「 Thailand 」一覧

ウドンタニの本頭公媽とタイ-中国文化センター

ウドンタニの本頭公媽とタイ-中国文化センター

どうも町の図体が大きいだけで見所に欠けるウドの大木的なウドンタニ。だからと言ってホテルに引き籠るのも勿体ないので適当にバイクで流していたところ、鉄道駅近くの湖畔に何やら中華寺院のような建物を発見。 門に本頭公媽と書かれているところを見ると、本頭公という土地の神を祀った廟であろう。バンコクやチェ...

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)

カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)

ウドンタニでのお宿は鉄道駅近くのカビンブリ・グリーン・ホテル。北に行けば行くほどホテルの値段が安くなっていくようで、2015年開業とオープン間もない清潔なホテルなのに朝食付きで込々3,000円。日本人感覚的には非常にお値打ち感のあるホテルである。 バービア街・鉄道駅・UDタウンから徒歩圏内...

地味系世界遺産・バーンチエン遺跡(Ban Chiang Archaeological Site)

地味系世界遺産・バーンチエン遺跡(Ban Chiang Archaeological Site)

コンケンからの鉄道移動が遅延も無く予想に反してスムーズで、予定より早くイサーン随一の商都・ウドンタニの町に到着した。駅を出るなり商業都市としての活気が感じられる賑かな町であることに気付かされるものの、駅の観光マップに拠ると、どうも市内の観光資源には欠けるようである。 こうなったらもう勢いに身を...

タイ国鉄でコンケンからウドンタニへ

タイ国鉄でコンケンからウドンタニへ

本日は鉄道でコンケンからウドンタニへと北上、今回の旅行の最終目的地であるラオスのビエンチャンに向けて一歩前進だ。 ラオスとの国境にも近いウドンタニはイサーンでも有数の商業都市。60年代のべトナム戦争時に米軍基地が置かれたことで軍需景気を背景に発展したというパタヤのような歴史を持つ町である。市内...

余りお勧め出来ないコンケン国立博物館

余りお勧め出来ないコンケン国立博物館

いまいち観光資源に恵まれないコンケンにあって唯一と言って良い観光地がコンケン国立博物館。 1972年オープンという歴史ある博物館で、バーンチエンやスンヤン遺跡などで発掘された土器や仏像、イサーンに住む人々の民族衣装や民芸品などが展示されているようだ。 場所は市街地から2キロ程離れた町の北郊に...