎え感無量。

往路便

食後はマッサージまでしてもらっちゃってからド満席のA330(A33R)に御搭乗。そういや絶対A320飛ばすマンなキャセイドラゴンでA333に乗るのは初めてだな。

それでもやっぱりC席はリージョ仕様なのね。2×2×2の7列で合計42席、この日は見事に満席御礼である。

ひだり みぎ
着席するなりウェルカムドリンクのRose Infinitiを頂き、佛山が生んだ稀代のカンフースター・イップマンの映画を鑑賞する。1時間25分の単距離フライトなので、機上で映画を一本見終えるには離陸まで待ってはいられません。

ひだり みぎ
動けるデブことサモハンキンポーの相変わらずのキレッキレな演技にビビりつつ離陸。こいつ、半世紀は最前線で活躍し続けてるんじゃないか?その精力的な活動はもちろん、凄い運動量なのに益々お肉を蓄えていくのが凄い。

サモハンキンポーの魂の演技で食事どころじゃなかったけど、離陸後すぐに機内食が配給される。
ひだり みぎ
90分弱の単距離フライトにしてはしっかりしたメニュー。

ディナーメニュー
StarterFresh Fruits
Main(二択)Wok fried chicken, cashew nuts, sweet vineger, chilli sauce, steamed rice
Grilled fillet of sole with caper cream sauce, new potatoes, broccoli and pumpkin
othersBread selection・illy coffee

メインはチキンかSoleの二択で、この日はヒラメのクリームソース和えを選択。チキンの方はハイアットリージェンシー尖沙咀の凱悦軒という中華レストランのセレクションメニューなんだと。自分の視界の届く範囲内では誰も選んでなかったけど。


機内食を食べ終え食後のコーヒーを楽しんでいると、直ぐに飛行機は着陸態勢に。食べて飲んでイップマンの映画見て、フライト前のラウンジも含めて素晴らしい金曜日だった。

復路便

帰路は空港に着いた時点でインボラを確信。チェックインカウンター込み過ぎなんだもん。

そして、読み通り発行されてきたC席券。毎度毎度ありがとうございます。


カラスミ、オカラチップスなどの土産物を買い込み、高雄のドラゴンラウンジへ。

ひだり みぎ

ラウンジ飯。オーダー制のホットミールもあったけど、ここでは自粛。機上で見るイップマン2のエピソードをネットで漁って時間を過ごす。

今回は身軽でオーバーヘッドコンパートメント争いをする必要もなかったので、最後の最後までラウンジで寛ぎファイナルコールで御搭乗。

直ぐに真っ赤な制服がお似合いの美白CAさんがウェルカムドリンクを持ってきてくれる。格安クラスでの予約からのアップということに罪悪感すら感じてしまう素晴らしく丁寧で心のこもった対応だった。

周りを見渡すと、ほぼ全席が小太りでスカした中華系オジサンで埋まってる。こりゃあ復路もCAさんは大変そうだ。

…ということで、離陸後そうそうに開始されるミールサービス。C席だけで40人はいるであろう乗客に1時間半で給仕を終えられるのか。

手際良くテーブルクロスが敷かれた後はフルーツとブレッドが先にサーブされ、メインはカートに乗せられ効率よく配布されていく。

実物が見れるこの配給方法はイイね。メニューと睨めっこするだけで中々決断できない優柔不断な者でも現物を見りゃ一発だし。


復路も白身魚。テタンジェと共に。


最前列から二列目に陣取った自分は陸豊手前で余裕の完食。後ろの方に座っちゃったら早食い競争状態で大変だと思うんで、インボラなのに前方席をあてがっていただき感謝感謝。

息抜きの弾丸旅行もたまには良いですね。週末台湾旅行は

ソフィテルマカオ@ポンテ16( Sofitel Macau at Ponte 16)クラブフロア宿泊記


この日は付き合いで弾丸マカオ旅行に駆り出されることに。日曜日午前中のフェリーでマカオに向かい、月曜日早朝06:15発のフェリーで香港に戻ってからのエクストリーム出社という強行日程でマカオ観光に挑む。

マカオへはターボジェット(噴射飛航)と呼ばれるフェリーで香港から55分。香港側のフェリー乗り場は香港国際空港に一箇所・市内に二箇所(九龍側の尖沙咀・香港島側の上環)の計三箇所あり、今回は最も便数が多く利便性が高い上環の澳門フェリーターミナルを利用することに。

香港⇔フェリー時刻表
香港⇒マカオ外港ハーバーマカオ外港ハーバー⇒香港
07:00 - 23:59 (15分間隔で運航)*07:00 - 23:59 (15分間隔で運航)*
00:30・01:00・01:30・02:30・04:15・06:0000:15・00:30・01:00・01:30・02:30・04:00・06:15

ただでさえ日中は15分間隔という超高頻度で運航しているのに、ピーク時は更に便数が追加され、なんと5分間隔での運航となる。ということで、特に事前予約は必要無く、思い立ったら直ぐにマカオ旅行を実行することができる。

香港⇔マカオ フェリー運賃
香港⇒マカオマカオ⇒香港
スーパークラスエコクラススーパークラスエコクラス
昼行便(平日))$326$164$315$153
昼行便(週末・祝日)$348$177$337$166
夜行便((平日・週末・祝日)$369$200$358$189

運賃は上記の通り。エコノミーとスーパークラスなる運賃クラスの二種類あり、週末だとエコノミークラスとスーパークラスの運賃差はHK$171(JPY≒2,200)。スーパークラスで2,200円分のサービス差が享受できるのか至って懐疑的ではあるのだが、本日は人柱になるべくスーパークラスのチケットを購入した。

船内サービスおよび施設 スーパークラス
温かいお食事やお飲み物、新聞、雑誌、下船時の優先サービス、VIP待合ラウンジなどを無料でご利用いただけます。

公式サイトからの引用。


あと、地味情報で意外と知られてないのだが、ターボジェット乗車券の購入でキャセイのアジアマイルを貯められる。エコ往復で80マイル、スーパークラス往復で150マイルだけだけど。あと、マカオ繋がりでいうとマカオタワーでのアドベンチャーなんかもマイル獲得の対象なんですわ。バンジージャンプ・スカイジャンプ・タワークライムで1,000マイル・スカイウォークで500マイルだったかな。詳細はこちらのアジアマイル公式ページに書かれてる。


話が逸れたが、チケットブース及び乗船場所はMTR上環駅直結の信徳中心三階。e道でサクッと出国して乗船する。


この船はEKのA380のように、1階がエコノミークラス・2階がスーパークラスという棲み分けになっている。


という訳で吾輩はアッパーデッキへ。乗客はすっごい重そうなスーツケースを両手に抱える者多数。どう見ても旅行社には見えないし、噂の転売ラーの方々なのだろうか。

ひだり みぎ
二階スーパークラスの座席。座席自体はエコ席と大差ないけれど、空いてて人口密度が低い分だけ快適度合いは高い。

ひだり みぎ
ささやかな軽食もエコとの差別の一つ。豆腐花・サラダ・水・パンがガッタガタのテーブルにサーブされる。どんだけ高く見積もってもHK$25程度の価値しかない給食以下の内容だけど。キャセイのエコ飯より酷いよコレ。愛情が一切こもってない。

飯なんかオマケ程度と分かったので、スーパークラスの一番のメリットは優先下船になるのかな。急ぎでもない場合はエコで十分だと思う。

アクセス

ソフィテルは対岸に珠海を望む旧市街地のリバーフロントにある。地図で見るとマカオの端にありなんだか不便そうに見えるけど、セナド広場・聖ポール天主堂など多くの観光スポットが徒歩圏内にあり、世界遺産巡りの滞在には悪くないチョイスかと。外港フェリーターミナル・珠海拱北ボーダーからだと無料のシャトルバスでホテルまで移動可能です。

昼間は観光にカジノ、夜はポルトガル料理にダンシングウォーターショーというマカオの鉄板コースを堪能し、22:00過ぎにチェックイン。
ひだり みぎ
エントランスに巨大ミラーボールなんかがデデーンとぶら下がってたりはするけれど、グランドリスボアやギャラクシーみたいにカジノ色全開の派手派手成金ホテルというわけでなく、クラシックでエレガントなヨーロピアンスタイルの外観となっている。


ホテルが入居するポンテ16はカジノを含む複合エンタメ施設なので、駐車場がやたらと巨大。二階の車寄せは石畳+パステルカラーでマカオ要素たっぷり。

ひだり みぎ
強烈なフレグランスが効いたロビーは南欧あたりのテーマパーク風。よく見るとチープな造りの箱に、出所不明のでっかい絵画や高級調度品が惜しげも無く沢山披露されている。


金色をベースに中華スタイルの装飾と、大理石やガラス細工を使ったヨーロッパの現代風デザインを調和させたスタイル。控えめな高級路線といった感じかな。


お約束のカジノは比較的地味でゲーセンチックではあるけれど、夜0時を過ぎてもそれなりに多くの人が楽しんでた。ただ、真っ向勝負のガチな方々はあまり見受けられず、地元の人がちょっと暇つぶしに寄るような日本のパチンコ感覚なんかな。大小やブラックジャックのミニマムベッドがHK$100と低めだし。観光客が少ないのでテーブルの雰囲気が独特だけど、低リスクでカジノデビューを飾りたいカジノ童貞の方には良いかもしれん。

ひだり みぎ
そんな欧州テーマパーク風のロビーフロアからエレベーターで客室フロアに上がると、一転してシックな設えに。

部屋:ラグジュアリールームクラブソフィテル リバービュー

ひだり みぎ
客室も深みのあるダークブラウンベースのインテリアを中心に纏まっていて、渋味を感じさてくれる。


良い意味でマカオらしからぬというか。バブリーなコタイのホテルとは全く違った落ち着いた趣である。

窓の外がギンギラギンなコタイと異なり、こちらは窓からの景色もリラクシング。

カーテンを開けると、すぐ目はもう珠海というね。ホテル近くの内港フェリーターミナルから渡し船で珠海への上陸することなんかも出来る。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
ああ、そうそう、今回はエラー料金だったのか、マカロンと白ワイン付きで一泊12,000円程度だったので、ウェルカムフルーツと合わせて色々と運ばれてきた。ここでは飲まずにお持ち帰りコースになったけど。たまーによく分からん宿泊料金がオファーされるのもアコーの良いところ。

ひだり みぎ

水周りにも高級感あり。入浴用テレビに電動ロールススクリーンを完備し、アメニティはロキシタン。12,000円にしてはなかなかどうして素晴らしいじゃないか。

ラウンジ

ソフィテルマカオクラブ特典
ラウンジでのチェックイン/チェックアウト・無料wifi・無料ローカル電話無制限・新聞・ラウンジアクセス・Le Chinois Restaurantで20%オフ・Rendez-Vous Loungeでカクテルが50%オフ(19:30-22:00)・ラウンジ会議室無料(1時間/日)・アラカルテスパメニュー20%オフ
ラウンジ営業時間:07:00-23:00
朝食:07:00-11:00
アフタヌーンティ:14:30-16:30
イブニングカクテル:17:30-19:30


クラブフロア特典の数々。残念ながら今回は滞在時間が短く、イブニングカクテルも朝食も利用する機会に恵まれなかった。

ひだり みぎ
ただ、せっかくのクラブフロア宿泊なのにラウンジを使えず終いとはもったいない!


ということで…ラウンジクローズ前に滑り込みでオレンジジュースだけ頂いてきちゃいました。

所感

世界遺産巡りをするも良し、旧市街を歩いてディープなマカオの魅力を探すも良し。セールを狙い打てば1万円ちょいとマカオの五つ星にしたらお手軽な値段設定だし、コスパの高さはマカオ半島側のホテルでも屈指だと思う。

ソフィテルマカオ アット ポンテ16

住所:Rua do Visconde Paco de Arcos, MACAU
電話:(+853)88610016